スポンサーサイト



--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





フロントハブもグリスアップ



2012年02月11日 17:48

先日のリアハブ・グリスアップで味をしめたので、フロントもがんばってみようかとモチベーションアップ。


プレスポフロントハブ_02
ダストシールを外したフロントハブ



 特に走行には問題がなく感じていたのだが、ダストシールを外してみると驚愕のシチュエーション。ダストシール内に油がべっとり(汗)。グリスってリークしてくるものなのか?!と思いつつもそんなところに注油した覚えも無いのできっとハブから漏れてきたものだと確信してみる。さて、やはり開けてみないと分からんもんだな。

 フロントは14mmのハブレンチで玉押しを抑えつつ、モンキースパナでロックナットをくぃっと緩める。玉押しを手でくるくる回して反対側から軸をそーっと抜けば分解完了。明らかに少なくなったカップアンドコーンの中にボールが見えた。



プレスポフロントハブ_03
ボールはなんとか無事な模様



 リアとは使っているグリスが違うんだろうか?緑色っぽいグリスが残存しているが、やや粘度が薄い感じがする。フロントとリアではグリスの種類が違うんだろうか。私の場合はフィニッシュライン・テフロングリス一択なのだが、グリスの種類を変えるとまた走りも変わるんだろうか。などと考察にふけっている場合ではなく、ささっと作業を済ましてしまおう。まずはボールをサルベージ、リアと比べるとボールサイズが若干小さいのでキャッチが難しい。



プレスポフロントハブ_04
先曲がりのピンセットみたいなものがいいのではないか?



 商売道具なので参考にならないのだが、こんな感じの工具があればボールをサルベージしやすいと思われる。グリスでベタベタなボールは転がってしまう事は少なく、一球だけ軸内に落ちてしまったものもあったのだが、すビリ落ちる事は無かった。

 リアと違ってフロントのボールは片側10球。サイズは4.75ッm(3/16inch)らしいが、自分自身で測定はしていない。見た目に傷などは見られなかったが、本当はサイズを測って劣化を確認した方が良いらしい。



プレスポフロントハブ_05
ステンバッドにパーツを保管してパークリでウォッシュアウト



 車軸、ボール、玉押し、ロックナットを大事にパークリを吹いてからセームで磨く。ハブ側もカップアンドコーン内を中心にパークリを優しく吹いてから綺麗に磨く。傷は付いて無い模様だが、ハブそのものの外装の日焼けがひどい。このハブ・ホイールはいつまで使えるか分からない。特にリアは振れがだいぶひどくなってきているし。ホイールも消耗品なので、いつかはサヨナラする日が来るんだろうな。そしてハブのグリスアップはホイール交換のフラグだったりして(苦笑)。

 カップアンドコーン内にグリスをたっぷり塗りこんで、綺麗になったボールをそーっと戻して指でグリスを馴染ませてから車軸を入れて玉押しを手で締まるところまで入れてゆく。ここからが本番。ロックナットをある程度締め込みながら軸の回転を調整してゆく。調整ポイントは、、、


・玉押しを手で入るところまで入れる

・ロックナットをスパナで抑えながらガタが出ないところまで玉押しを締める

・車軸を回してゴリゴリ感が少なくなるところでロックナットを締め固定する


 自己流なのでこれで正しいかは分からない(苦笑)。緩ければガタが出てボールに傷が付くだけでなく、カップアンドコーンにまでダメージが及びハブ自体がダメになる可能性がある。硬ければ当然抵抗が増すのだが、壊れるよりはマシ。なので不安な場合は若干硬め(ゴリゴリが少し残るくらい)で固定しても良いかもしれない。市販のものはやや硬めで調整されている場合も多いらしい。


 とりあえずこれで前後ともにハブのグリスアップが完了した訳で、リアだけのグリスアップだけではまったく走りに違いがあるとは思えなかったのだが、ハブのグリスアップの効果が実感できる事であろう。まぁ元のパーツからしてそんなに違いはないだろうが、日常のメンテナンスとしては実はそんなに時間もかからないので定期点検項目に入れてもいいのではないか?と密かに思ってみたりもする。さて、明日は少し長い距離を走ってみようかな。



関連記事


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン









コメント

  1. nekki5149 | URL | mQop/nM.

    Re: フロントハブもグリスアップ

    またまた参考になりました。
    フロントの方が、リアよりもパーツが少ないので簡単と整備の本には書かれていますが、玉押しの調整の感覚が分からないので躊躇してしまいます。
    ロードのホイールは高額で分解するのが怖いので、プレスポのホイールは練習台にはもってこいだと思っています。

  2. moumou | URL | -

    Re: フロントハブもグリスアップ

    やってますねえ。最後の締め込みの程度がまた難しそうですね。ある程度感覚的なものみたいですね。

  3. まるRR | URL | -

    >>nekki5149さん

    プレスポのホイールなら案外簡単にチャレンジできますね!

    リアはやはりフリーがあるので作業しづらいと思います。ただフトントの方が若干調整がシビアなように感じました。どちらにしても一回やってみると理解が深まると思いますよ。

  4. まるRR | URL | -

    >>moumouさん

    最後の締め込み具合はほとんど直感に頼らないとできないようです。これで完璧っていうのは無いようで、少しづつやっていって、自分の調整を見つけてゆくしかないようですよ。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lifeisfreestyle2.blog79.fc2.com/tb.php/690-cf441111
この記事へのトラックバック








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。