スポンサーサイト



--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





ミニビーチクルーザーでポタポタ 矢本~大曲浜~定川サイクリングロード



2011年08月16日 06:52

 震災から5カ月経って、変わったもの、変わらないもの。様々なストーリーが交錯する中で色々見えてきた今回の帰省旅行であったのも事実だが、普段と変わらずのんびり里帰りな雰囲気で過ごす事が出来た事が大きいかな。

 で、発見したミニビーチクルーザー。20インチの6段変速、確かに形はビーチクルーザーっぽいけど別にコースターブレーキが付いている訳でもなく、もちろん見た目重視でネットで購入した代物らしい。メーカーは不詳だが、帰って来てから調べてみるとこんな感じ?かな。

【Lupinusルピナス】2011年モデルビーチクルーザー20インチシマノ6段ギア(カラー4色)
by カエレバ


 どちらにせよなんだかビスはゆるんでるわ、ディレーラも初期伸びでゆるゆるだわ、それにスプロケがガタついてるし、ホイールだってブレブレ。こんなんでは安全に運転出来る訳が無いじゃないかとメンテ魂に火がついてしまったり。よくよく聞くとお買いもの用に購入したにも関わらず、「カゴが無いのが不便、、、」との事、、、じゃ、まずはかごでも付けてみるかな。

 しかしながら今回はプレスポを持って来てないと言う事は工具も何にもないわけで、それに近所に自転車屋さんはなく、ホムセンあたりでママチャリ用のカゴでも買ってくれば何とかなるかと思っていたのだが、せっかくなのでしっかり付けようという話になって、街まで行く事に。もちろん石巻市あたりはまだまだやっている商店も少ないので、仙台市内で何か良いショップは無いかと調べてみると、「早坂サイクル商会」さんという比較的でチェーン展開をしているショップを見つけた。


と言う事で早坂サイクル照会へ。

 比較的近所と言っても距離にしたら40kmくらいの泉バイパス店。2輪車のショップなのでハーレーなんかのバイクショップの一画に自転車が陳列されていた。パーツ類はそんなに置いておらず、カゴはあったが小径車用は限られており、店員さんに聞くと「難しい」の一言。ハンドルポストから延ばすステーとホイールナットから延ばす20インチ用のステー、そしてカゴを固定する台座が必要らしい。やっぱり持ち込みだとこんなもんかな、、、
 もう一軒回るもパーツ販売はなし。諦めきれない気持ちがいっぱいだったので、どこかこの辺で無いですか?と聞いてみると「早坂サイクルさんなら、、、」そうかやっぱりこの辺は早坂サイクルなのかと言う事でもう一足のばして本店まで行く事に。


早坂サイクル照会本店
ここまで来るのに2時間を要した(苦笑)


 街の自転車屋さん風な早坂サイクル商会本店。さっそく作業をしていた店員さんに聞いてみると、やはりパーツが無いので難しい。もしやるとしたらパーツを取りよせて数日を要するとの回答。うーん、お盆だし時間が結構かかるのね。。。という話をしつつ、石巻から来た事を伝えると話が急展開。裏からチーフと思わしき方まで出てきて「これくらいやれんだろ?やってやれ!」との一言で作業開始。ゴリ押しは好きじゃないのだが、まぁ結果的には良い結果となった。早坂サイクル商会さんありがとう。しかも値引きもしてくれたし。という事で前カゴのついたミニビーチクルーザーはこんな感じ。


IMG_2922.jpg IMG_2925.jpg
前カゴ装着前と装着後の比較写真


 これで普段のお使いには使い勝手は格段に向上したハズだろう。一通りの点検までしてくれてこれで一安心。時間があれば自分で作業するのもアリだろうが、帰省中なので無理はしない。帰り道、南部屋敷でソバを啜り、家についてから「試走」を理由にミニビーチクルーザーで脱走に成功。と言うよりも皆分かっていた顔をしていたので、魂胆はバレバレだったかな(苦笑)。


 と言う事でGW以来の街を見に、ミニビーチクルーザーでポタリング開始。目指すはやっぱり海なのだが、前回と同様防風林が無くなってしまった海からは強い風が吹き抜けてくる。タイヤ幅が案外太いので悪路となっている場所もまぁまぁ進む事が出来る。何より小径車って進む時の推進力にパワーがあまり要らないから街乗りには最適なんだよね。というよりも街見た目の街はだいぶ片付いている。松島航空自衛隊の脇を通り、前回来た時は壊れたままだった自販機は元通りになっていて、ここで補給用のドリンクを購入。そう言えば自衛隊は7月末で撤収した後はどうするんだろうな。まだガレキは大量に残っているんだけど、これは自治体でやるの?それとも個人?どちらにせよ生活エリアはだいぶ片付いているようだ。前回落ちていた橋が元通りになっていたので、このまま海へ進む事にした。


IMG_2930.jpg IMG_2929.jpg
防波堤まで行ってみたのだが、、、


 自衛隊脇をそのまま進み、運河を超えたところから景色が一変する。地盤沈下の影響か、水が流れ込んできている場所があり、その周辺はまだまだ手つかずな家が沢山あった。それまで見えていた景色は確かに生活エリアなので復興が進んでいたが、海周辺の地域は地盤沈下が激しくこのまま住む事は難しいからだろうか、それにしてもはっきりと仕分けされ優先順位がついているようで、景色そのものに恐怖すら覚えた。海沿いの街は復興という言葉からは程遠い。。。防波堤の側はガレキ集積場になっているようで、大型トラックがひっきりなしに通過していた。そうは言ってGWに来たときよりはまだ片付いていて、広大な田んぼはかなり片付いているように見えた。


IMG_2933_20110816063252.jpg
大曲浜へ続く田んぼ


前回GWに来た時の記事と比べてもらうと分かるかな。

そして石巻へ [ 後編 ]

 これ以上先へ向かうのは無理らしいので、田んぼの中の道を引き返す。津波はこの田んぼ道を通って市街地へ抜けていったらしく、アスファルトがズタズタに破壊されている上に砂利が敷いてあった。まだ道が完全に直ってないので、プレスポだとすぐにパンクしそうだなと思いつつ砂利道を進む。

 国道を越えるといつもの風景。津波を被った地域の草木は塩がいで枯れているので、どこまで津波が来たかがすぐに分かる。その先の赤井交差点から定川沿いのサイクリングロードを走って帰路につく。


IMG_2938_20110816063252.jpg
この川も津波が溯上したそうだ


 家の近所をぐるっと一回り。距離にして15kmくらいをのんびりポタポタ。だいぶGWよりは復興しているようだが、海沿いの地域は地震による地盤沈下が激しく、とても人が住める場所ではなくなってしまたらしい。そもそも防波堤が下がっているので、満潮でなくとも潮がようしゃなく堤を越えてくるのに驚いた。地盤沈下した地域の復興が次の課題なんだろうな。しかしどうするんだろう?もう一度埋め立てて、高い堤防を建てるのかな?それともこのまま立ち入り禁止区域になってしまうのかな。。。

 勢いで出かけたものの、ため息した出なかったのも事実。自転車の乗り心地は悪くないが、見えている事と見えていない事がはっきりと分かったのも事実。まだまだ復興までの道のりは遠いんだな。。。

(つづく)



関連記事


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン









コメント

  1. moumou | URL | -

    Re: ミニビーチクルーザーでポタポタ 矢本~大曲浜~定川サイクリングロード

    ミニビーチクルーザー。結構チョッパーなハンドルですね。自転車屋さんも遠くから来てくれた人を無下にできなかったんですね、有難い。
    復興への道のりはまだまだ遠そうですが一歩一歩やっていくしかないんでしょうね。

  2. まるRR | URL | -

    >>moumouさん

    本当にありがたいですね。

    普段から前傾なクロスバイクに乗ってると、こういったハンドルは本当に楽なんですね。ただし速度はまったく出ませんし、すぐに疲れますけどね。

    復興はまだまだ先の話ですね。くっきりと置いてかれている所とそうでないところが分かります。この先いったいどうなってしまうのか、復興よりも先に人が居なくなってしまいそうな気がします。優先順位がどこにあるのか、それがぼんやりとして先が見えませんでした。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lifeisfreestyle2.blog79.fc2.com/tb.php/522-9c1ea5ba
この記事へのトラックバック








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。