スポンサーサイト



--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





ボトムブラケット交換



2011年09月03日 23:57

苦節三週間?色々悩ましい事ばかりだったBB交換だが無事完了。


BB-UN54_01.jpg
交換完了後のBB-UN54のピカピカは気持ちいい♪


 
※ここまで来るのに色々なアドバイスを頂いた皆さま、本当にありがとうございます。


 安易な気持ちで交換をしてみようと考え、Vブレーキ購入に合わせて送料無料を狙うために購入したボトムブラケットだったが、手持ちの工具じゃ簡単に回らないし、あさひにあmで問い合わせしてお店に持ち込む事も考えたのだが、やはりせっかくだから考えてみようって事で考え出し、工具を物色して集めてみたり、そして回った後でも何だかんだでトラブル続出。台風が来てなかなか走りに行けないかったからいいようなものの、むしろメンテナンスに費やす時間の方が長かったりして。そしてリスクをなるべく犯さずに自分は出来そうな方法として選んだBB着脱方式は以下の通り。


「フィキシングボルト固定方式」


 固着?いやいやBBはトルクが非常に高い場所。カセットスプロケットすら回すのにてこずった私ではあさひ工具セット内の8mmアーレンキーで普通に回す事が出来ず。取説にある締付けトルクは50-70N・mという高トルクであった。それだけの力をかけるための工具としてインパクトレチハンドル(270mm)を手に入れ、そして420mmパイプレンチ、1100mmの鞘管(延長するための鉄パイプ)、などなどを手に入れたものの、一番の問題はBB本体とツールがしっかり固定出来ず、なめるのが怖くてトルクをかけられなかった事。なのでBBツールを買い変えて、クランクを止めてあるフィキシングボルトをワッシャを噛ませてBB本体にツールを固定してからトルクをかける方法を選択してみた。


フィキシングボルト固定式
フィキシングボルト固定方式



シマノ純正TL-UN74-Sを新たに発注して、M8*30*2.0のワッシャをホムセンで購入。TL-UN74-Sは32mmのレンチ幅が必要なのでこのサイズがぴったり。板レンチで挟んで固定と教わったのだが、私のパイプレンチの歯幅がかなり厚くて板レンチだと噛めなかったのでワッシャを追加購入に至った訳だ。見た目はこの方がすっきりだね。

 で、この状態でパイレンを噛んで先日回らなかった左ワンよりトライ。最初はまったく回らず。パイプレンチなんで噛み込みが弱いとバキっと外れる。そのたびにBBにダメージが無いかどうかを確認。BBはまったく無傷だが、TL-UN74-Sに少々傷が付く。それでも回らないのでついに鞘管登場。それでも回らない、全体重をかけてみるもビクともしない。なんじゃこりゃ?!と思いつつ、冷静に考えてみると回す方向が間違ってた(苦笑)。左アダプタは正ネジ、右本体は逆ネジ。つまりは緩めるには反時計まわりに回すのだ。と何度もシミュレーションしたにも関わらず失敗してしまう自分が情けなくなりながらも、逆に回すとズルーっとした感じでようやく回った!

 右側本体は鞘管なしのパイレンだけ回す事が出来た。初めて抜き取るBBを見て何気に感動。固着しているかと思ったBBは思いのほかキレイであり、表面だけ見ると3年経過したものとは思いえないほど。ただしクランク軸を回してみると明らかにゴリゴリ感を感じてしまうので、交換は良い選択だったのだろう。


プレスポBB
08年製プレスポのボトムブラケット



 ここで第二のトラブル発生。これは不安に思っていた事だったのだが、私のプレスポのBBは軸幅が113.0mmだった事。あさひのhpや色々なプレスポブロガーさんの交換記録から110mmと踏んで110.5mmを発注したのだが、2.5mm短いもの頼んでしまったようだ。さて困ったものだが、とりあえず付けてみる事にする。となると初期は113.0mmで09年ごろから110mmになって、プレシジョンスポーツAの公称は113mmで、プレシジョンスポーツCだと110mmってそんなにフレームサイズが変わってるとも思えないので、きっともしかして「気まぐれ」的な感じで選んでいるのかも知れないのかな。定説通り「まず外して長さを確認してから」と言うのは正しいようだ。


 どちらにせよ2.5mmの差は目をつぶって交換に踏み切る事にした。付けてみて問題が出そうなら買い直さなければならないのかな。交換してもらえるかも知れないが、その間乗れないのはもっとイヤだし。その前に恒例の重量測定をしてみた。



プレスポBB重量 BB-UN54重量
左はプレスポBB、右はB-UN54



 重さに関してはほぼ差は無いが、またまた交換すると重くなる。たった5gだけどね。この辺りで軽量化を目指すにはもっと上位グレードにするしかないんだろうな。


シェル内部
シェル内部も思ったほど汚れてない



 シェル内部はディグリーザーで吹いてから、ウェスで入念に磨くとピカピカになった。もっと高度なメンテとしてはこの塗装部分を削るフェイジング(フェイスカット)だとか、ネジ山をさらうタッピングだとか、さらに高価な専用工具が必要になる訳だし、そこまでやるんだったらお店に持っていった方が良さそうだ。とりあえずはキレイにするだけとしておく。

 今後の固着防止としてBB本体とシェル内部、アダプタにたっぷりデュラグリスを塗りたくって今度は右本体からシェルにねじ込んでゆく。取り付けに関してはそんに難しくないんだろうと思っていたのが、、、

 右本体をどうやらねじ込んでしまったようで、左アダプタがうまくは入らない(汗)。トルクはそんなにいらないのだが、パキっといやな音がしたところでパニックに(大汗)。


~ここからは本人少々あせりが生じて写真撮影出来ず~


 いったん作業を止めて周囲を点検。とりあえず外してみようかと思い左アダプタを回すとまたパキンっ。あ、やべ、回す方向間違えた、、、なんとなくドツボにはまってゆく。左アダプタは樹脂製のけっこう軟い素材なので壊れてる可能性あり。冷静にアダプタを緩めると、、、やっぱりバリが。残念ながら左アダプタをなめてしまったようだ(涙)。アダプタ先端の一周分くらいがシェル内に残存。よくよく内部を観察してみると右本体が寄っている。あわてて右本体を外してシェル内部を観察してみたが、ネジ山は何とか無事なようだ。無理くり右本体をねじ込んだために左アダプタがうまく入らず、圧入するような感じで樹脂製をアダプタを潰してしまったらしい。バリを取ってBB-UN54に差し込もうとしても入らず、、、さてどうするか、スモールパーツでこういったのって扱ってるんだっけ?あさひのサイトには乗ってないなぁ。

 このままではいかんと思いつつ、元のプレスポBBの左アダプタ(金属製)を装着してみた。サイズはいっしょなんだからはまるはず。しかしながらはまったものの、規格が違うらしく今度はクランクが回らない。左アダプタをゆるめると本来の動きを取り戻すものの、それでは指でひっかけただけでもアダプタが回転する。それはきっと走行中に外れる危険があり。これは応急的な処置にしかならない。

 で、壊してしまったBB-UN54の左アダプタをダメもとで修理してみる事にした。バリを取って紙やすり(#100)で地道に削る。なでしこ韓国戦を見ながらビールも呑まずにひたすら削る。なんとかシャープになってきたところでもう一度シェルに装着してみると今度はすーっと装着する事が出来た。ただこれってあり?!いづれ交換が必要にはなるんだろうな。。。


 何とかBB交換は完了、スプロケといい、Vブレーキといい、自転車のメンテナンスって一筋縄ではいかないもんだ。しっかりと事前にシミュレーションしてみても身体がその通りには動かない。まぁ一つ一つ失敗しながら覚えてゆくものだと改めて実感した。まだクランクすら付けてないプレスポは横たわったままなので、実走のレポは明日にでもするとして、BBとの闘いはまだまだ続く。壊してしまった左アダプタの交換はいづれしなきゃならんだろうし、これもメンテナンスを実施する過程で気付いたのだが、テーパースクエア式のBBだと上位グレードへの布石にはならない。例えばDEOREのクランクセットへ変更するだけでもホローテックⅡへの換装が必要となる。これってもしかしたらテーパースクエアじゃなくて最初っからホローテックⅡでも良かったのではないかと少し贅沢な交換なんぞをしてみたりもした。まぁこれは妄想、とりあえずは一通りのメテンナンスが終わったのだから、走りに出かけないないと。そろそろ秋のサイクリング日和がやってくる。ひさしびりに長い距離を走りたいな。。。。


今回交換したボトムブラケットはこちら


by カエレバ



関連記事


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン









コメント

  1. くろすけ@準備中 | URL | VWFaYlLU

    Re: ボトムブラケット交換

    とりあえずおめでとうございます。
    親知らずが抜けたというか、結石が取れたというか、ある種の爽快感がありますね。

    それにしても色々道具を揃えたりアクシデントがあったりとご苦労されたようで・・・。
    僕はBB交換の際にはホローテック2にしてクランクセットごと交換するつもりですが、これまた専用工具が要るんですよね。
    自力か入院かで迷いそうです。

  2. coeruleaTQZ | URL | -

    Re: ボトムブラケット交換

    とりあえず、交換できてよかったです。ワッシャの方がスマートですね(^^)

  3. makoto♪ | URL | -

    Re: ボトムブラケット交換

    おめでとうございます^^
    あとはインプレを期待してます。

    今のところ僕のプレスポは気になるところはリアブレーキのワイヤーぐらいかな。
    かしめてる先で粗線切れしてるので実用上問題ないですけど

    BB交換するかどうかは今のところ決めてないですが
    間違えなくあさひで面倒見てもらいますw
    頻繁に交換する場所なら自分でやる感じでしょうか?

    できるだけ走る方に時間を使いたいですね^^

  4. fuji.san | URL | -

    やはり難しい?

    こんにちは。
    BB交換、やはり大変そうですね! 確かトリプルクランクは113ミリでダブルクランクが110ミリがBBの適性サイズだと思います。
    逆ネジとか、たまにしかいじらないから慣れるまで、やはり難しいですよね? その後レポート待ってます~。

  5. カレーパンマン | URL | 89zBIK8s

    Re: ボトムブラケット交換

    おめでとうございます!
    さ~つぎはクランク交換(笑)

  6. moumou | URL | -

    Re: ボトムブラケット交換

    とうとうやりましたねえ。頑張ればできるもんだー。
    次はクランク?

  7. ぶるらいだー | URL | dpUdNvug

    Re: ボトムブラケット交換

    やりましたねぇ、おめでとうございます。

    自転車じゃ経験ないんですけど
    外すときの「パキ」って音は
    意外にいい方向で
    締めているときの「パキ」は
    結構、やっちまった系ってのが経験上あります。
    ネジ山の修正もできるならもう、怖いモンなしですね(笑

  8. まるRR | URL | -

    >>くろすけ@準備中さん

    ありがとございました。

    苦しいながらも楽しいメンテナンスでしたよ。アクシデントがあったからこそ一つ一つ覚える事が出来たのかもしれません。まだダメージを負った左アダプタをどうするかという問題も残ってますけどね。

    そうそう、ホローテック2化するのが正しい道のりかも知れません。クランクをどうするかを考えた上でBBに手を付けるべきだったのかなと。くろすけさんなら自力で行けるんじゃないですか?


  9. まるRR | URL | -

    >>coeruleaTQZさん

    いろいろとありがとうございました。

    板レンチだと手持ち工具がすっきりはまらなかったのでワッシャを追加購入という運びになった訳です。この方法だと"なめる"リスクが相当回避出来るので、素人的には大変助かりました。

  10. まるRR | URL | -

    >>makoto♪さん

    インプレまで行けるかどうか。今日少し乗った感じだとゴリゴリ感が無くなった分だけクランクがスムーズに円運動をしていると言うか、何となく引き足側がうまく使えてる気がします。そもそもBBなんでペダルを回すのが軽くなるとか、速度が上がるとか、そういったものは期待できないのかなと。どのクランクを使うから、BBを交換するとか、そういった換装なんだと思いました。劇的になるか変わる雰囲気は無いですね。

    クランクは抜けるようになった方がいいかも知れませんね。コースに合わせてクランクを変えるなんてのはアリかも知れません。クロスバイクだとそこまでするかどうかは分かりませんが、慣れればものの数分で終わるメンテですので覚えておいて損は無いかも知れませんね。

  11. まるRR | URL | -

    >>fuji.sanさん

    こんばんわ。

    やはり大変でしたが、何度かやってみると所詮はネジなんで、慣れればそんなに高い壁じゃない気がします。ふじさんはクランクも交換でしたっけ?ホローテック2に換装してビシっと立派なクランクに交換しちゃうのがいいと思います。

    110mmと113mmの違いは正直あまり変わらない?Qファクターとかクリート位置とか、それよりもフロントディレーラの調整が必要でした。これは私が力を入れ過ぎてパイレンをフロントディレーラにぶつけて位置が変わってしまったのも原因ですけどね。

    インプレっぽいのを後で書いてみます。

  12. まるRR | URL | -

    >>カレーパンマンさん

    ありがとうございます!

    クランクはいづれと考えてますが、テーパースクエアだとALIVIOくらいしか無いんですよね。消耗品として交換するかどうか。それよりもフレームを買って自分で自転車を組み立てるってのが出来ないかどうかを考えてみようかと思います。

  13. まるRR | URL | -

    >>moumouさん

    とうとうというか、ひっぱり過ぎな感じですけど(苦笑)。諦めるのがきらいなんで、何とか色々考えながらも自分で出来る道を模索してみようかと思います。クランクじゃなくて次はワイヤー関係、渋いフロントディレーラを狙ってみようかと思います。

  14. まるRR | URL | -

    >>ぶるらいだーさん

    ありがとうございます。工具の使い方がまるでダメな私にとってはいい勉強になりました。

    >>外すときの「パキ」って音は
    >>意外にいい方向で
    >>締めているときの「パキ」は
    >>結構、やっちまった系ってのが経験上あります。

    名言ですね。肝に銘じてメンテに励みます。実は私も大型じゃないんですが、お仕事上ネジを回すのが生業なんですが、こうやって考えると実に業務上では甘えているかが分かりました。自分でぜんぶ責任もって壊れたらそれは全部自分で負担してってのが足りない雰囲気がありましたね。ネジというか樹脂製のカップを削っただけなんで、ネジやネジ山の修理はさすがに専用工具じゃないと難しいですよね。

  15. 小太郎 | URL | LLTdOq/s

    Re: ボトムブラケット交換

    はじめまして。こちらのブログへの書き込みは初めてです。
    私もプレスポAを所有していますが、先日、BB交換をしました。
    不器用なので作業はリアル店にお願いしました。部品代より作業代の方が高かったのですが、とりあえず無事に交換作業も終わり、週末ライドを楽しんでます。
    このブログはプレスポのメンテ&改造時にとても参考になります。今後とも宜しくお願いします。

    追伸)私のプレスポAは110.5mmのBBが付いていました。

  16. まるRR | URL | -

    >>小太郎さん

    ご訪問ありがとうございます。

    色々と間違いもあると思いますので、遠慮なくご指摘下さいね。BB交換するとペダルがスムーズに回り、引き足がしっかりと意識出来るような気がします。まだまだこれから実感してくるんだと思いますが、またどうぞアドバイスお願いしますね。

    やはり軸長はアバウトなんですかね~。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lifeisfreestyle2.blog79.fc2.com/tb.php/542-141b888b
この記事へのトラックバック








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。