スポンサーサイト



--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





今朝は江戸川峠をダウンヒル!



2012年07月12日 19:22

今日も江戸川峠をヨロヨロと。朝さえ降ってなければ雨の予報は怖くない。




早く流れる雲を見ながら



誰が言い出したかは定かでは無いが、平地しか無いはずの江戸川・荒川にも峠が出現。特に江戸川は土手上にサイクリングロードがあるため、モロに風の影響を受け易い。季節によっては行きも帰りも向かい風、そうそういつも悩まされる関東独特の季節風。冬場の北西の風を一身に受けながらのライドはまるで劇坂にアタックしているようだし、気だるい夏場の南風は疲れきった身体から容赦なく体力を絞りとられる長い緩坂のようだ。風と坂は捉え方が違うと思うのだが、体感的には似ているような気がする。まさに向かい風こそが江戸川ヒルクライム。

そんな中でも春から夏の入り口は朝からびゅんびゅん海風が吹き荒れるので、追い風に乗ってダウンヒルが楽しめる。まさに今朝は午後から雨の予報もあいまって気持ちがいいほどの追い風を食らう。めったに無い江戸川サイクリングロードの追い風区間。CyclemeterはベストラップのAve=29.6km/hを叩きだす。もちろん追い風参考タイムだけど、まさに風になったようで気持ちが良い。


このブログのテーマとなりつつある「向かい風」対策。ただ単に坂と向かい風を比べる事は出来ないの重々承知。向かい風はベクトルが前、坂は後と負荷がまったく別物、いくら向かい風と戦い続けてもトレーニングにはならないような気がする。その証拠に心拍を見ていると、坂ではすーっと上がる心拍が向かい風では全然上がってこない。恐らくこれは向かい風だと「がんばれない」証拠であり、向かい風の中をヨロヨロ低速で走っていても辛いばかりで負荷はあまりかかってないんじゃないかと言う結論。坂だと勾配3%でもハァハァ・ゼイゼイだけれどもね。


そんな訳で、やまぬ南風をかき分けて、帰りは当然「江戸川ヒルクライム」、夏の気だるく湿度の中をヨロヨロと。Aveはやっぱりワーストラップに肉薄(汗)。ホームの江戸川サイクリングロードを攻略するにはこの風と仲良くならなければ。。。まぁ難しいね(苦笑)。

関連記事


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン









コメント

  1. makoto♪ | URL | -

    Re: 今朝は江戸川峠をダウンヒル!

    僕も向かい風はトレーニングにはならないと思います。
    どのような効果を求めて走るかによると思いますけどね。

    坂は個人的には苦手だけど登るのは好きですねぇ。
    向かい風は鬱陶しいのと達成感がないのが嫌ですね。

    今月もあまり自転車に乗れてません( ; ゚Д゚)

  2. まるRR | URL | -

    Re: 今朝は江戸川峠をダウンヒル!

    梅雨時ですし、天気予報は当たらないしで、なかなか計画が立てづらい日が続いてますよね。私は諦めて雨の日でも乗る事にしましたよ。案外雨ライドも楽しいもんです。

    向かい風ってやっかいなだけで何も得が無いんです。ただ追い風ならペダリング、向かい風ならパワー練など、コンディションでやり方を変えてる人もいるらしいです。確かに向かい風はパワーのみって感じですもんね。

  3. moumou | URL | -

    Re: 今朝は江戸川峠をダウンヒル!

    いやあー風には参りますよ。坂と変わらないです。江戸川ヒルクライムといいたくなるのもわかる気がします。

  4. まるRR | URL | -

    >>moumouさん

    多分、坂とは全然別物なんですけどね。向かい風だけはなんともし難い感じがあります。でもこうやって考え方を変えてみると違った見方が出来るのかなっと。そもそも向かい風の負荷がトレーニングになるとすれば、そう言った方法を誰かが編み出していそうですもんね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lifeisfreestyle2.blog79.fc2.com/tb.php/825-48b02eb8
この記事へのトラックバック








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。