スポンサーサイト



--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





ウェットな路面対策



2011年03月08日 19:30

今朝は雨上がり、、、と思ったら霧だった。


IMG_2052.jpg
もやがかかる江戸川CR、菜の花がポツリ



 雨上がりってのは私にとってジテツウが出来るギリギリのライン。しかし霧ってのもなかなか自転車にとってはやっかいなもんだ。降ってないだけ服は濡れないものの、気温のわりには高めの湿度がシャツを濡らす。それに路面は完全にウェット、凍結路でない分だけマシと思いつつ、到着してみると自転車もジャケットもバッグもどろどろ。きっとチェーンもまた洗浄しないとダメかも知れん。そうだとしてもポリシーとして泥除けを装着することはしない。


それよりもウェットな路面状態こそ問題である。


・スリップする、制動距離が伸びる

 一番のリスクはブレーキの効きが悪くなる事。分かりきった事ではあるものの、当然の事ながら路面の上に薄い水の膜があるようなもんで、ブレーキが間に合わないこともある。カーブの頂点にあるようなマンホールも危険だし、側溝付近のフタもよくすべる。制動距離は速度に対応した慣性力と制動力(タイヤと路面の摩擦力)の兼ね合いで決まるが、この慣性力も制動力も重量に比例するため、最も重要なのは制動初速度らしい。


-----------------制動時間---制動距離-
-------------------------------------
--20km/h---dry------0.7s-------1.8m-
-----------wet------1.0s-------2.7m-
-------------------------------------
--25km/h---dry------0.8s-------2.9m-
-----------wet------1.2s-------4.3m-
-------------------------------------
--30km/h---dry------1.0s-------4.0m-
-----------wet------1.5s-------6.2m-
-------------------------------------
--35km/h---dry------1.2s-------5.6m-
-----------wet------1.7s-------8.5m-
-------------------------------------
--40km/h---dry------1.3s-------7.3m-
-----------wet------2.0s------11.1m-
-------------------------------------

制動距離 計算器を参照しました。

 30km/hで走行すればdryな路面に比べて2.2mも制動距離が伸びるわけだ。こんな路面のときは速度を上げずにつっくり、、、と言うか慎重に走らなければならないのは言うまでもないか。これだけ制動力に違いが出るからこそブレーキシューの減りも早くなるんだね。



・パンクしやすい

 タイヤと路面が濡れていれば、摩擦係数が低下して異物が刺さりやすくなり、パンクが起こりやすくなる。特に雨の日のパンク率は高く、そう言えば私もこの前のパンクは小雨の中で発生した。タイヤやチューブなどのゴムは濡れることで切れやすくなる。ゴムが水を吸って硬くなるためと考えられる。これはタイヤの劣化にも言えることだが。


・速度が伸びない

 これはスリッピーだとむしろ速くなりそうな印象なのだが、路面との間の水の膜によって、路面抵抗は上昇する。雨もそうだが、路面がウェットの場合は速度も低下基調となる。


・その他

 やはり汚れる。それにチェーンがどろどろになるって事は路面の水しぶきを巻き上げてるからであって、オイルも落ちてしまっているんだろうな。。。こっちの方が心配かもね。




 それでも私はジテツウを楽しむ。雨はやはり無理だけど、こういった雨上がりや霧の日なんかはジテツウを慣行するギリギリの線。こんな日もジテツウをしたくなるのはやはり楽しいからなのだろうか。雨上がりのキレイな空気を吸ってみると土手がだんだん黄色くなっているのに気づいた。


菜の花20110308
もう少しで春が来るね



関連記事


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン









コメント

  1. ken | URL | -

    Re: ウェットな路面対策

    今日は朝から靄ってるっと思ったら霧だったのですね。
    路面がウェットの日は濡れる(汚れる)のが一番嫌です。

    なので脆弱なうちは路面がウェットの日は休足日としています(笑)

    帰りは路面も乾いていたでしょうからええ感じで走れましたかね?

  2. makoto♪@rockbomb | URL | -

    Re: ウェットな路面対策

    基本、晴天ライダーなのでウエットな路面とは縁がないですが(^_^;)
    ブレーキの効き具合がドライな路面とはかなり差がありますよね。

    対策はやはりタイヤでちゃんと溝があるのを使うのがいいのでしょうね。
    スリックタイヤなんで変に路上に水まかれただけでビビりますww

    僕も泥除けは受け付けません!

  3. ぶるらいだー | URL | dpUdNvug

    Re: ウェットな路面対策

    今日はギリギリまで迷ったけど車にしました。
    でも昼間の天気を見ると後悔するんですよねぇ。
    雨上がりで自転車汚すと家の中に入れるのに大変なので
    難しいところです。(笑

  4. カレーパンマン | URL | 89zBIK8s

    Re: ウェットな路面対策

    先週の日曜日、雨の中つい走っちゃいました。
    MTBだったんですが、つばの広い帽子に
    ウンドウブレーカーで意外となんとか
    なるもんですね(笑)

  5. moumou | URL | -

    Re: ウェットな路面対策

    ウェットな路面は危険極まりないですね。私はなるべく乗らないようにしています。

  6. maruRR | URL | -

    >>kenさん

    本音は汚れる事が一番イヤだと思います。

     シートポストからサドルバッグ付近、さらにはバックパックまでドロドロですからね。それにチェーンも絶対に汚れを拾ってしまうんで、またバイクウォッシュが必要になってしまってます。軽く水洗いしたらしたで、またオイル指さなきゃいけないし、、、こういう日も走らない方がいいのかも知れませんね。

    帰りはご存知の通り南東の風でしたから、結局向かい風ですよ。ええ感じで走れた事は走れましたが、季節がまた一つ進んだ気がしますね。

  7. maruRR | URL | -

    >>makoto♪@rockbombさん

    雨の日はどうかと思いますけど、雨上がりはまだまだ狙える範疇です。

     私はツーキニストですから、まだウェットであっても問題なく走れますけど、スリックタイヤの場合は怖いと思います。ただウェット用となるとブロックタイヤににってしまいますから、これはこれで考えものですけど。ブレーキは効きが悪くなるだけでなく、ブレーキシューの減りも早くなりますから、注意が必要ですね。

    泥除け、、、ビヨーンってやつはちょっとやはり受け入れられませんし、効果の方もあやしいですもんね。

  8. maruRR | URL | -

    >>ぶるらいだーさん

    英断ですね。私も悩みましたが、ドロドロの自転車を見ると少々後悔しました。

     室内保管、、、いいですね~。ウチは自転車はおろかパーツすらも室内に入れてもらえません。なのでもっぱら自転車関係の活動はは室外(庭・ベランダ)が基本となってます。冬は寒さ、夏は虫と過酷な状況でメンテナンスを強いられる事もありますね。

  9. maruRR | URL | -

    >>カレーパンマンさん

    記事見ました~、小雨の中でもポタリング。

     小雨程度だったら何とかなるんですよね、自転車に乗るようになってから気付いたのは、雨にぬれても平気でいられる事。イィンドブレーカーのフードだけでも何とかなるもんですよね。ただ本降りはちょっとキツイですけど。私も全天候型サイクリストを目指したいと思います。

  10. maruRR | URL | -

    >>moumouさん

     危険がいっぱいですが、ジテツウ出来るか出来ないかのギリギリなラインが雨上がりだったりします。これを逃すと次にいつ出来るか分からないという不安感に襲われる事があるんで、やはり降ってなければ私の場合はゴーでしょうかね。

  11. Re: ウェットな路面対策

    以前はウェットでも、今にも雨が降りそうでも、自転車乗ってましたが、濡れた路面で
    滑って転んで怪我(軽傷ですが)してからは、無理しないようにしてます。
    パンクも汚れも嫌ですからね。

    僕は自転車に「スピード感」を求めているので、スピードの出せない路面では、今一つ
    楽しめないという理由もあるんですが、やはり安全面の方が重要かな。

  12. 酔猫庵 | URL | RqWBMyRA

    Re: ウェットな路面対策

    ウェット路面はいろいろとありますよね。

    特に急のつく操作は危険です。

    ワタクシもウェット時はかなり慎重に走ります。

    一番厄介なのは清掃ですよね。

  13. maruRR | URL | -

    >>Muirwoodsさん

    転倒が一番怖いです。スリッピーな路面はどうしても慎重に行かざるを得ないです。

     直感的には速度に影響が出るのは心理的な問題かと思いましたが、路面抵抗も増加して物理的に速度が出ないのは今回初めて知りました。やはり楽しむために自転車に乗っている訳ですから、コンディションが悪い時は乗らないのが一番なのかも知れませんね。安全面だけじゃなくて楽しめるかどうかってのも大事かと思います。

  14. maruRR | URL | -

    >>酔猫庵さん

    清掃ですか?水をまかれると滑りそうですもんね。

     私の場合は、濡れた路面は自動車の雪道走行と変わらないくらい慎重にならざるを得ないです。履いているタイヤはツーキニストで溝もあるんですが、安全面を最優先するのが一番ですもんね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lifeisfreestyle2.blog79.fc2.com/tb.php/401-ce3ba318
この記事へのトラックバック








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。