スポンサーサイト



--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





FDを交換しようと試みたのだが…失敗(汗)



2012年12月02日 22:27

シアワセなメンテナンスをイメージしていたのだが、どうやら調整を間違えたようで本日は一度手を止めた。フロント・ディレーラの調整はやっぱり難しい?いやいや自己流じゃダメなんだと激しく反省。何をどう間違えたと言えば…問題はコレ。




プロセットアライメントブロック?



shimanoのフロント・ディレーラは買った当初に写真のプロセットアライメントブロックがチェーンガイドに挟まっている。そしてもう一つ、チェーンガイドにはプロセットゲージと言うシールが貼ってあり、それぞれがフロント・ディレーラの位置を決めるガイドとなっており、忠実にマニュアル通りに実行すれば問題なく取り付けられる…ハズだったのだが…ご丁寧にそれぞれを取り外してからメンテに挑むという失態を犯してしまう。なぜ?それはディレーラ本体の写真撮影と重量測定を実施したため…この気持ち、共感してくれる方は…イナイだろうな…


それぞれ、無くても何とかなるようだが、私のような素人だとあった方が良い。フロント・ディレーラの調整のキモはディレーラ本体の取り付け位置でそのほとんどが決まってしまうんだから。前に一度付いてるフロント・ディレーラを付け直した事はあるのだが、ちょっと甘かった。本日はタイムオーバーなので、もう一度明日の朝一番でリトライする事にした。備忘録的にもう一度フロント・ディレーラの交換・調整方法をおさらいしておく。


・ワイヤーは張らない、チェーンは取り外した方がやりやすい、アジャスタボルトは締めておく


・FDの取り付け位置はアウターギアの隙間を1-3mm程度開けた位置とする

※プロセットゲージに従って位置を決める


・FDチェーンガイドはアウターギアの真上、並行になるようにセットする、チェーンガイドにつっかえ棒的な何かを挟んでアウターよりの状態とする

※プロセットアライメントブロックは位置を決めて、ワイヤーを張った後に外す


・位置を決めたらボルトで固定、ワイヤーはシフターをアウター(3s)に入れてから張る、そんなに強くなくても良い、後でアジャスタボルトで調整出来る程度


・チェーンを付けてから、ロー側より調整、ギアはインナー・トップ、チェーンがガイド内側より0-5mm程度のスキマが空くようにインデックスボルトで調整


・トップ側の調整、ギアはアウター・ロー、チェーンガイド外側から0-5mmのスキマが空くようにインデックスボルトを調整


・ギアチェンジの確認、ワイヤーの張りを確認、初期設置時はそんなに強く張らなくても良い、アジャスタボルトで調整


こんな感じ?裏技は無いと某サイトには書いてあるが、やり方のイメージの中で抜けてる項目は多々あるかも。プロセットアライメントブロックはどうやっても再装着が難しく、アーレンキーでも挟んでやれば何とかなるかな…ちょうどいいサイズのアーレンキーは意外と無いんだよね。


慣れない事をやるとやっぱりダメだ。まぁ、失敗こそが自分を強くする糧になると信じてやまないのは自分の心情。明日朝にもう一度リトライしなきゃ自転車に乗れない日々が続いてしまう。


何かコツとか、ココ間違ってるぞ、とかありましたら、是非教えて下さいませ。




新しいFDはDEORE FD-M591のハイクランプ



関連記事


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン









コメント

  1. 通りすがりのM | URL | -

    Re:FDを交換しようと試みたのだが…失敗(汗)

    こんばんは
    11月の1500km達成おめでとうございます。

    プロセットアライメントブロックを外してしまったなら、手でアウターギアの位置までディレイラーを動かして位置確認するか、プロセットアライメントブロックの代わりに何かの棒を挟み込むのがいいのではないでしょうか。


    記事に書かれた手順には、ワイヤー固定後に初期伸びをとることと、ミドルギアの調整が手順に入っていません…
    (重箱の隅をつつくような感じですみません)

    SHIMANOの説明書が一番確実です。強いて言えばこれがコツでしょうか。
    SHIMANOの説明書の最後の”5.変速の調整と微調整”の方法は9つのチェック項目があります。
    ネットでFDの調整方法を調べても、この9つのチェック項目は省かれている場合が多いです。
    しかし、この微調整こそ、FD調整の要と感じました。


    FDの調整はRDよりもずっと難しくシビアだと感じます。
    今回は難しく感じても、2回目、3回目は慣れて簡単にできるようになりますよ。


    明日の朝、ある程度の調整ができたら、乗るときにSHIMANOの説明書を携帯しておくのもいいと思います。変速しにくかったり、レバーが重かったりという調整は、自転車から降りてドライバーで出来ますから。


    尚、9速用のFDを8速のチェーンで使用する場合、9速用のFDのケージの幅が8速のFDよりも若干狭いので、トップやローでの調整は少しシビアになるかもしれません。


    明日間に合うといいですね。

  2. まるRR | URL | -

    >>通りすがりのMさん

    ありがとうございます。

    何とか、基本に立ち返りもう一度マニュアルを読み直して、グーグル先生にお伺いを立て、何とかインストールする事が出来ましたよ。プロセットアライメントブロックの代わりにアーレンキーを差し込んで、えいっとガイドを手で抑えつつ、何とか調整する事が出来ました。分かってるつもりでしたが、やっぱりやってみないと分かりませんね。いい教訓でしたし、いい経験でしたよ。


    変速調整のコツって無いんですね。やっぱり基本に忠実なのが良さそうですね。

  3. 通りすがりのM | URL | -

    Re:FDを交換しようと試みたのだが…失敗(汗)

    インストール完了おめでとうございます。

    実は私は最初に参考にしたのがSHIMANOの説明書ではなくて、ネットでのディレイラーの調整の仕方だったんです。さらっと説明書を読んでもよく理解できなくて。

    ネットの方法でも調整がうまく行かなかったので、結局、説明書通りになってしまいましたが、調整がハマると同時に説明書の意味と素晴らしさを理解できたような気がしました。

    そんな経験もあり、説明書通りに行うのが良いのではとオススメいたしました。

    ところで、クロスバイクのFDにハイクランプ(ダウンスイング)とは珍しいですね。リンクが短い分、変速が速くて剛性があるのはトップスイングの方です。
    雨でも乗られるので、メンテナンスやクリーニングのしやすさを考えてのチョイスなんでしょうか。

    DEOREのFDのガイドプレートはきっちりしていて剛性が高いので、しゃきっとした変速が可能だと思います。
    気分も新たにプレスポを楽しんでくださいね!

  4. まるRR | URL | -

    >>通りすがりのMさん

    アドバイスありがとうございます。おかげ様で無事走れるようになりました。

    ハイクランプはやっぱりクロスバイクには似合わない感じもありますが、おっしゃると通りフロント回りの汚れがいつも酷くなるのでトップスィングはあえてチョイスしませんでした。本当はシートチューブ側がデッドスペースになるので、ボトルケージ増設などが出来なくなるんですが、もともとダボ穴は空いてないし、ボトルを付けるほどの長さも無いんで気にしてません。シフトの感じはどうでしょうか、今までに比べたらどれもマシになるんじゃないかと思いますが、これからシェイクダウンですので、ちょっと気になる感じはあるかも知れませんね。また走ってみたらインプレしてみます。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lifeisfreestyle2.blog79.fc2.com/tb.php/959-b751823f
この記事へのトラックバック








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。