スポンサーサイト



--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





Vブレーキのインナー&アウターケーブル交換、そしてトーイン調整はこんな感じで。



2012年12月10日 21:24

先月の反省から、メンテナンスはしっかりしようって事でまずはブレーキから。と言っても点検とか検査とかってのはよく分からないのであくまでチェンジという事で。我々の業界では手っ取り早く交換しちゃう人たちをエンジニアじゃなくて、チェンジニアって言ったりして。ちょっと効きが甘いような気がして自己流で調整していたのだが、やはりうまく行かず。シューはまだ使えそうだから、とりあえず調整をきっちりする事を目的にワイヤー類を全部交換してしまおうと言う魂胆。



PC100058.jpg PC100059.jpg
使用したパーツや工具類はこちら



普通はこんな感じのセットものを想像した人が多いんじゃないだろうか?アウターケーブルも含めて一つ一つは意外と合わせると値が張るのでセットものの方が入手しやすいんだけど。


by カエレバ




私の場合、ケーブル類は近所の自転車屋さんでバラ売りのケーブルを手に入れる。消耗品なのでなるべくコスパ重視、しかもバラ売りとは言えシマノ製だし、モノがどこまで違うかは不明であるが、このワイヤーが切れた事は今まで一度も無い。エンドカップ付きで一本200円。どうですか?激安でしょ?案外この記事を読んでる皆さまのご近所にもバラ売りしてくれるショップがあるかも知れない。ブレーキだけじゃなくて、シフトケーブル、もちろんロード用も取り揃えてあるらしい。

アウターケーブルは先日価格調整のために発注しておいたモノで、評判のいいBeBikeさんのヤツ。ちょっと安っぽさはあるものの、ブラックならあまり目立たない。アウターカップ6個付きで2メートル、500円。


by カエレバ



ワイヤーカッターも専用品ではないが、自転車のワイヤーを切る事を唄っている品であり、アウターはいまいちだったけど、インナーを切るには十分な感じ。アウターも工夫すれば何とか断面をスパっと切る事も問題なし。


ケーブルカッターが届きました



で、さっそく作業開始。まずはVブレーキのロックを外してワイヤーを外す。ワイヤーに付属しているブーツ、インナーリード、パワーモジュレータ、アウターケーブルを取り除く。そしてシフター側のビス(2箇所)を外してブレーキレバー根本からタイコがついている方向よりインナーケーブルを除去する。


PC100061.jpg PC100063.jpg
思い切って全部取っ払ってしまおう



まずはアウターケーブルの長さを決める。基本的には元々付いてたケーブルの長さを参考にするのが確実。長さを決めたならば、いよいよケーブルの切断へ。不要なインナーケーブルをアウターケーブルに入れて切断すると形状が崩れずに切断出来る。えいって勢い良く切断するよりは、切断部位を甘噛みしてからザクっと行くのが良さそうだ。もう一つ、インナーケーブルはフレッシュなものの方が上手く行く。



PC100066.jpg PC100076.jpg
まぁキレイでは無いけど、十分でしょ。



アウターケーブルの準備が出来たら取り付け工程へ。写真のように手でブレーキをかけるようにぐっと固定しながら、ワイヤーを固定する。この状態だとブレーキは効いたままの状態となるが、レバーわ何度かぐっと引いてワイヤーの初期伸びを取るように馴染ませるとシューとリムの間に隙間が出来る。推奨は1mm程度、それでもシューが離れない場合はシフター側のアジャスタボルトで調整する。



PC100068.jpg
手でぐっと押さえこんでワイヤーも強めに張る



そして同時にシューの位置を調整しよう。シューの位置はリムと並行に、タイヤから1-2mm下の位置がジャストポジション。もう一つ、ブレーキ鳴きを抑えるためにトーイン調整もしてしまおうか。トーイン調整とはシューを正面から見てハの字型に固定する事。シューの後方に1mm程度のゲージを挟むと作業しやすい。スキマゲージなる工具も存在するが、1mmって精度だとそこまではいらないか。タイヤごとタイラップを巻いて調整するやり方が分かりやすいが、自分はA4用紙を折りたたんでゲージにしてみた。普通のコピー用紙なら6枚重ねで1.24mm、四つ折りくらいでちょうど良いか。



PC100070.jpg
簡易スキマゲージ?



シューの位置がきまったら最終調整、左右のシューのスキマを見てバランスが悪いようならアームに付いてるビスでセンターにブレーキアームが来るように微調整、レバーの引きと遊びはシフター側のアジャスタボルトで調整を。ワイヤーは使用してるとどうしても伸びてくるので、アジャスタボルトに余裕が出来るように、締めてからワイヤーを張った方がいいと思われる。



PC100071.jpg
センターを確認し微調整

PC100082.jpg PC100083.jpg
調整は1/4とか1/8とか、そういうレベルで



最後に余分なインナーケーブルをカットして、エンドカップを取り付けたら完成となる。ケーブルはいずれ調整が必要になった時にある程度の長さが無いと作業しにくいので長めに残す。だいたい5cm程度残す感じで。あまり長いと格好悪いだけでなく、無用なトラブルを引き起こす事もあるので、邪魔にならない長さとする。



PC100079.jpg
エンドカップを取り付けて終了となる



試走、やや前輪側の効きが弱いのと、遊びが多いのでアジャスタボルトで調整した。若干アウターケーブルが長いような気がする。アウターケーブルが長い?そもそもプレスポの純正ブレーキはショートアーム式のVブレーキだったのでアウターケーブルの長さは調整しなきゃいけないか。その当たりはまた乗りながら検証する事にしよう。



関連記事


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン









コメント

  1. nekki5149 | URL | -

    Re:Vブレーキのインナー&アウターケーブル交換、そしてトーイン調整はこんな感じで。

    以前はCBあさひでもインナーケーブルを200円くらいで売っていました。サイクルメイトは10%オフなので、期限が切れる前に買いだめしておきました。
    現在は、パッケージになったものしか置いていないようです。
    VブレーキもDEOREで格好いいですね。私は、純正のものにカートリッジシューを前後取り付けてDEOREのパッドを入れていますが、Ashimaのノーマルシューの方が、効きがよいようです。

  2. まるRR | URL | -

    >>nekki5149さん

    今でも某自転車チェーン店では言えばバラ売りしてくれますよ。店頭にあるのはパッケージモノだけですけど、聞いてみると出てくるようですね。

    DEORE BR-M590のVブレーキってカートリッジシュー付きであのお値段ですから、すっごいお得感がるんですよね。シューを交換しようと思ったのですが、もう一個買い増した方が特なんじゃないかって思えるくらい。性能を考えると交換シューはちょっと高く付いてもいいのかなと思います。swiss topとか高級品ですけど評判いいですしね。悩ましいところです。

  3. moumou | URL | -

    Re:Vブレーキのインナー&アウターケーブル交換、そしてトーイン調整はこんな感じで。

    こういうのも自分でやる楽しみがありますね。
    最近弄ってないなあ。

  4. まるRR | URL | -

    >>moumouさん

    こういうのも最近は必然にかられてが多いですよ。

    走る時間とメンテの時間、そして休息と…なかなか時間が取れませんねー。

  5. 通りすがりのM | URL | -

    Re:Vブレーキのインナー&アウターケーブル交換、そしてトーイン調整はこんな感じで。

    こんばんは。
    前輪の効きが弱いのは、多分トーインの角度が大きいからではないでしょうか。

    私もDEOREのVブレーキにトーインをつけたことがあるのですが、明らかに制動力が落ちてしまいすぐに戻した経験があります。それ以来、トーインをつけるのはやめています。

    DEOREはカートリッジシューで剛性が高く、ブレーキの際にたわみにくくなっています。
    だから、トーインをつけると、ブレーキパッドの後ろ側に隙間ができて接地面積が減り、制動力の低下につながると思います。

    非カートリッジタイプなら、トーインを大きくつけてもパッド自体がたわんでリムに密着するので、制動力に問題がない場合もあると思います。

    トーインをつけると、パッドの全面から徐々にリムに当たるためスピードコントロールがしやすくなります。105では1mmのトーインをつけるように説明書にあります(。先程105ブレーキを見たのですが、1mmのトーインがついていてもブレーキレバーを握りこむとパッドの全面がリムに当たります。トーインをつけてもしっかり効くのはこういうわけなんだと納得しました。パッドが厚くて若干変形しやすいんでしょうか。

    鳴きが発生していないならトーインをつけないか、鳴きが発生する場合はパッドの後部が浮かない程度のごく僅かなトーインにするのがよいのではないかというのが私の見解です。

    ブレーキの効きの低下には様々な原因があると思いますが、トーインについて経験したことをお話しました。

  6. まるRR | URL | -

    >>通りすがりのMさん

    鳴りも結構激しかったので、トーイン調整してみました。制動力はワイヤー変えたせいなのか、調整がうまくいったのか、すこぶる調子がいいですね。

    ただ、ご指摘の通り、調整の過程でどうしてもパッドを有効利用出来ない、リムにしっかり当たらない、と言う事も発生しました。理想としてはトーイン調整よりも精度高くシューを取り付ける事なんでしょうけど、なかなか難しいですね!

  7. 安いクロス乗り | URL | FR078t96

    今日インナー買って・・・

    はじめまして!
    200円は安いですね。今日インナー2本買って1000円位しました。先にこの記事を読んでいれば(*_*)

  8. まるRR | URL | -

    >>安いクロス乗りさん

    街の自転車屋さんだと大抵置いてあるみたいですよ。

    何か業務用のロールボックスに入ってました。

    お願いすると、売ってくれるところもあるかも知れません。

    ちなみにケーブルのエンドキャップは10個で5円でした(笑)。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lifeisfreestyle2.blog79.fc2.com/tb.php/972-fbb53482
この記事へのトラックバック








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。