スポンサーサイト



--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





は~るよこい♪ は~やくこい♪



2012年01月11日 21:48

とは言うものの、夕方には雪混じりの冷たい雨。明日の朝はキンキンに冷え込みそうな予感。


IMG_0878.jpg
WIND STOPPERのタグが輝かしい



モンベル インシュレーテッド サイクルグローブをジテツウに導入して2日目の朝。さすがWIND STOPPERと言ったところで暖かさは大満足。掌側は保温材が仕込まれているので、しっかりグローブの中でデッドエアーを包み込み、表地のWIND STOPPERで透湿性は維持しつつも暖かい空気は逃がさない。走り出しに若干指先の冷えを感じたものの、身体が温まってくれば手指はポカポカ。もしかしたら気温高めな日は暑すぎるんじゃないかと思うくらい。そして親指にはコットン地の汗拭きならぬ手鼻拭き(笑)。細部に渡ってよく出来たグローブなんじゃないかなと関心してしまった。ただし風の計算はフラットバーを意識しているのかな?ちょうどバーエンドをつかむと表地じゃない部分に風が当たる。設計者の苦労が垣間見える瞬間でもあったのだが。

 操作性に関してもグローブをつけたままでカギの操作やライト類は問題なく操作できる。ただしスマホの画面はやっぱりグローブを外さないとダメ。なので改造計画として「導電糸」を発注してみた。なかなか身近な手芸屋さんにも取り扱いが無いらしくネットで注文。意外と安めで手に入りそうだ。





 これを指先にちゃちゃっと縫い付けてグローブ装着したままでもスマホ操作が出来るようにしようって訳。せっかくのグローブに穴を開ける訳だが、途中に写真を撮ったり、アプリを動かしたりと、何気に操作できないと辛いのでせっかくなので改造をしてみる事にした。


 こんな努力も冬ならではの楽しみなんではないかと思いつつ、寒さ厳しい江戸川の土手には今年はすでに菜の花がチラホラ。去年も咲き始めは1月だったんだけど、今年に限っては秋口からずーっと咲いている。不思議な事もあるもんだと思いつつ、早く春になって身に着けてる防寒具から解き放たれたい衝動にかられたりもしてみた。


IMG_0879.jpg IMG_0880.jpg
江戸川にはもうすでに菜の花がチラホラ



まだまだ寒さは厳しそうだ。皆さま、そろそろインフルも流行りだしているので、お身体だけはお大事に。

関連記事


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン









コメント

  1. kanta | URL | -

    何時も、ためになります。
    しかし、こんなに気温が低いのに、菜の花って…自然は凄いな!

  2. くろすけ@準備中 | URL | VWFaYlLU

    Re: は~るよこい♪ は~やくこい♪

    毎日氷点下の中を走っていると不思議なもので寒さを辛いと感じなくなるものです(※注 寒さは痛いほど感じますw)

    北関東はまだまだ春の気配を感じることが出来ませんが、早く暖かくなってくれたらいいと思います。今年は花粉の量も少ないみたいですし◎

  3. まるRR | URL | -

    >>kantaさん

    なんかヘンですよね。菜の花が一年じゅう咲いているのはやはり不思議なもんです。そう言えば毎年綿毛の日ってのが春先にあるはずなんですが、昨年はそれが無かったし。いやいやヘンな詮索はせずにしておこうかと思います。

  4. まるRR | URL | -

    >>くろすけ@準備中さん

    そうですよね。くろすけさんはもっと寒いところでジテツウしてるんだった。

    最近思う事は江戸川も北関東なんではないか??という疑問。やはりあの土手の上は寒さがハンパないです。くっきり見える上毛三山とか、那須岳とか、繋がってるんだな~と思いますよ。春になって暖かくなったら南風に乗ってそちらへ遊びに行こうかと思います。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lifeisfreestyle2.blog79.fc2.com/tb.php/666-94ba59ed
この記事へのトラックバック








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。