スポンサーサイト



--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





街中徘徊用チャリ(ミニベロ編)



2009年08月25日 23:54

じてんしゃマーク_convert_20090820215102

色んな「自転車マーク」があるって最近気づいた。結構こういったマークってblogのシンボルにつかってる方多いような気がする。確かに前傾姿勢でひたすらストイックに攻めているときなんか、地面くらいしか見る余裕ないし。お気に入りのサイクリングロードなんかのペイントなのかなって、勝手に想像したりする。今回はそんな余裕のない時ではなく、先日たまたまポタリング中(というか平日昼間の街中を徘徊)に見つけた「じてんしゃマーク」。子供向けひらがな表記でなんか味が出ていたので思わず写メで撮ってみた。街中徘徊時は16inchミニベロを愛用している私。折りたたみでもなく無名なメーカーの代物だが、なんとも言えないフォルムだったのでららぽーと内のセオサイクルで思わず衝動買い。一応外装6段グリップシフトなので少々の遠出も可。ただ本当に少々、一度通勤に使ってみたけど激しく疲れた。やっぱりミニベロはちょい乗り程度にとどめておこうと思う。

このミニベロというジャンルの自転車、ここ数年で地位を確立したと言っても過言ではないほど、急増している自転車だと思われる。そもそもミニベロ(MINIVERO)とは小さい(MINI)自転車(VERO:French)の意味であり、小径車(しょうけいしゃ)全般を指す用語である。主流はホイールサイズが16~20inchであるが、最近では12inch以下のものも存在し、最小では5inchなんてものも販売されているらしい。さらには小径車とはいえロードレーサーのようなジオメトリーを持つものや100万円を超える高級車も販売されている。もちろん上を見るとキリが無いのはどの自転車も同じである。
ただ、このミニベロというジャンルが拡大したのはやっぱり「折りたたみ自転車」の普及なのではないかと思います。なんとなくコンパクト感があって、庭の片隅に置いておきたくなるような小さい自転車って絵になるじゃないかな。車に常時積んでおくとか。会社に置いておくとか。色々な用途が期待できるジャンルだね。まぁ私の場合は結局、街中徘徊用となって玄関先に置いてありますがね。乗り心地は案外銃身が低くて安定感はあり。ただタイヤが小さいので小回りが効きすぎて慣れるまでは少々ツライかも。でも慣れてしまえば小道をスイスイ進んで行く。ちょっと画像は粗いが私のミニベロはこんな感じ。

minivero_convert_20090826005119.jpg

2004年ごろ、ららぽーとセオで購入したもの。メーカー記すような「sogo」のステッカーあり。トップチューブと荷台のようなところに一目惚れ。本格的なサイクリングはちょっと、、、、って思って方もミニベロなら価格も安めだし、これからの季節ポタリングには最高な自転車だと思いますよ。


関連記事


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン









コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://lifeisfreestyle2.blog79.fc2.com/tb.php/68-0d4b88ef
    この記事へのトラックバック








    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。