スポンサーサイト



--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





SUUNTO t1cのバッテリ交換と冬のジテツウはLSDで。



2013年01月08日 23:20

今日はコンディション不良で足休めの日。体調を崩したのではなく、何となく気分が乗らない日があるのは致し方がない。まぁこんな日があってもいいのでは無いかと。




気付いたらバッテリマーク点灯中



いつもと違うと視線も違う。ふと見ればSUUNTOのブラックパネルにバッテリマークが。時刻が狂ってしまうことが最近多かったのだが、これが原因だったか。さっそくバッテリ交換実施、SUUNTOのいいところは自分でバッテリ交換が出来る事。背面パネルを外してCR2032を交換すればいいだけで、腕時計としては斬新過ぎるシステムが搭載されている。ちなみにバッテリ交換は200時間程度。心拍計としてハードワークさせる時に不安なバッテリの持ちも自分で交換出来るんなら問題は無い。

心拍計は非常に有用だ。今更だけど改めてそう思う。毎日トランスミッターを装着するのは確かに面倒だが、心拍数をモニターしながらジテツウすれば驚くほど疲労が少ない。目安は最大心拍数の65%-70%程度、これに合わせて走れば自ずと速度が決まる。無理し過ぎると仕事前に疲れてしまうので、私はSUUNTOのアラームに合わせて走るようにしている。


最大心拍数=220-年齢

=220-38=182bpm


182*0.65=118bpmから

182*0.7=127bpmくらい


だいたいこんなもん。こんな感じのなんちゃってLSDっぽいジテツウでだいたい巡航速度は20km/hくらい。はぁはぁぜぇぜぇいうような領域には決して立ち入らず、最大でも180-年齢(私の場合は142bpm)を越えないようにセーブしながら走るようにしている。マフェトン理論を参考に。





二年も使うと中にはカスがいっぱい付いてた




もう少し負荷をかけてもいいような気がするが…冬はLSDの季節って事で。無理はせず、ゆっくりのんびりと。じっと暖かくなるのを待つ事にしよう。


関連記事


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン









コメント

  1. moumou | URL | -

    Re:SUUNTO t1cのバッテリ交換と冬のジテツウはLSDで。

    相変わらずFC2を拾わないGoogleの影響で更新情報が途絶えます。困ったものですね。
    ところでSUNTOはANT+対応でしたっけ?
    スマホも全てANT+対応にして欲しいですよね。アダプターはうっとおしいです。

  2. みゆきん | URL | -

    Re:SUUNTO t1cのバッテリ交換と冬のジテツウはLSDで。

    そうです
    春になるのを、じっと我慢の子でいましょう(*^^*ゞ

  3. まるRR | URL | -

    >>moumouさん

    ご迷惑をおかけします。さらには年末からFC2のサーバーも調子が悪いようでして、接続にすら問題が発生するようになってきました。無料サービスなので何とも言えませんが、やはり困りものです。

    私のSUUNTOはATN+のトランスミッターでは無いのですが、グレードアップでチョイスが可能です。ATN+だったらiPhoneとの連動も考えるのですが、買い増しまではちょっと悩ましいですね。でもGarminなんかだとそのままアダプタで接続出来るようですよ。Bluetoothで接続出来るセンサーがあればいいんですけどね。

  4. まるRR | URL | -

    >>みゆきんさん

    コメントありがとうございます!

    じっと我慢をしているはずが、やっぱりちょっと今朝はがんばってしまいましたよ。今朝はちょっと暖かく感じました。そろそろ春を探せば何か出てきそうなんで、よく目を凝らして探してみようかと思います。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lifeisfreestyle2.blog79.fc2.com/tb.php/997-77cbaf4c
この記事へのトラックバック








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。