スポンサーサイト



--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





チューブの修理にひと工夫



2012年09月22日 12:20

先日パンクしてしまったチューブでも修理するか…どうせ雨だし。




ややこしい所に孔が空いたもんだ



小石を踏んでピンホール。原因が明らかだし孔のサイズも小さいので修理対象と見る。チューブ自体はまだ二ヶ月しか使ってないし、走行距離は1500km程度。消耗品だからそのまま廃棄でもいいのだが、セコく予備チューブとして再生させる事にした。それにしてもこんなシームが沢山あるとこは修理がやりずらい。ヤスリがけ。



チューブ修理が嫌いな理由その1

タイヤパッチを貼るのは大のニガテ。特にゴムのりがどうしてもうまく使えない。いい加減にそれくらい出来ないと…と思いつつも何度やってもうまくいかないので、私はイージーパッチを愛用する事にしている。ちょっと割高感はあるものの、使用頻度の低いゴムのりは毎度買い足さないとダメなのを考えるとそんなにコスパは悪くない。


嫌いな理由その2

タイヤパッチのフィルムを剥がすのがどうしてもうまく出来ないのだ。どうしてもフィルムを剥がす際にパッチごと剥がれてしまう。毎回イラっとしながらやるよりもイージーパッチで解決でいいのではないかと自己完結。待てないのが一番の原因なのだが…まぁ待てないのでしょうがない。




ヤスリがけもこれ位で許して(笑)



本当はもっとフラットになるまでヤスリがけをした方がいいのだが、いかんせんシームが多すぎる。妥協をすればシームで段差が出来てパッチとの間に隙間が出来てしまう。あまりやり過ぎるとチューブが痛みそうだし、地道にヤスリがけもちょっとムリ。


嫌いな理由その3

これが一番の懸案事項はチューブよりもパッチが太い事が納得出来ない(苦笑)。これ結構重要で、貼る際に折りたたむような感じで貼ると折れ目がついて、そのスキマからエアリークが発生する事しばしば。18-23チューブだとサイズの違いが著明であり、ここでいつも難儀している。




チューブの幅に合わせてくれるといいのだが…



などなど色々と言い訳を並べてみたのだが、ちょっと工夫をしてチューブの修理が上手くできるアイデアが閃いた。下地を作るヤスリがけはしょうがないにしても、イージーパッチを加工すれば何とかなるかも??




イージーパッチを切ってみた(笑)



真っ二つに半分のサイズで。これだとパッチが貼りやすい。そしてセコいけどパッチのストックが二倍となる。耐久性の問題はありそうなので、自己責任で。まぁ非常用のチューブとしては全然使えるんでは無いだろうか?ピンホールみたいな小さい孔だとこれくらいのサイズで十分過ぎるし。実用出来るかどうかはこのチューブを使ってみてまた報告する事にしよう。




関連記事


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン









コメント

  1. nekki5149 | URL | mQop/nM.

    Re: チューブの修理にひと工夫

    私の経験からですが、23c向けのチューブは修理してもエア漏れがあり、新品に比べて頻繁に空気を入れ直さないと使えません。
    非常用のその場しのぎにしか使えませんよ。
    また、フィルムをはがすのが面倒ならば、そのままにしておいても大丈夫ですよ。

  2. まるRR | URL | -

    >>nekki5149さん

    フィルム剥がしは本当にニガテで、、、(苦笑)

    今使ってるのは18-23Cのチューブなんですが、やっぱり修理には不向きですよね。小さい孔ならなんとかならないかと思いつつ、結局は買い換えるのがオチなんですよね。ホント応急的チューブとしてとりあえず的なものにしておこうかと思います。

  3. カレーパンマン | URL | 89zBIK8s

    Re: チューブの修理にひと工夫

    ボクもまったく一緒(;_;)
    エア漏れのリスクを考えると修理するのが億劫になって
    家中に放置されたチューブが転がってます

  4. まるRR | URL | -

    >>カレーパンマンさん

    ウチの倉庫にも孔の空いたチューブが転がってます。いつか直そうかと思っているんですが…結局新しいチューブを買ってきて、そのままな状態です。

    エア漏れのリスクもそうですが、古チューブは嵌めるのにも上手くやらないとすぐに噛みこみますしね。やはり即交換がいいんでしょうね。

  5. K_Sim | URL | -

    Re: チューブの修理にひと工夫

    こんばんは。
    私は幸か不幸かまだパンクには遭遇していませんが、
    備えだけは常にサドルバッグに仕込んであります。
    どこかでパンク修理の練習もしてみたいですが、
    そんな事を考えている間は不思議とパンクしない
    ようです。チューブは交換が基本なんですね。

  6. まるRR | URL | -

    >>K_Simさん

    こんばんわ。
    パンクはしないほうが一番ですよね。でも避けては通れない道、出先ではチューブ交換をささっと出来るようになるとむしろ安心しますよ。慣れないうちはパンクonパンクみたいにメンテに失敗して予備チューブをダメにしてしまうなんて事もありました(苦笑)。スローパンクならインフレータで空気を押し押し帰宅する事も出来ます。まか一番はパンクしないことですけどね。難しいです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lifeisfreestyle2.blog79.fc2.com/tb.php/897-448ae5f5
この記事へのトラックバック








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。