スポンサーサイト



--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





携帯ポンプ再考



2012年04月23日 18:57

悪夢のような深夜の江戸サイ・チューブ交換。パンクは宿命、要は備え意外に対策は無い。


携帯ポンプの使い方を考えてみた


 いったんは既存のポンプを延命させ、ポンプアダプターなるもので使い勝手を向上させようと試みたのだが、ついでに頼んだパーツの納期がなんと5月下旬!との事で面倒くさくなってキャンセル。ポンプアダプターについてはD.N.Fのmakoto♪さんからも微妙判定を受けていたので、結構あっさりキャンセルに踏み切る事が出来た。何が遅いって現行ポンプの壊してしまったブラケットなるパーツ。飾りではないのだが、携帯ポンプの大きさからしてフレームインした方が効率が良い。


 という訳で、もう一度"携帯ポンプ"を再考する機会を得られた訳だが、今のBBB BMP-14について不満がある訳ではない。用途から考えればきっちり圧をかけるってのはフロアポンプの役割だし、出先でやるならパワフルなポンプか、CO2ボンベがあればいいだろう。CO2ボンベも持ってはいるが、ボンベのコスパと保管方法が難儀であり、自分にとって必要性があるとは思えない。と言うか使いこなせていない(汗)。
 
 私の場合は今のところジテツウ時をベースに考えているので、そこまでのものは必要ない。要は"失敗しないで"パンク修理が出来ればいいのだ。この失敗しないための方法として前述のポンプアダプターを考慮した訳。一昨年になるだろうか、出先でチューブ交換してバルブを破損した苦い思い出もある(苦笑)。それにバルブへの固定に関しては支えとなるべき左手を占領される訳で、片手で高圧をかけるのが物理的に不可能なように感じる。両手でやったってBMP-14じゃ6気圧入れるのすら難しいと自分では思う。貧弱なせいでもあると思うが。


で、上記の2つの問題点を考慮した結果以下のパーツを発注した。






 結果的には既存ポンプの延命ではなく新規導入とし、やっぱりアダプター的なホースを組み合わせる事にした。このホース自体はすごく安い。バルブ側は米式なので変換アダプタが必要なのだが、経験上変換アダプタを使用してもバルブへの固定力がものすごく低下する訳ではない。むしろネジ式のため装着が容易になったりもする。
 そして新規ポンプである"airbone"だが、全長99mmと相当小さいのに評判は上々。プレスポの"そら色"に合せてブルーを選択してみた。そのサイズも魅力的なのだが、形状的に"床や壁などに押し当てて"使用する事が出来る、、、そうか!小さいフロアポンプみたいな使い方が出来るって訳だな。

 この組み合わせ、あさひのサイトからの引用なのでオリジナルではないのだが、それならそれで少しは期待が出来るものって訳で商品の到着をしばし待つ事にしよう。




薄紅色のハナミズキ



関連記事


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン









コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://lifeisfreestyle2.blog79.fc2.com/tb.php/752-fa1c57d0
    この記事へのトラックバック








    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。