スポンサーサイト



--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





灼熱の荒サイ榎本牧場往復ライド 前編



2012年08月03日 09:21

昨日の細かいライドの様子なんぞを。


全体的なライドのデータなんかは昨日の記事を参照の事。


思いたったら吉日的な自分の自転車生活。どこへ行くかは風まかせ。風向きは南南東、暑さは厳しそうなので街ではなくて自然と戯れよう。本当は山へ行きたいが、その山が無いのが関東平野の厳しいところ。とりあえず北へ、関宿往復も考えたのだがそれはいつでも行けるとして、今日は荒川を攻める事にした。予定通り9:00出発で千住新橋に9:30から荒川サイクリングロードへドロップイン。




岩淵水門は記念撮影だけで通過



晴れ渡るソラ高い雲。柔らかいそよ風が背中を押してペダルがクルクル回っていく。暑い事は暑いが湿度が低いので前から受ける風が気持ち良い。千住新橋から右岸に渡ってそのまま北上。岩淵水門で10:00ちょうど。まだ休憩には早いので記念撮影のみ、先客のサイクリストと挨拶を交わして出発。今日は汗対策でバンダナを頭に巻いてからヘルメット、これは非常に効果的でびっくりした。汗が顔に垂れるのを防ぐだけでなく汗がすぐに乾くので涼しげ。後々の休憩でバンダナを水に着けから巻くとさらに冷んやり。コレはオススメ。




朝露水門の日かげで休憩ちう



10:30、外環が見える朝露水門で一発目の休憩。ここまで25kmでまずまずのペース。気温がグングン上がってきたがそよ風のおかげで身体は楽、向かい風は嫌いだけど夏場は風が無いとキツイかな。ここで一本目のペットボトルを消費。

さて休憩中にどこまで行くか思案中。このまま彩湖を回って南に向かうか、秋ヶ瀬公園まで行くか。グーグルマップと睨めっこするが、どちらも距離的には物足りない感じ。出来れば100kmのロングライドを希望すると見えてきたのは榎本牧場。まさに荒川サイクリングロードの聖地であるし、そこまで行けば少しは涼しげかな。名物ジェラートも気になるし。距離的には一般道で25kmほどだから往復すればちょうど100kmライドの完成となる。


一番の問題は道である。どうやら榎本牧場は荒川左岸にあるらしいが、途中の入間川との分岐部分や周辺の道が複雑そうだ。鬼門である荒川サイクリングロードだけど、ここを克服しないと成長しない。




のどなか田園風景の中の荒川サイクリングロード



ここからは迷子属性が強い自分との戦い。朝露水門からそのまま右岸を北上すると途中の架線でサイクリングロード断絶。獣道のような草むらの間をプレスポ担いで何とか進むと水田が広がる農道をぐるっと大回りなルートを通るのだが、道に速度超過防止のボコボコが。なんとか羽根倉橋を通過すると今度は未舗装路が…路面が悪いとパンクも心配だが、とにかく手が痛い。これじゃアカンと治水橋で左岸に逃げたが結果的にはこれで正解。橋袂は少々分かりづらいが看板に従えば大丈夫。また田園風景を抜けしばらく進み上江橋途中で荒川と入間川の中州を進む。ここまで来るとあと少し。開平橋を渡り一般道をぐるっとまた荒川へ戻るように河川敷を進む。ここからは生活道路なのか自転車道なのか分からないような小道をぐちゃぐちゃと。一応看板は出ているので迷う事は無かったけど、こりゃ難易度が高いな。




なんとか到着。



ここで11:40とまずまずのペース、走行距離は54.6km。折り返せば100kmライド確定か。


ちょっと長くなってきたので続きはまた明日。一応分かり辛い関平橋から一般道、そして荒川サイクリングロードを通って榎本牧場までのルートを貼っておくのでご参考までに。




関平橋~榎本牧場へのルート


関連記事


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン









コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://lifeisfreestyle2.blog79.fc2.com/tb.php/849-57cb9c03
    この記事へのトラックバック








    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。