スポンサーサイト



--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





久々に登場 カメたろうの話



2009年09月18日 01:29

kame20090825b_convert_20090825235430.jpg


 ひさびさにカメの現在をつづってみる事にした。ミドリガメ(ミシシッピアカミミガメ)のカメたろう。おそらく生後4~6ヶ月程度、体長(甲羅の大きさ)は3cmくらい。初夏の水元公園ポタで捕らえたカメ。こんな歳になって平日昼間っから自転車で近所の公園を徘徊しながら、自転車の写真撮って、カメ捕まえてる怪しいおっさん。冷静に考えると怪しい人間であると自覚してみた。でも待てよ?なぜミドリガメが水元公園にいるんだろう?真剣に考えてみた。
 ミドリガメの正式名称はミシシッピアカミミガメ。その名のとおり耳に赤い模様があるのが特徴だ。もともとはアメリカ・メキシコ付近にしかいなかったが、主に鑑賞用として世界各地に輸出され1950年代には日本にも輸入が開始されたと言う。小亀のころは体長3cm~5cm程度でその愛くるしいしぐさから今でもペットとして人気が高い(というか夏祭りの露店なんかで容易に手に入る)が、その寿命は20~30年、体長は最大30cmくらいまで成長する。その後は想像のとおりペットして飼いきれなくなった固体を捨ててしまうことから期亜種(在来種との交雑)が多く発生して生態系を壊してしまっている。日本古来から生息するカメはイシガメ、クサガメ、スッポン、リュウキュウヤマガメなどであるが、こういった在来種は放たれた外来種により固体数がかなり減っているようだ。ミドリガメは要注意外来生物に指定されている。ちなみに水元公園が外来種の宝庫ってのは生活していて何となくまわりの環境から推測できる。
 カメたろうも捨てられたのか、それとも親カメがいるんだろうか、それは今となっては分からないが、在来種のカメ達も外来種のカメ達も結局は人間の都合で振り回されている悲しい現実があるようだ。覚悟を持ってペットは飼わなければいけない。これはどんなペットにおいても間違いないよね。


日向ぼっこ_convert_20090918001523


まぁ今日の気温は30℃、湿度は低いが日差しは強く感じられた。なので日向ぼっこで甲羅干しをさせてみた。カメは変温動物なので自分で体温調節が出来ない。体温が上がれば水にもぐり、体温が下がれば陸に上がって調節をする。なので飼育環境には浅瀬と陸が必要だ。水温が低くなりすぎると活動量が低下するため冬場はヒーターも必要かも知れない(冬眠させればよいらしいが、またテクニックが必要らしい)。甲羅の直下は毛細血管が沢山走っているので甲羅干しは最も効率のよい体温上昇方法である。またカメはビタミンDの活性化が自分では出来ない。ビタミンDはカルシウムの吸収を助け骨代謝を促進させる重要な要素である。カメは光合成でビタミンDを活性化させる。さらには甲羅へ日光浴をさせることで寄生虫などの殺菌効果もあるようだ。なので室内で飼う場合は定期的な日光浴が必須となる(もしくは太陽光に近いライトを定期的にあてる)。あまり暑い日に外へ出しておくと体温が下がらなくなってしまうので、必ず水を張って陸を作ってやる事が重要だ(一度だけ目をちょっとだけ離したら、のびて動かなくなってしまった事もあった。あわてて冷房の部屋へ入れウチワで冷ましたら復活したが、、、、本当にゴメンナサイ)。甲羅干しをしてやると動きだしが異常に活発になったり、エサの食いつきがよくなる事は実感している。

カメたろう20090917_convert_20090918001439


今日のカメたろう。エサをよく食べるようになった。カメは本当に臆病な生き物で、環境が変わっただけでエサをまったく食べなくなる。水槽内の配置変えをしただけでもそうだ。ウチに連れてきた当初もまったくエサを食べなかったが、干しエビを顔の前でヒラヒラさせてみたらようやく食べてくれた(今では大好物)。その後配合飼料についても試してみたが、好みがあるのか高い方のエサ(テトラレプトミン)は見向きもせず、安い方(カメのえさ)は普通に食べてくれた。今では主食となっている。
 要注意外来種は駆除の対象になるらしい。確かに成長したミドリガメは写真や映像で見る限り、一般家庭で飼うにはサイズがでか過ぎると思う。子供の指くらいは平気で咬みちぎる力もあるようだ。成長したミドリガメを已む無く捨てる気もなんとなく分かる気もするが、ペットを飼う異常は責任と覚悟が必要であろう。今後のカメたろうの成長を見守るとともに、外来種の動向についても注視して行きたい。

関連記事


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン









コメント

  1. キャンプ道具マニア@五百蔵 | URL | -

    Re: 久々に登場 カメたろうの話

    はじめまして。
    亀もかわいいですね。
    つぶらな瞳がなんともいえないかわいさだ
    と思いました。
    私もこんな亀飼ってみたいな。
    また来ます

  2. まるRR | URL | ub97ylh6

    Re: 久々に登場 カメたろうの話

    ご訪問ありがとうございます。
    カメはいいですよ、癒されますね。
    あまり手もかからないのでオススメです。

    Hpお伺いしました。私もアウトドア大スキですね。
    ランタンを灯して眺めてるだけで楽しいです。
    非常に参考になりました。また伺わせてもらいます。

  3. ラッキーママ | URL | 4zO/VhLw

    Re: 久々に登場 カメたろうの話

    こんばんは♪

    亀太郎くん登場だね^^
    少し大きくなったみたい♪
    元気な姿見れて嬉しいです!
    うちの実家の亀さんはよく水から出て散歩してましたよ(笑)
    先月、違う飼い主さんの所へ貰われて行っちゃった。

  4. まるRR | URL | ub97ylh6

    Re: 久々に登場 カメたろうの話

    >>ラッキーママさん

    コメありがとうございます。
    ちょっとだけ大きくなった気がしますよ。甲羅が沿ってきました。
    散歩ってやっぱするんですかね?近所の子供達はよく連れてますね。
    確かに狭い水槽の中だけではかわいそうで。

    貰われたってなんかドナドナみたいですね。
    新しい飼い主さんのところでもかわいがってもらって下さい。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lifeisfreestyle2.blog79.fc2.com/tb.php/94-acbcc4c0
この記事へのトラックバック








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。