スポンサーサイト



--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





星空のサイクリングロード 2011秋



2011年10月27日 10:20

深夜0時、新月の江戸川サイクリングロード。そして不気味なほどに無音、無風。


10.27星空
10.28 深夜0時の江戸川サイクリングロードが見える星たち


 ジテツウ復路で見える景色はこんな星空。朝晩は寒さを感じる季節になったと思ったら、深夜の星空はすっかり冬の星座たち。深夜だからこそ東の空には冬の星座の代名詞であるオリオン座が輝く。オリオン座の赤い星はベテルギウス。すでに超新星爆発を起こしているかもしれないこの星は、いづれ昼間でも明るく見えるほどの輝きを放つらしい。それでも地球からは640光年離れているので、それが見れるのは明日かもしれないし、640年先かも知れないらしい。まぁ生きている間にもしかしたら2つ目の太陽が見れるかも知れないね。



10.27星空星座線
星座線を書いてみるとこんなにたくさんの星座が見える


 もう少し星に想いを馳せてみる。東京の空からも良く見えるのはほとんどが1等星。空を見上げて一番輝く白い星はおおいぬ座のシリウス、そしてオリオン座は大きい星座なのでよく見える。オリオンの脚元にある白い星がリゲル。ここまでは分かりやすいが、そしてオリオン座のすぐ東側に光る星がこいぬ座のプロキオンで、この3つを線で結ぶと「冬の大三角」の出来上がり。



今年の冬はダイヤモンドを見つけてみよう!



冬のダイヤモンド
冬の大六角形。最近では「冬のダイヤモンド」と呼ばれている


 オリオン座のベテルギウスを中心にして、シリウスから時計回りにプロキオン、ふたご座のポルックスとカストル、ぎょしゃ座のカペラ、おうし座のアルデバラン、オリオン座のリゲルと、7つの星を順に結ぶと大きなダイヤモンドの形となる。これを冬のダイヤモンド(冬の大六角形)と言う。カストル以外はどれも1等星なので、東京の明るい夜空でも晴れていれば観察出来ると思われるので、探してみるもの楽しいかも知れない。

 こんな夜空を見上げながら、真夜中の江戸川サイクリングロードをひた走る。運が良ければ流れ星立って見えてしまう江戸川は隠れた星空の観察スポット。ヘッドライトのMOON GEM4.0はすこぶる調子が良くて視野に困る事も無い。というかハブライト化したGENTOSを使う機会すらないのが残念なほど。寒さが厳しくなればなるほどこの星空は輝きを増す。今年の冬もナイトランは止められそうもないな~。



この画像はStellariumのスクリーンショット。

無料のプラネタリウムソフトなので興味のある人は覗いて見てください。




関連記事


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン









コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://lifeisfreestyle2.blog79.fc2.com/tb.php/590-182748af
    この記事へのトラックバック








    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。