スポンサーサイト



--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





取り急ぎ、、、CC-RD200復活



2012年05月15日 10:58

 結局スピードセンサーのケーブル断線であり、自分の配線ミスって事が最大の原因だったのが今回のトラブルの要因。詳しくはこちらから。
 修理と言うか、パーツ交換が可能で復活するのだが、新しいサイコンが欲しくなってしまった情けない私。まだ治るんだからやっぱり直して使う事も必要なんではないかと思いブラケットセンサーをポチっとしておいた。私も本業はエンジニアの端くれ、しかしながらパーツをチェンジするだけのエンジニアは本当のエンジニアではなく、"チェンジニア"という俗称で呼ばれていたりもする(汗)。要はマニュアル通りではなく"ひと工夫"が大事なのだ。




届いたブラケットセンサーと取説の図



基本は変わらず、配線の方法は以下を参照。

サイクロコンピュータの取り付け CC-RD200


 新しいサイコンは新しいサイコンで、やっぱりじっくり悩んでみる事にして、さっそく配線の不備をもう一度考えなおす事にした。ワイヤードのサイコンは精度が高いのが一番のメリットだが、反面配線の煩わしさってのを思い知らされたトラブルでもある。ステムに取り付けてあるCC-RD200な訳だが、取説上はハンドルバーでもステムでも可能なように書かれているものの、ステムからの配線はアウターケーブルを這わせるのがちょっと難儀だなと思っていたのだが、少ない頭で考えてみるとやっぱり本体から"あそび"をケーブルにつけて負荷をなるべくかけない方法で今回は配線してみる事にした。




ステムからの配線・完成図、可動部はアバウトに



 結果から話せば、アウターケーブルに巻きつける回数を減らして(1巻きのみ)、ステム下部にひと巻きさせる。あまり巻きすぎるとケイデンスセンサーの位置まで届かないので"ひと巻き"くらいがちょうど良い。ちなみにケイデンスセンサーはペダルビスのウラ側にネオジム磁石を貼り付けてあるので、長さ的な問題が生じるようならばタイラップ従来パーツを取り付ければ大丈夫。見た目の問題があるので私はペダルビスにネオジム磁石を貼り付ける。



配線がズレないようにステム下部にタイラップ



巻くだけだと配線の遊びが大きくなってしまうので、ポイント的にステム下部にタイラップを巻いておく。ケーブルを固定する訳ではなく、あくまでポイント的に。これで本体からの配線はハンドル可動部からは独立、ハンドル可動域に直接負荷がかかるのはアウターケーブルまでの配線となる。どちらにせよ可動部からの負荷によりこういった配線も永久的ではないと思うので、リスクの高い本体部分からの配線に考慮した形としてみた。




センサー部分の配線はこんな感じ



 センサー付近の配線ももう少し工夫すれば見た目も良くなりそうなのだが、実績的にはこれ以上は考えつかない。ちなみにマグネットは双方ともにネオジム磁石@ダイソー13mmを使用、子供の定規した無かったのでご勘弁シてほしいが、今回は約6mmでセンサーはびんびん反応する




そしてCC-RD200復活♪



取り急ぎ、現行サイコンの延命をしてみた。ただしこれはライド中の現状を把握するものであり、本来はもっと高機能なものが本当は欲しい(苦笑)。まぁ自分の脚がもっと成長してくればおのずと何が必要かと言う話になってくるのだが、今はもう少し悩まむ事にしてみよう。CC-RD200でスピード・ケイデンス、SUUNTO t1cで心拍数、iPhoneでGPSデータ、、、何気に走行データを得るための機材は持っているものの、これらを統括しなおかつログ管理が出来るもの、、、まぁやっぱりもう少しかな。。。。



by カエレバ



関連記事


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン









コメント

  1. moumou | URL | -

    Re: 取り急ぎ、、、CC-RD200復活

    おー、結局パーツの交換にしたんですね。
    まあ一番無駄が出なくてよろしいかと。

  2. まるRR | URL | -

    >>moumouさん

    とりあえず、何も無いのが不安なんで修理はしました。でもサイコン選びの旅をまた始めようかと思います。

  3. スターチャンネル | URL | -

    Re: 取り急ぎ、、、CC-RD200復活

    ステムからハンドルバーへと配線し、その先をブレーキワイヤに巻きつけるようにすると、無理な力が掛かることなく、なおかつ余分なたるみが生じないような気がするのですが。

    いまはステムから真下におろして、コラムに巻きつけていますよね。これってハンドルを切る時に引っ張られないようにたるませているんだと思いますが、それはそれでパタパタしちゃいそうな気がするのですが、どうなんでしょうか。

  4. まるRR | URL | -

    >>スターチャンネルさん

    なるほど。確かにその通り、まったくハンドルからの配線には気づきませんでした(苦笑)。

    苦肉の策と思いつつ、ハンドル経由のアウターケーブル巻きつけが王道ですね。また配線にチャレンジしてみます!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lifeisfreestyle2.blog79.fc2.com/tb.php/773-f1151b4b
この記事へのトラックバック

まとめtyaiました【取り急ぎ、、、CC-RD200復活】

 結局スピードセンサーのケーブル断線であり、自分の配線ミスって事が最大の原因だったのが今回のトラブルの要因。詳しくはこちらから。 修理と言うか、パーツ交換が可能で復活するのだが、新しいサイコンが欲しくなってしまった情けない私。まだ治るんだからやっぱり直...









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。