スポンサーサイト



--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





足元の冷え対策 完結編



2012年01月08日 13:27

さて足元の冷え対策もいよいよ佳境。通気性抜群なSPDシューズにこれほどまで苦しめられるとは思わなんだ(苦笑)



綺麗な青空は強烈な向かい風の証



足元対策…今年の冬はこれに尽きる。私の住む街は雪が降る訳でも峠を越える訳でもない。ただ平地を走るだけで、厳寒期は氷点下となる事はあろうとも厳しい冬とは言い難いのは事実。最大の敵は"空っ風"であり、時に10メートル/秒の北風に立ち向かう位のもの。速度も出なければ身体も温まらない。体幹はそれでもいいのだが末梢の冷えだけはどうにも耐え難く、何か工夫は無いだろうかと日々考察してみたりもしている。

去年はヒートテックソックスにノーマルゴアシューズで乗り切れた。

当初はつま先の防風対策メインに考えてワークマンでクロロプレーン(ネオプレーン)のトゥキャップをシューズに被せたりしてみたが、固定の問題と面接が小さい事からまったく効果は無かった。直接ソックスに被せてみたら、さらに汗が発散しない結果となり逆効果でもあった。



案外見た目はいい感じだったんだけどね



そして性懲りもなく、ワークマンで防寒ソックスと言うポリエチレンフィルムでカバーリンクされたオーバーソックスを着用してみたが、これはこれで伸縮性がまったく無く足先を圧迫する結果となり、むしろ痺れを促進し冷え対策にはまったくならなかった。ワークマンのオーバーシューズで自作シューズカバーを作ろうかと思ったが、ここで方向性を整理して考察してみた結果以下のような事柄が見えてきた。


・シューズ自体が冷えている事

・汗を発散させるより風を防いで保温する事

・適度な血流の確保、シューズ内はスローに


などなど。で、やっぱり専用品だろうと思いシューズカバーを仕入れでみた。チョイスしたのはBBBの前面が防風、後方~足首が保温素材となっているレースプルーフというカバー。適応気温は10~0℃でさすがにフルカバーなだけあってシアワセな気持ちになれた。足を直接防寒するのではなく、シューズそのものをカバーリングする事でデッドエアーを確保し、温かい空気を逃がさない事が大前提なのだ、と実感した。ただし、強烈な向かい風や特に氷点下な朝などはやっぱり冷えを感じる事があり、完璧さを求める意味でもう少し考えてみた。



遠回りしたけどやっぱりシューズカバー



シューズカバーで防風対策は出来ているハズ。ただしペダリングのような連続運動でカバーそのものも冷えてしまえば、やはりこれまで通りの結果となるのは見えている。せっかく作った温かい空気の層(デッドエアー)が冷えてまえば元の木阿弥。なのでシューズ内でさらに加温してみたらどうか?と思い、ダイソーで防寒インソールをゲットして装着してみた所これがヒット!温かさが大分違う。所詮は100円ショップモノなので、本格的なインソールだともう少しシアワセになれるかも…もう一つ、インソールを入れた事でシューズ内はかなりビジーとなり、通常通りベルクロを留めると血流の維持が難しい。気持ち緩めの方が防寒対策になり得るのでは無いかと思われる。

しかしながら強烈な北風に向かう時はまだまだ冷える。最終手段はカイロだろうか。ただシューズ内はすでにイッパイいっぱい…って事で未知数ながらこんなものを試してみた。



ぬるホッカイロ?!



遠赤成分が温かさの秘密らしい。その他はヒアルロン酸なんかも入っているので、温かいハンドクリームみたいなものか。私には感じられなかったのだが、塗った瞬間から温かさを感じられるらしい。これをつま先中心に塗りたくってソックスでカバー。確かにホンノリ温かさを感じる。最初は良い感じだったのだが…持続力に乏しく効果はあまり感じられず。量の問題か?手指にも塗ってみたが、あまり温かさを感じられない。到着してしばらくすると塗った場所がジンワリ熱い。これは期待外れかな(個人差が大分あるように感じる)。

で、今度はくつ下用ホッカイロをついに導入。北風吹き荒れる深夜の江戸川ナイトランでもポカポカ。本当は足裏と足の甲を挟むようなタイプが良いかと思っていたが、足裏だけでも充分た。これでようやく長い旅に終止符を打つ事が出来そうだ。ただしくつ下用ホッカイロは5足入りで359円。日々のジテツウで2セットづつ使用してゆくにはコスパがちょっと悪いかな。これは決戦用の方法としよう。繰り返し使えるくつ下用のカイロがあればいいのにね。


取り敢えず足元対策のまとめ

・シューズそのものが冷えるので、まずはカバーで内部の温かい空気(デッドエアー)を確保する。

・合わせて氷点下、もしくは暴風(向かい風)時はシューズ内の加温を考える。発熱系ソックス(10℃)⇒防寒インソール(5℃)⇒ホッカイロ(0℃)

・適度な血流確保、ペダリングに支障が出ない程度に緩めに締める。案外血流確保は重要で、冷えを感じたら足指をモゾモゾしてみると冷えは柔ぐ。

・雨や雪、峠などの過酷な状態は未体験なので、参考程度に。


以上
関連記事


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン









コメント

  1. kanta | URL | -

    毎日のジテツウならではの対策方法ために成りました!
    ヘタレな私は日が出ている間を選んで走ります^^;

  2. スターチャンネル | URL | -

    Re: 足元の冷え対策 完結編

    足があんまり冷えない人っていますよね。
    でも私はダメで、すぐに冷た~くなってしまいます。

    現状は半分タイプのシューズカバーを使っています。
    確かに冷えるんですが、自転車に乗っている間はまぁ大丈夫。むしろ止まって自転車から降りたときのほうがカキーンと固まってしまいます。

    フルカバーのものも持っているのですが、いちいち付けるのを面倒がっていて、まだ一度も使ったことがありません。
    でも、この記事を読んでいたらシアワセが来るとのことなので、今度試してみようと思います。

  3. moumou | URL | -

    Re: 足元の冷え対策 完結編

    こないだドラッグストアで見ていたら足を裏と表挟むように靴下に貼るホカロンがありました。皆考えることは同じのようですね。

  4. まるRR | URL | -

    >>kantaさん

    陽が出ている間はいいんですよね~。ジテツウだと朝晩ですから日差しがほとんど無い(苦笑)

    逆に陽が出ている間に走りに行けない自分の方がヘタれかも知れません(笑)

    どちらにしても早く暖かくなって欲しいもんですよね!

  5. まるRR | URL | -

    >>スターチャンネルさん

    個人差がだいぶあるようですね。私はダメっぽいです。ただ身体作りがしっかりしていれば理論的には末梢の血流は増えてゆくはずですんで、慣れるってのはあるかも知れませんね。

    フルカバー、、、やはり装着は面倒です。ただコツさえ掴めばそんなに苦にはならないかも。まぁフルカバーでも強風時はやっぱりダメですよけどね。ハーフタイプは私も使った事ないので着脱の問題があればそれも良いかも知れませんね。

  6. まるRR | URL | -

    >>moumouさん

    それを探しているんですが、なかなか売ってないんですよね。印象としては足裏タイプでもカバーリングさえしていれば加温は十分なんじゃないかなとも思います。日常的には厳しいですが、決戦用にホッカイロはありかと思いますよ。

  7. 酔猫庵 | URL | RqWBMyRA

    Re: 足元の冷え対策 完結編

    ワタクシも江戸川の土手の上を走りますが寒いですよね。

    特に夜明け前の一番冷え切ったときはどうやっても寒くなります。

    ホッカイロは確かに温かいのですがコストは気になりますよね。

    電気で温まるやつを本当に買おうか悩みます。

  8. まるRR | URL | -

    >>酔猫庵さん

    おお!?ヒーター付きシューズカバー導入ですか?!高級品ですが、ぜひインプレ期待してますよ。

    私も同感で夜明け前が一番寒いですよね~。むしろナイトランの方が汗だくです。路面温度の関係がありそうですね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lifeisfreestyle2.blog79.fc2.com/tb.php/661-635efadf
この記事へのトラックバック








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。