スポンサーサイト



--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





北九州は自転車の聖地だった



2012年11月09日 18:37

東京から800km、飛行機だと120分。単純に考えばAve=400km/h、距離や速度にいちいち反応してしまうのはいかがなものか。今日はお仕事の関係で北九州市へ、当然お仕事と言えどもあの人にご挨拶せねば。blogやtwitter、facebookでお付き合いさせてもらっているカレーパンマンさんと北九州自転車界の聖地であるベーカリーカフェ dipで待ち合わせする事にした。




何度も見たdipチャリが目の前に!



ちょっとドキドキしながら扉を開けると、すぐに分かったカレーパンマンさん(の世を忍ぶ仮の姿さん)。初対面にも関わらず、すぐに打ち解けられるのは不思議なところ。そんなカレーさんもTREK2.5その他を操り月間走行距離2000kmを誇る剛客サイクリスト、軽く朝ポタの途中だそうで、もちろんレーパン・ジャージにウィンブレ。よくよく見るとここはベーカリーカフェのハズなんだが、チューブも売ってるし、ドリンクやドロップハンドルまで。さすが北九州自転車の聖地!窓の外は何故か見慣れた素敵な庭園。




本体さんともご対面を果たした



意外なほど見渡す限りは山ばかり。我が街のような平地は少ないようだけど、風景に山が見えるのは何故か安心する。山々を見ながらカレーさんを始め北九州サイクリストの皆さまがペダルを回しているのを想像しながら、今度は自分も自転車を持ってこようと心に誓った。平尾台に皿倉山、門司港に関門海峡。行きたいところはいっぱい思いつくのだが、今回はお仕事と言う悲しい現実。今度は自転車を持ってくるので、よろしくお願いしますね。





dipのモーニングプレートとお土産の焼きカレーパン



楽しい時間はあっと言う間にすぐに過ぎる。先日入手した帝釈天のお守りなどなどのお土産を手渡し、別れと納得た。別れ際、dipの自転車を乗せてもらったが、長いホイールベースに四苦八苦。子鹿のようにプルプル震えて?ぜんぜん前に進まず(苦笑)。やっぱり自分はまだまだだな…と。


プルプルいってる様子を見たい方はこちらから。





走り去るカレーさん(世を忍ぶ仮の姿さん)をお見送り。



カレーさんは不思議な人、話をしただけなんだけどこちらもどんどん元気になるような。さすが正義の見方、カレーパンマンだな~と。

何はともあれ、お時間頂きありがとうございました。東京では私が今度はご案内しますね。




北九州の旅はまだまだ続く…


関連記事


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン









コメント

  1. カレーパンマン | URL | 89zBIK8s

    Re:北九州は自転車の聖地だった

    今日は楽しい時間、ホントにありがとうございました!
    次回はぜひ自転車でおいでくださいませ

  2. moumou | URL | -

    Re:北九州は自転車の聖地だった

    そこからもうちょっと南下すると私の住む鹿児島ですよー。
    いつかいらしてくださいねえ。

  3. まるRR | URL | -

    >>カレーパンマンさん

    北九州、十分堪能させて頂きました。びっくりしたのは街がすごく綺麗だった事。アーケードの中、繁華街なはずなのに、ゴミが落ちてない。朝歩くとお店の皆さまが掃き掃除をされてました。すれ違うと挨拶してくれますし。なんというか、気持ちが良くなるようなそんな想いがしましたよ。

    また、北九州に行きますよ。その時はぜひ自転車で。

  4. まるRR | URL | -

    >>moumouさん

    鹿児島にも行きたいですね。なかなかチャンスが回ってきませんね。

    あ、カレーさんにお土産を宅しましたんで、つまらないものですがお受け取り下さいね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lifeisfreestyle2.blog79.fc2.com/tb.php/938-474eb54c
この記事へのトラックバック








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。