スポンサーサイト



--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





支援活動日記 4日目



2011年04月29日 17:03

快晴、建物が何も無くなった街は容赦の無い海風が吹き付ける。

今日は震災から数えて四十九日。合同葬儀が町のお寺で行われていた。ここに来る前に見つけたtweetから、お花屋さんがみな被害を受け葬儀の時にたむける生花が無いと聞き、長持ちするように処理してもらって現地に持ちこみ龍晶寺と言うお寺の御住職さんにしっかりと手渡した。今日の合同葬儀で飾ってくれる。目抜き通りにあった生花店は津波被害で破壊されているものの、せめてたむけるお花を、と言う事で旧山田病院前でテントを張って営業を再開した。テレビ等々での報道もあったので、ご存知の方も多いと思う。



被災地に咲いた一輪の花


ひとつの区切りが済んでゆくと、次の目標を決めなければならない。現地は日増しに復興への道を進み、街並みが少しづつだが元に戻りつつあるのが実感出来る。到着した時には津波でメチャメチャに破壊されていた宮古市のローソンが、今日は営業中ののぼり旗がはためいていて、まさかとおもったが、営業中再開していた。これを機に撤退してしまう大手チェーンもあるらしが、やはり元通りに復興して欲しいと願うばかりである。



山田八幡宮から見える街並み


町役場のとなりにある神社に登ってみた。入り口には昭和三年に襲来した昭和三陸地震の碑がたたずむ。

地震・津波の度にこの土地の人々は悲しみに暮れ、そして立ち直り、復興してきた。町の人たちは皆さん一様に礼儀正しく秩序を守って下さる。本当は辛いのだろうが、皆表向き明るく振舞おうとする。耐え忍ぶ姿は宮沢賢治の「雨ニモマケズ」に通じているのだろうか…



ふたたび山田湾を望む



けっぱれ、岩手!
関連記事


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン









コメント

  1. kanoka | URL | -

    Re: 支援活動日記 4日目

    こんばんは。
    日々の奮闘陰ながら応援させて頂きます。
    暗い雰囲気を吹き飛ばし(蹴飛ばして!)て元気を注いで下さい。

  2. moumou | URL | -

    Re: 支援活動日記 4日目

    宮沢賢治の気持ちですね。
    この花のように逆境にもめげず咲いて欲しいですね。
    支援も明日まででしょうか?お疲れになったでしょう。

  3. maruRR | URL | -

    >>kanokaさん

    こんにちわ。ありがとうございます。

     暗い雰囲気ばかりではなく、町の方々を見ていると案外明るい方々が多く思えました。ただ次のステップに移る事が難しいようで、もしかしたらこういった事を手助けする事は私たちでも出来る事かも知れません。ゴールデンウィークだし、これから母の日もあるし、そして梅雨を迎えて、夏が来る。こういった一つ一つの区切りにしてあげられる事が出てくるかも知れませんね。

  4. maruRR | URL | -

    >>moumouさん

    疲労感は少ないんですが、相変わらず誤変換ばかりで心配されたりもしてます(笑)。
     南相馬市の市長さんがニューズウィーク100人の顔に選ばれたそうです。原発問題や政府への要望を直接全世界へyoutubeを通して訴えた事が称賛されたようです。彼もまた岩手大学農学部出身で、宮沢賢治にあこがれて農業を勉強したようですね。岩手に限らず東北の方々の辛抱強いところは我々も学ばなければなりません。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lifeisfreestyle2.blog79.fc2.com/tb.php/448-66f185dc
この記事へのトラックバック








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。