スポンサーサイト



--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





向かい風はパワー練



2012年12月26日 23:26

とは言え、向かい風が好きなサイクリストはいるんだろうか?坂道をこよなく愛する方々は数知れずだが、向かい風が好きな人を見た事が無い。




風が強いと富士山がキレイだ



強い北西の風こそが冬の江戸川の風物詩。心が折れるほどの向かい風、最初の冬はこの土手上を吹き荒れる爆風に恐れをなして冬の間はジテツウをお休みしたりした。この風の正体は日本海側の雪雲から吹く風が山を越えて関東平野にやってくる強く乾燥した空っ風。日本海側で雪が降ると江戸川は風がひどく吹き荒れる。

この向かい風とは冬の間はお付き合いしなければならない訳だが、なかなか仲良くなれないのが実情と言ったところ。とにかく身体が暖まらないので、モチベーションが上がらない。向かい風の本質は頑張れない事、心拍数が上がらないのが問題なのだ。追い込む前に寒さと辛さで心が折れる。それに坂道と違って負荷のかかり方が常に変化するし。

去年は寒さ対策を強化してとにかく耐えるだけの冬だったが、色々と対策が打てた今年はちと違う。負荷をかけてジンワリ汗ばむくらいになればあとはペダルに集中する事が出来る。向かい風は絶好のパワー練、アウターしばりで低ケイデンス。踏む力と引く力をゆっくりペダルを回す事で万遍なく脚に負荷をかける。これだけではただノンビリ走ってるだけなのだが、風が吹く度に負荷がかかる。合わせて軽くダンシングしながら風の抵抗が少なくなるフォームを見つけて矯正する。これも立派なトレーニング。たかだか13.5kmのジテツウだけれども、冬に走り続ける事で地脚を維持して春に備える。冬の間は必死にこれの反復を。ただあまり負荷をかけ過ぎると膝やら関節やらを壊しそうだがら、アップはきっちりやって身体を温めてからやる事にしよう。

寒さが克服出来れば、きっと向かい風だって言わばモチベーション。さて、今年の冬はどうなるのか、向かい風トレーニング、もう少し具体的にどうすればいいのか、それも含めてちと考察してみよう。



関連記事


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン









コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://lifeisfreestyle2.blog79.fc2.com/tb.php/985-9749cd1c
    この記事へのトラックバック








    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。