スポンサーサイト



--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





プレスポを車に積む ~輪行バックを買ってみた~



2009年08月06日 19:46

浜名湖周遊自転車道」への準備としてプレスポを車に積んでみた。車はフォレスター(00年後期ですでに11万km走った)、ステーションワゴンの中ではやや小型な方。当然そのままではカーゴスペースにプレスポは積めない。普段は後部座席を片方倒して前輪だけ外しブチ込むのだが、今回は4泊5日の工程で、家族3人余裕を持って実家に帰る旅である。出来れば人が乗るスペースを少なくしたくないし、荷物もそれなりになるので自転車はなるべくコンパクトにしてみたいと思っている。

輪行_01_convert_20090806194756

実際にカーゴスペースにだけ積んでみるとこうなった。前後輪を外してみたが入らず。しかたなくシートとハンドル、サイドスタンドを外してなんとか入れ込んだ。しかしチューンやリアディレーラー付近の油でベトベトで、荷物と確実に干渉しそうな雰囲気だ。これでは厳しい。汚れのヒドイ部分やタイヤだけでも日用品でガードしようと思ったが、考えるのが面倒になり、だったら「輪行バック」を買ってしまおうと言う結論に至った。だってもともと欲しかったんだもん。さらに面倒なので「あさひオリジナル」にしてみた。

輪行_02_convert_20090806194812

これこれ。リアル店舗での購入なのでサイクルメイト割引で10%offだった。
中身は以下に示す。
・収納袋
輪行袋
・肩パット
・ストラップ*3本
・説明書

とりあえず、同封の説明書に沿ってプレスポを輪行バックに詰め込んでみる。

まずは準備から。ハンドル周りの付属パーツを外す。出来ればサドルとペダルも外した方が楽な模様だ。サドルは外さずにパーツを取って下げてみた。ペダルを外すにはペダルレンチが必要だから今回はつけたままやってみる。サイドスタンドを外すのは必須。結構やっかいかもね。外したパーツはこれだけになった。

輪行_07_convert_20090806194917

前後クリックレリーズ・サイドスタンド・カギ(ブラケット含む)・フラッシュライト(前・後)・サイクルコンピュータ(もどき)。サイドスタンドがこれでもかって位きつく締めこまれていた(モンキースパナで外した方がよい。+ドライバーだけではナットをなめそうだった)ので少々苦労した。

チェーンはフロントアウター、リアローギア(ともに1速)に入れておく。って説明書には書いてあるのだが、フロントはアウター(1速)でいいんだが、リアはトップ(8速)では?ローだと後輪が外しづらい。後日少々ググッてみたらやっぱ圧倒的にトップでしょう。あさひblogもそうなってるしね。説明書もよく見ると写真はトップになってるし。まぁ勉強にはなりますがね。Vブレーキはブレーキワイヤーを外しておく。

輪行_05_convert_20090806194853

ここまでが準備編。これからが収納編となる。自転車を逆さにして前後輪を外す(もちろんコンクリの上なんかでやるとハンドル周りに傷がつくので柔らかい場所を選ぶ)。クイックレリーズはパーツごと外しておく。ついたままでは収納した際にフレームなんかに傷がつく事必死なので外しておく事が賢明である(取扱説明書にはクイックは収納袋に入れるよう買いてある)。そして輪行袋を取り出し、袋内部のこのマークの位置へディレーラーが来るように収納する。

輪行_08_convert_20090806194930 輪行_09_convert_20090806194940


収納するとこんな感じ。

輪行_10_convert_20090806194954

次にタイヤを収納する。フレームをはさむように両サイドへ入れ込む。後で気づいたんだけど、タイヤをしまう際にバスタオルかなんかでフレームを保護した方が良い。結果やっぱりフレームとタイヤ(ナット付近かな?)が干渉するのでフレームに傷がついた。これくらいで保護できるかどうかは分からないけど、フレームは保護した方がよさそうだ。

輪行_12_convert_20090806195017

収納袋に指示通りクイックを入れて、バック内に入れておく。その他のパーツも保護できる袋に入れてつっこんでおく。最後にストラップを巻いて完成(Dカンの巻き方はヘタなので他を参照して下さい)。

輪行_14_convert_20090806195039

この状態で持ってみたら結構重い(重さは量っていない)。さすがにあさひオリジナルなので持ち具合など細かい事は気にしないようにした。サイズは重要なので測ってみた。
・高さ:70cm
・幅:底辺:95cm、上辺:117cm
・奥行:32cm
ハンドルはやっぱり倒さないとバックには入らない。出来れば底辺が90cm以内であればフォレスターにぴったりだったのがしょうがない。ハンドルを外せばしっくりくるので実際に運ぶ時はハンドルも外してみようかと思う。さっそく積み込んでみた。

輪行_16_convert_20090806195103

まぁこれなら他の荷物も汚れる事なく、座席スペースも干渉せず、荷物も十分置く事が出来そうだ。他にもあさひにはキャリーバック的なものがあったのだが(大)サイズでもプレスポは入らず(リアル店舗でやってもらったが無理だった)。あれはどうやら折りたたみMTBなんかを想定したものだったようだ。値段的には輪行バックの半分くらいだったが止めて正解だった。
最後に組み立て。タイムを計ってみたが約15分弱。まぁ私はニワカなのでこんなもんかと。あせって壊したり傷つけたりするよりはいいでしょう。最後に輪行バックをボトルゲージに装着してみた。

輪行_17_convert_20090806195113

さぁ盛り上がってきたようだ(あくまで自分の中だけだが)。次は携帯品のチェックを考えてみようかと思う。


関連記事


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン









コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://lifeisfreestyle2.blog79.fc2.com/tb.php/58-69e53604
    この記事へのトラックバック








    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。