スポンサーサイト



--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





POLAR 保冷ボトル 24oz を買いました。



2011年07月17日 23:17

結局1000mLクラスのボトルは良さげなものが見つからず、評判の良いPOLARにしてみた。とりあえず1本目で、ダブルボトル体制を目指すべく、まだまだボトル探しの旅は続く。


IMG_2769.jpg
白クマが目立つ柄物をチョイス 「ビッグベア」


 私のボトルケージはトピークのモジュラータイプなので、サイズにそこそこ余裕があるものの、通常の75mm幅で1000mLのボトルってなかなか探し出すのが困難。昔ながらのスポーツドリンク系なスクイーズボトルなら安価なタイプがあるのだが、保冷カバーを付けるとかなりかさばるし。アウトドア系で見つけたボトルもサイズはばっちりだったが、キャップがスクリュー式だったので安かったのだが諦めた。

 結局容量は諦めて、保冷性能に定評があるPOLARにしてみた訳だ。外気となるべく接触させないような二重フィルム構造で、炎天下でも1時間、氷を詰めれば2時間冷たいまま持つらしい。これは半信半疑ながらも、そこそこ冷たければまぁ問題は無い事とする。イザとなれば凍らしてもってゆくのが良いのかな。


IMG_2768.jpg IMG_2767.jpg
さっそくプレスポに付けてみた


 サイズ的には問題なし。一般的なボトルケージは75mmの幅らしいが、POLARは76mmとギリギリな感じ。素材的にはさすがスクーズだけあって伸縮するので1mmの差は無いようなもの。問題なのはプレスポの方で、ダボ穴が一か所しか無いのはかなり痛い。それにフレームサイズが420mmな私の自転車ではどうがんばってもシートチューブにもう一つボトルケージを増設する気にはなれないのはかなり問題である。シートポストにアダプタを使って増設したとしてもサドルバッグに干渉するのでこれもまた考えもの。とりあれずこの辺りの答えが見つかるまではもう一本のボトルはバッグの中か、バックポケットに収納する事にした。

 で、実際にライドでは無いものの、クールタイムを実測してみたのだが、氷を入れた状態で約1時間で氷は無くなり、その後は急速に常温化してゆく。例えば自販機で購入したスポーツドリンクをボトルにそのまま投入し、外をウロウロしていると1時間後には冷えを感じない程度まで温度は上昇している。そのまんま保管するよりはマシとして、保冷カバーと同等もしくはそれ以下程度の保冷力しか無いのかも知れない。キンキンに冷え続けるのはさすがに理想的過ぎるか。

 それでもジテツウ使用時は問題なし。1時間以上かかる事は無いし、復路までの間は会社の冷蔵庫を拝借して冷やし込めば何とななるだろう。長い距離を走る時は過度に期待はするべきではないのかな。もう少し使用した後にインプレッションする事にする。

by カエレバ



関連記事


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン









コメント

  1. moumou | URL | -

    Re: POLAR 保冷ボトル 24oz を買いました。

    私もPOLARのボトルを先日買って使ってみました。maruさんが言うように1時間ですね。何もない普通のボトルは15分くらいで氷が溶けちゃいますからまあよしとしてます。凍らせると持ちはいいのですが飲みたいときに出てこないですからね。私は500mlのボトルとコンビニで凍らせたドリンクパックを買ってジャージのポケットに入れています。結構いいですよ。

  2. maruRR | URL | -

    >>moumouさん

    POLARは評判いいですよね。スクイーズタイプのものでは一番保冷力があるんじゃないでしょうか。まぁそれも気持ち程度かなっと言う印象です。氷を入れてジテツウ後に何とか冷えてれば私の場合はヨシとします。ジャージのバックポケットもドリンク入れとくには便利ですね。これもマネしてみます。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lifeisfreestyle2.blog79.fc2.com/tb.php/503-1900ffad
この記事へのトラックバック








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。