スポンサーサイト



--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





雨上がり、、、one step



2011年05月31日 21:53

 台風2号が四国沖で温帯低気圧に変わり、空を覆っていた雲が足早に切れてようやく青空を覗かせる。今年の梅雨入りは観測s上2番目の早さらしいし、こんな時期にこれほど威力のある台風が日本列島に近付くのも珍しい。台風一過とはいかないものの、強い風が大気のゴミを吹き飛ばし、久しぶりに筑波山がキレイに見えた。


IMG_2604.jpg
風が強いと景色がきれいに見えるのだが、、、


 とは言うものの、風向きは真北とまるで冬場を思い出すかのような強烈な向かい風。風速は推定10メートル毎秒を超えてるんじゃないか?と思えるくらい。必死にペダルを回してみてもまったく速度はかせげず、最終的にはヘルメットも脱いで15km/hくらいでのんびりくるくるペダリング。向かい風って脚がきしむ割には心拍数が上がらないのはなぜ?まだまだがんばりが足りないのかな?

 
 そして雨天走行において次の課題は走行後のメンテナンス。通勤後は時間や手間がかからないこんな油がちょうど良い。洗浄と潤滑がいっしょに出来るのと、フレームにも使用出来るところが気に行った。高級なバイクは別として普段使いの通勤用マシンの場合はメンテナンス頻度を確保するために、これくらい簡単なものがちょうど良いだろう。油そのものはウェット系なのでまさに雨天走行後にはうってつけのチェーンルブである。

by カエレバ


 
以下に雨天走行後のメンテナンスのまとめ。

・雨天走行後はすみやかに水洗い。その後水分を飛ばしてきれいに吹く。

・ワンステップをチェーンに吹きかけ、こちらもセームで汚れをきれいに落とす。

・再度ワンステップをチェーンに吹きかけ、余分な油をセームで拭き取る。

・そしてその拭き取ったセームでフレームを磨く。

・最後はビスなど錆びやすい部分にもワンステップを軽く吹いておく。

・その他、ビス類はグリスを塗って絞めておくと内部に水分が入りづらい。


 この作業だとだいたい15分くらいで出来る。出来ればスプロケ周りの清掃もしたいんだけど、その辺りはメンテナンス頻度を上げて行く事で対応しようと考えている。1カ月に1度を2週に1度とかの頻度で上げていかないといかんかな。



関連記事


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン









コメント

  1. moumou | URL | -

    Re: 雨上がり、、、one step

    鹿児島の方は台風一過、日曜の夕方には青空が広がりました。
    ようやく早朝練習開始しました。やはり毎日乗る方が体にはいいようですね。

  2. カレーパンマン | URL | 89zBIK8s

    Re: 雨上がり、、、one step

    雨でも濡れながら走っちゃうんですが
    後々のメンテが大変です(^^ゞ
    ぜひ参考にさせてもらいます!!

  3. maruRR | URL | -

    >>moumouさん

    こちらは台風一過とはいかず、肌寒い曇り空でした。風向きが北風なんですよね。
    毎日乗る事がやはり一番効果的ですね、少しでもさぼるとテキメンに効果が表れます。雨が多い時期をどうのりきるかがこれからの課題ですね。
    例の件ですが、ちゃくちゃくと計画が進行してますよ~。

  4. maruRR | URL | -

    >>カレーパンマンさん

    濡れても乾く、これに気付きませんでした(笑)。どの程度の雨なら可能なのか色々考えてみます。
    メンテはやっぱり必要ですが、帰ってきてから一生懸命やらなければいけないのはやはり苦痛ですので、なるべく簡素化して出来ればとも思ってます。むしろ私がいい方法を聞きたいような気が、、どなたか知りませんか?

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lifeisfreestyle2.blog79.fc2.com/tb.php/473-f57ead2e
この記事へのトラックバック








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。