スポンサーサイト



--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





江戸川サイクリングロードの超攻撃的な北風の正体を考えてみる。



2011年03月04日 13:37

「寒の戻り」って言う事で真冬独特の強烈な北の向かい風。

 日差しが出ている分だけ寒さを感じる事はないものの、江戸川CRにドロップしてみると真北からの超攻撃的な向かい風が吹きつける。これだけ強い風が吹き付けると空が高く、久しぶりに江戸川CRからも富士山が見えた。今日は思えばここから富士山が見えたのは1月以来の事、景色はきれいに見えるものの向かってくる風には勝てず、結局は少し進んだだけで江戸川CRを降りてしまった。天気予報の風速は8~9メートル。江戸川CRは土手の上をサイクリングロードとして活用している事もあって感覚的はだいたい1.5倍増しくらいの風が吹き荒れている。今年2度目のリトリート。


プレスポ20110303
景色がキレイなのはいいのだが、、、



 この江戸川CRに吹き荒れる向かい風について、何度も何度も記事にしているのだが、イマイチ正体が掴めない。今日、たまたま地元の元鳶さんと話をする機会があって、この風の話をしてみると、この辺りの強風は昔から「筑波颪(つくばおろし)」と呼ばれているらしく、建前の時にはこの筑波颪に向かって矢を放ち、安全を祈願するような事もしたそうだ。

 筑波颪(つくばおろし)とは、茨城県南部から千葉県北部にかけての地域で冬期に吹く冷たく乾燥した北西風のこと。日本付近が西高東低の冬型の気圧配置になった場合に、日本海から日本に向かって北西の湿った季節風が吹き込む。これが山脈に雪を降らせ太平洋側に吹き降りるが、乾燥した冷たい北西風となって関東地方に強風をもたらす。茨城県南部から千葉県北部にかけてにおいて筑波山を見通すことができることから、この風を「筑波おろし」と呼ぶ。実際に筑波山を吹き下りてくる風が直接当たる範囲とは関係なく呼ばれている。

 過去には新潟が雪の場合は、関東は空っ風と記事にした事もあるし、「上州空っ風」みたいな風が利根川を通じて江戸川にも流れてくるもんだと思っていたが、それだけでは説明出来ないようだ。



前述の元鳶さんはこうも言っていた。

 「今日みたいな風は本当の筑波颪(つくばおろし)じゃないだよ、本当に筑波山の方か吹いてくる"東風"を筑波颪(つくばおろし)って言うんだ。筑波颪(つくばおろし)が吹いたら次の日は雨、仕事にならないんで矢を放って筑波颪(つくばおろし)が吹かないようにするんだよ。」

 なるほど。先日の渡良瀬往復で遭遇した東風こそが筑波颪(つくばおろし)だな。江戸川と利根川が交差する関宿付近は複雑な風が入り乱れる。なので江戸川と利根川で真逆の風が吹いたりするんだね。って事は冬場の関宿往復は、帰りは埼玉側の右岸ってのがいいのかな。


冬場の関東地方を襲う強風について調べたデータがあったので、アップしてみる。


aw42_1.gif
Bio weather service 異常気象を追う

 Ⅰ型・Ⅱ型は西高東低の典型的な気圧配置の場合に吹く風、Ⅰ型が北風、Ⅱ型が北西の風、そして今回の筑波颪(つくばおろし)はⅣ型だろうか。Ⅲ型はほとんどの風が江戸川に向かって集束してくるのだが、もしかしたら今日のような風がⅢ型なのかも知れない。だとしたらこれは仕方が無い事なのだろうか。


 帰り道、真夜中の江戸川サイクリングロードは風が止み、深々と気温が下がって澄んだ空気が夜空を際立てる。冬の代名詞であるオリオン座は西の空に沈みかけ、赤く光るベテルギウスだけが地表近くで妖しく光る。変わって南の空からは夏の星座の代名詞であるさそり座が昇ってくる。ギリシャ神話にあるようにオリオンは本当にさそりがキライなようだ。そして天頂には土星が輝き、そろそろ本格的な観測シーズンを迎える。確実に季節は移り変わっている事を実感してみたりもした。春はもうすぐそこまで来ている。寒さに耐えるのもあともう少し。もう少しだからがんばってみるか。



 たまたまyoutubeに江戸川CRの強風を誰かがアップされていたので便乗して貼ってみる。場所は右岸の35km付近?ゴルフ場あたりかな??ここまで来ると身の危険を感じざるを得ない。



江戸川CRを吹きつける北風はこんな感じ




関連記事


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン









コメント

  1. 酔猫庵 | URL | RqWBMyRA

    Re: 江戸川CRの超攻撃的な北風の正体を考えてみる。

    ワタクシは江戸川放水路付近に住んでいます。

    冬は北から、夏は海から吹きすさびます。

    今日も河川敷を漕いできましたが強烈な北風です。

    風除けがないので大変ですよね。

  2. Re: 江戸川CRの超攻撃的な北風の正体を考えてみる。

    私も1月に江戸川の突風(逆風)を経験したので、良く分かります。
    荒川はどちらかと言うと東西に延びていますが、江戸川はかなり真っ直ぐ南北に伸びている
    ので、北風はもろに来ちゃいますよね。

    maruRRさんは、じてつう時に江戸川を利用されてますが、休日には荒川とかも行かれること
    ありますか?  さすがに多摩川までは滅多に行かないでしょうけど。

  3. maruRR | URL | -

    >>酔猫庵さん

    強風対策が必至ですよね~。

     私はおっしゃられている"夏場の海風"の方が実は嫌いだったりもします。夏場のヘトヘトに疲れた復路が向かい風になりますんで。夕涼みにはいいんですが、汗だくの向かい風も辛いもんがありますよね~。

     スーパー堤防化が進んでますんで、やはり土手の上は変わらんでしょうね。利根川まで行くと河川敷にサイクリングロードを作ってましたが。せめて松林でも作った方が良いんじゃないかとも思いますね。

  4. maruRR | URL | -

    >>Muirwoodsさん

    荒川も近いのですが、まだまだ未開発ですね~。

     実は荒川で北上した事がないんです。いつも荒川だと南下して海を目指す習性があるようですね。荒川は河川敷ですから幾分風の影響は少ないですよね。多摩川も攻めてみたいんですが、やはり遠いですね~。学生時代は多摩川付近に住んでいたんで、ぜひ自転車で行ってみたい気もします。

    春になれば江戸川北上も向かい風になりますよね~。

  5. makoto♪@rockbomb | URL | -

    Re: 江戸川CRの超攻撃的な北風の正体を考えてみる。

    江戸川CRの強風は尋常ではないですね。

    風が吹かない時期とかあるんでしょうかね?
    いつも向かい風(^_^;)

    一度は行ってみようかなと思う江戸川CRです
    荒川CRも行って見たいです。

    僕の最近のホームは多摩サイですかね
    近くに鶴見川CRがあるんですが河川敷改修工事で迂回&砂利で
    今は行ってないです。

    多摩サイお越しの時はは是非一緒に走りましょう!

  6. moumou | URL | -

    Re: 江戸川CRの超攻撃的な北風の正体を考えてみる。

    筑波山から吹く北西風なんですね。翌日は雨ですすか。何だか姶良市に降る桜島の灰みたいですね。翌日はほぼ雨です。流れてくれるので有難いんですけどね。

  7. maruRR | URL | -

    >>makoto♪@rockbombさん

    冬場は特にそうですね~。

     裏を返すと私と逆方面にジテツウされてる方々は追い風でガンガン飛ばしてきます。もう少しすれば南風に変わりますんで、そうなれば私側が追い風になります。

    多摩サイにぜひ遠征したいですね。その時はよろしくお願いします。

  8. maruRR | URL | -

    >>moumouさん

    地域ごとに特有の風ってのがありますよね。

     新燃岳もそうですが、桜島の降灰の影響ってのは私たちにはきっと想像を絶するものなんじゃないかなって思います。雨で流れててもきっと真っ黒になってしまったりするんですよね?なかなか自転車生活も大変そうです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lifeisfreestyle2.blog79.fc2.com/tb.php/390-ff182e8d
この記事へのトラックバック








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。