スポンサーサイト



--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





あっと言う間に散りゆくサクラ



2011年04月15日 23:33

本当にあっと言う間にサクラの季節が過ぎてゆく。

 こんなに儚いサクラの季節は経験した事もない。開花してから約2週間あったハズなのだが、あっと言う間に散ってしまった。気温はすでに20℃超えも珍しくなく、寒さに震えていたのが何だったのかと思うほど、季節は急角度で進んでゆく。



IMGP0446.jpg
今年の満開に咲き誇るソメイヨシノ


 今年の儚いサクラはきっと今晩の強風と花散らしの雨で散ってしまうだろう。帰り道、桜吹雪が舞い散る中でサクラという花の儚さをまた感じてみる。花が咲いている期間が短いからだろうか、あっと言う間に咲き誇り、あっと言う間に散ってゆく。これを儚いと表現するのはやはり日本人だけなんだろうか。


被災地支援に関する打ち合わせの日々、それがまた忙しさに拍車をかける。

 私が参加する期間は4/24から5/1までの8日間、行く先は岩手県山田町に決まったようだ。今回は日本医師会災害支援チーム(JMAT)として現地入りし、医療復興のサポートを中心に支援を行う。現地は津波被害が激しく、衛星写真で見る限りは沿岸部分の街並みはもととのそれとは、まったく違う事が簡単に想像出来た。現在は亜急性期と慢性疾患増悪、そして心のケアが必要な時期に来ており、医療を継続するための課題が山積みのようだ。

 基本的には支援は自己責任で。現地での居住食は自らで行う事が基本。食糧や水、燃料はすべて持参し、寝袋とガスコンロで生活をする。テントを張る事は防犯上好ましく無いらしく、一応は屋内を確保する予定。自分たちが出したゴミも全て持ち帰る事になる。

 朗報的には現地のライフラインが順調に回復している事、商店やガソリンスタンドが営業を再開し出した事だろうか。もちろんそれは現地の方々のものであり、我々が手を付ける事はするべきではない。電波状況も改善しているようで、もしかしたらiPhoneからblogの更新も出来るかも知れない。ただ電源は全て電池充電となるので、現地入りしてから様子を見て考える事にする。

 当初はこのblogに業務の事を書く事をためらったのだが、その辺りは法的な部分を除いてはあくまで個人のblogなんで、日記として記録付けてもいいのではないかと思ってきた。この辺りは賛否両論あるのだろうけど、私としては色々な方々に知って現状を知ってもらう事も支援のいっかんであると言う気持ちもある。しばらくは本題である自転車ネタからは外れる事もあると思いますが、どうかご容赦頂ければと思います。

 ちょうど、現地ではサクラが咲くころであろう。期間の前後は拠点として盛岡に泊まり、業務調整をする事になる。なのでまだサクラを見る事が出来るかな。現地で自転車に乗る事は無いだろうけど、もしかしたらパンク修理くらいは出来るかも知れないと思い、密かに個人装備の中へパッチ数枚とゴム朔、タイヤレバーを忍ばせてみた。本業がメインであるが、少しでも現地の方々のお役に立てるように色々な事をがんばっていこうと思う。


関連記事


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン









コメント

  1. たーちゃん | URL | mQop/nM.

    Re: あっと言う間に散りゆくサクラ。

    おはようございます。

     被災地で活動されておられるんですね。
     生活基盤が整っていない状態で、いろいろ業務に従事されるのは非常に大変なことかとお察ししますが、健康管理には十分配意されて、頑張ってください。
     桜の季節は短いですね。
     桜が散ると、夏まであっという間です。
     
    それでは更新頑張ってくださいね☆ポチ

  2. カレーパンマン | URL | -

    Re: あっと言う間に散りゆくサクラ。

    どうかお気をつけて

  3. KEN | URL | VeDt2LNI

    Re: あっと言う間に散りゆくサクラ。

    被災地に行かれるんですね。先週、福島市へ行ってきましたが皆通常通りの生活をしていました。内陸の都市では一番大きな被害は風評のようです。来週仙台へ行きますが、東北道の東と西では全く別世界で異様な光景が続くそうです。

    被災地の人たちのために頑張ってください。

  4. moumou | URL | -

    Re: あっと言う間に散りゆくサクラ。

    いよいよあと1週間で着任ですね。怪我や病気のないように頑張ってきてください。普段ジテツウで鍛えた成果を見せましょう。
    私の想像をはるかに超えて過酷でしょうが頑張って元気な様子をまた見せてくださいね。

  5. maruRR | URL | -

    >>たーちゃんさん

    こんばんわ。

     ライフラインの回復は思った以上に早かったようです。ただそれを避難されている方々はまだまだ自由に使えてるとはとても思えず、私らのような外の人間が勝手に使うのはいかん訳です。よく"山に行くつもりで"準備をと指示が飛んできます。乾いた床も被災者のものですからね。

     サクラが散ったと思ったら新緑の季節になってました。季節が変わるのが早いですね~。

  6. maruRR | URL | -

    >>カレーパンマンさん

    もちろんそのつもりです。

     ただ本音を言うと余震が怖いですね。いくら関東も揺れたと言っても5弱ですし、まだまだ余震活動は活発で、早ければ4~5月にはMw8.0クラスが来るかもとか。それも含めて念入りに準備をしなきゃならんわけです。しかし自分らがケガや病気をする事はただの足手まといなんで、それだけは注意して行こうと思いますよ。

  7. maruRR | URL | -

    >>KENさん

     福島が実は一番大変なのかな?風評被害は長期的に影響しそうですし、何よりもそこへ住む事すら許されないと言うのはこれまでに無い事だと思います。東北道もかなりダメージが」まだ残ってるようですね。
     
     大それた事は出来ないんですが、少しでも被災地の方々の役に立てるよう、がんばって来ます。

  8. maruRR | URL | -

    >>moumouさん

     自転車はあまり速くないですし、長い距離を走るとすぐにヒザが痛くなるにわか自転車乗りですが、気持ちだけは負けないつもりです。あと病気にほとんどならない身体を与えてくれた両親にも感謝しつつ、現地の方がたのためにがんばってきます。現地はライフラインがだいぶ回復しているようなんで、軽装備で望めそうです。

     blogに載せるかどうか少々悩みましたが、様々な人に真実を伝える事も必要なのかと思い、自分の言葉で書き続ける事にしました。法的な守秘義務などが発生しないように努めて、そのまま日記を書き続けようかと思います。ご心配ありがとうございました。

  9. kanoka | URL | -

    Re: あっと言う間に散りゆくサクラ。

    こんばんは。
    ボランティア活動は、簡単に口に出来る程楽な事では無いと思います。
    先ずは自らの体調を大事にして、頑張って下さい。

  10. maruRR | URL | -

    >>kanokaさん

    おはようございます。

     出来る事って何だろうと考えて、行きついた答えが災害派遣でした。そこで生活されてる方々はもっと辛いのは確かなので、皆さまのために何とかがんばってきます。

  11. ken | URL | -

    Re: あっと言う間に散りゆくサクラ。

    桜は散りましたねぇ。
    一瞬だから愛おしく記憶に残るのでしょうね。

    被災地支援・・・お体にお気をつけ下さいませ。

  12. zola | URL | -

    Re: あっと言う間に散りゆくサクラ。

    はじめてcommentいたします.今後とも宜しくお願いいたします.
    復興支援も医療支援も時間の経過とともに被災された方々のニーズも様々に変わってきているようです.情報伝達であったり物資の有無であったり思うように行かないこともありストレスが溜まることもあったと聞きます.行かれた方にしか分からないご苦労もあると思いますが,まずは行動あるのみですね.
    それぞれが出来ることを頑張りましょう.


  13. まるRR | URL | -

    >>kenさん

    すでに葉サクラですね。明日の雨で完全にサクラの季節は終わってしまいますね。

     やはり準備の段階が一番モメるもんです。なかなか難儀ですね。普段使わないようなものばっかり買い漁ってますんで、ちょっとジャンルが変わってきたかも知れません。身体を一番にがんばってきます。

  14. まるRR | URL | -

    >>zolaさん

    コメントありがとうございます。

     今もやはり情報が一番必要かなと思ってます。だんだん日常に戻る中で今一番は避難所がだんだん縮小してきているところでしょうか。学校などが始まりますと避難所としても使えないですし、だからと言っても遠くの場所へは自宅を残して避難出来ない。それにアスベストやヘドロの粉塵などで肺炎に羅漢する方が多くいるようです。早く仮説住宅を建てることが望まれますが、それもまた全員に行き届くにはいつになるのか、、こちらにいると実際のところはどうなのか、まだまだ分からないですね。

     今出来る事と長期的な支援が必要なんだと思います。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lifeisfreestyle2.blog79.fc2.com/tb.php/429-dab51abf
この記事へのトラックバック








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。