スポンサーサイト



--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





メテンナンス三昧、、、ようやく修理完了。



2011年02月27日 00:01

今日はメンテナンス三昧な一日にする事にした。

 パンク、、、これを治すのはもちろんの事、不安をかかえたまま乗る訳にもいかないのは当然の事。先日のパンク修理不能に陥った教訓も含めて、本日は完全にメンアテナンスに没頭する事にした。行ったメンテナンスは以下の通り。

・リムテープの交換(前・後輪)

・チューブ交換(前・後輪)

・バイクウォッシュ

・チューン洗浄

・サドル交換


まずは、リムテープの交換から。

 現在のリムテームは訳ありのシュワルベ14mm。本来プレスポに適するリムテープは16~18mmと言われている。純正リムテープはしょぼいもんで、12mmのものが装着され、さらにはニップル穴がむき出しになっているようなものなので、交換は必至と言われているし、実際私のプレスポもそうであった。当初は装着手技が困難であっても耐久性の強いshimano18mmの装着を試みたものの、あえなく失敗して破損。間違えて購入していたシュワルベ14mmで妥協していたところであった。結局これもズレてしまいニップル穴がむき出し状態になってしまったのだが。今回は前回のリベンジ、再度shimanoのリムテープを装着してみる。


シマノリムテーム リムテープ装着
シュワルベ14mmとshimano18mm、そして装着後


 やはりshimanoのリムテープは固い、そしてはめ込むのにかなりの時間と力を要したものの、今回は何とかはめ込む事が出来た。コツは左右均等にはめて行く事らしいのだが、最後は力技でタイヤレバーでねじ込んで事なきを得た。これに比べると装着手技的にはシュワルベやパナのものはかなり楽なのは確か。自身自信の無い方はシュワルベが良いとのシュップ店員の言葉を思い出した。


リムテープの装着方法はサイクルベースあさひのメンテマニュアルを参照。

リムフラップの交換 動画付き




次にチェーン洗浄を先に実施する。

 カッターでチェーンを切断し、いつも通りペットボトルの中へ灯油を入れてチェーンをどぶ漬け。一か月も経っていないのにチェーンはどろどろ。みるみるうちに汚れが落ちて灯油は真っ黒になってゆく。今日はkenさんのblogで紹介されていた"チェーンの浅漬け"で、チェーンにオイルを浸透させてみる。


チェーンの浅漬け
チェーンの浅漬け!?



 ジップロックなどの密封出来る袋に洗浄後のチェーンを入れて、オイルを塗布して密封。そのまましばらく待てばしっかりとチェーン全体にオイルが染みわたる。今回はメンテナンスの間中漬け置きしたので、しっかりねっとりとオイルが浸透していた。いつもはチェーンの一コマづつオイルを塗布していてもサイドにうまく塗れていない場所があったりとかしたもんだが、この方法はかなりグッド。何よりも使うオイルの量がかなり少なくても済むところが良いね。



チェーンの浅漬けを作っている間にバイクウォッシュ。

 パーツ類を外して基本水でゴシゴシ洗う。私は自動車用の洗剤を使って豪快に洗う。まぁ油汚れなどは取れない事も多いので、クランクやスプロケットに着いた油カスはディグリーザーで除去する事にしている。洗い終わったら洗濯ものと一緒に干しておく。


IMG_1937.jpg IMG_1939.jpg
洗濯ものといっしょに干されるプレスポ




そして、肝心のチューブ交換。

 路上パンクの最大の要因は空気圧不足と自己完結、しかしながら続発したパンクは確実に手技的なもの。落ち着いてメンテをすればパンク修理はそんなに難しい事ではないのだが、、、もう一度あさひのメンテマニュアルを参照してみる。

タイヤ・チューブの外し方・とめ方 動画あり

 ポイントは2つ、チェーブはリム側に、バルブは最後に、、勘違いしていたのだが、タイヤを外してチューブを交換するところまでは良いのだが、最初にバルブを差し込んでから、チューブをタイヤ側に入れてゆき、エアを若干入れて馴染ましてから、ビードを手で押し込んで、最後はタイヤレバーでぐいっと入れ込む、、、と言う手技を行っていた。若干マニュアルとは違うか。

 これが全てではないと思うが、やはり独自の手法はトラブルの元。マニュアルにのっとってチューブ交換を実施してみると以外意外な手技の問題点が浮かび上がってきた。


・バルブ挿入後、ビードがチューブの裏にきてしまうため、チューブを噛みやすい

・ビードをバルブ側反対側から入れていくと、やはりバルブ根元に負荷がかかる

・最後にタイヤレバーでビードを押しこむ時に、チューブを噛みやすい


などなど、チューブの噛み込みは最後ビードをはめた後に、点検する事でミスを防げそうだ。



パンク_06
チューブの噛み込み、こうなったらやり直し



 無事、チューブ交換も終了。浅漬けしたチェーンはかなりオイルが浸透している様子。ただしこのねっとり感のままチェーンを再接続するが少々難儀であったが、無事に接続完了。コネクトピンはさすがにオイリーな状態のために差し込みやすい。


最後に念願のサドル交換を実施。


selle italia XO selle italia XO プレスポ
sella italia XO GENUIE GEL



 サドルの話はまた後日、とりあえずメンテナンスもここまでやると時間もかかるし、それに疲労感もぐっと来る。このままライドに出かけようかと思ったが、所要所用発生にて今日はここまでとする。




※ 2/27 10:52 "通りすがり"さんのご指摘を受けて修正しました。
関連記事


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン









コメント

  1. makoto♪@rockbomb | URL | -

    Re: メテンナンス三昧、、、ようやく修理完了。

    おはようございます!
    なんか 今日東京マラソン見たいですね(´・ω・`)ショボーン
    R15北上計画は中止します。
    とてもじゃないけどルートにハマったら走れませんからねw

    シマノのリムテープは見た目しっかりしてますね
    18mmだとリムに嵌ったらずれる気はしませんよね^^

    セラ・イタリアのサドルは若干硬めだけど馴染むと快適らしいので気になってます。

  2. カレーパンマン | URL | 89zBIK8s

    Re: メテンナンス三昧、、、ようやく修理完了。

    シマノのリムテープ、かなり太そうですがよくはめられたな~。
    ロゴとカラーがかっこいいからボクも替えようかと思ったけど
    外からは見えないんですよね(笑)

  3. ken | URL | -

    Re: メテンナンス三昧、、、ようやく修理完了。

    リムテープはシマノは堅いみたいですね。
    なのでうちはパナにしてみました。
    シマノは最悪切れる見たいなのでご注意下さい。
    #無事に入ってよかったです。

    あ。チェーンの浅漬けですが、取り付け前に余分な油は拭いて下さいね。
    そうしないと綺麗になったのに直ぐに砂埃を吸い付けて汚くなりますよ(;´Д`)

  4. 通りすがり | URL | eCUuu8f.

    Re: メテンナンス三昧、、、ようやく修理完了。

    どうでも良いことだが

    自身のない方はシュワルベの.... → 「自信」の無い方は....

    以外な手技の問題点が浮かび上がってきた → 「意外な」手技の問題点が...

    所要発生にて今日はここまでとする。→ 「所用」発生にて...

  5. maruRR | URL | -

    >>makoto♪@rockbombさん

    おはようございます。

     東京マラソンの最中は自転車も規制されるんでしたっけ?あの人出では自転車ですり抜けるのは厳しそうですね。せっかくの南風なんで北上したくなる気持ちも良く分かりますが、今日は止めた方が無難ですね。

     18mmリムテープに最初からしておけば良かったです。これならズレる事もないでしょうね。やはり妥協はいけないって事だと思います。シマノはやはり固かった、、、、

     サドルのインプレはもう少し乗ってからにします。見た目はかなり変わりますね。

  6. maruRR | URL | -

    >>カレーパンマンさん

    だいぶ格闘しましたよ。2本で小一時間粘ってようやくねじ込みました。

     私の鉄下駄ホイールでもシマノのリムテープを付けてみると、それなりに見えてくるから不思議なもんです。外見じゃなくて、見えないところにも気を使うのはオシャレの基本かも知れませんね。

  7. maruRR | URL | -

    >>kenさん

    私、一本切れました。なので今回リトライです。

     切れるって言っても装着中じゃなくて、一度はめた後に無理くり外そうとして切れてしまったので、装着時はグっと力技でねじ込んでも切れる事は無いんじゃないですかね。まぁ無理はダメだと思いますけど。耐久性はピカイチらしいですし、この幅ならニップル穴が見える事も無いと思いますので、一安心と言ったところでしょうかね。

     浅漬けに使うオイルはドライ系でもいいんでしょうか?私ウェットでやったんですが、これならドライ系でも十分な気がしています。チェーンがすぐ汚れてしまうんで、ウェットからドライに切り替えようかと思ってるところです。ウェットだとどうしても拭き残しが多くなるんですよね。

  8. maruRR | URL | -

    >>通りすがりさん

    ご指摘ありがとうございます。

    さっそく修正させて頂きました。

    この年になっても誤字ばかりで、、、申し訳ありませんでした。

    今後は校正をもう少ししてからアップするようにいたします。

  9. くろすけ@準備中 | URL | VWFaYlLU

    Re: メテンナンス三昧、、、ようやく修理完了。

    サドル交換しましたか?!僕も交換したくてうずうずしてるのですが、どうせ交換するなたシートポストも一緒に交換しようと思い、現在何を購入するか検討中です。

    リムテープはやはり適正幅のものを装着するとバシッと決まりますね。ツーキニストはパンクしにくいタイヤということなので、空気圧管理さえすれば暫くはパンク回避できそうですね

    ちなみに、僕はチェーンオイルはドライです。ドライは拭き取りが楽なのでチェーンクリーナーで拭き取ったあと注油をするだけで大体OKです。スプロケもそんなに汚れませんよ。

  10. ken | URL | -

    Re: メテンナンス三昧、、、ようやく修理完了。

    うちはグレサージュ VS-666を使っていますが、INNOTECH SIL105が最近気になってるので買うか悩んでます。
    #手で触ってもさらさらなくらいドライらしいです。

    ウェットは汚れが目立つのでドライがええのでしょうが、ええチェーンオイルに巡り会うまでが遠いかも?w

  11. moumou | URL | -

    Re: メテンナンス三昧、、、ようやく修理完了。

    メンテナンスは気持ちいいですね。チェーンの方は更に綺麗にまわるようになったことでしょう。おニューのサドルはどうでしょうね。私は昨日の100km越えで激痛でしたけどお尻のパッドを少し増やした方が良さそうです。

  12. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  13. tour_de_4453 | URL | -

    Re: メテンナンス三昧、、、ようやく修理完了。

    パンク修理なんてほとんど慣れだと思いますよ。
    私もパンクやタイヤ交換、前後輪のローテーションなどで
    2年間でおそらく20回~30回くらいはタイヤの脱着を経て
    やっと10分以内にチューブ交換をして復帰できるレベルになりました。

    その間はタイヤレバーで新品のチューブをお釈迦にしたり、
    チューブ噛みこんでバーストしたり、
    ゴムのり乾く前にパッチ貼ってすぐエア漏れしたり
    タイヤレバーを折ってしまったりと、
    パンク修理でよくやる失敗は一通り経験しました。

    まぁ最初から正しい手順を間違えずに行って、普通に問題なく治せれば結果オーライなんですけど、
    一通り失敗を経験すると
    「この異音はどこかでチューブ噛みこんでるな」とか
    「これ以上力を入れるとタイヤレバー折れるな」
    などと、己のメンテナンス感覚が研ぎ澄まされていくんですよね
    私の意見としては失敗は己の貴重な経験値になっていきますよ。

    自転車店の人の流れるようにスムーズなパンク修理も
    素人とは比べ物にならない場数をこなしているからで、
    彼らも最初は一通り失敗は経験していると思います。

  14. kanoka | URL | -

    Re: メテンナンス三昧、、、ようやく修理完了。

    こんばんは!
    チェーン外して洗浄するのであれば、ミッシングリンクへの交換をお勧めします。
    信頼性も高いし非常に簡単ですよ!
    サドル交換のインプレ楽しみにしています!

  15. maruRR | URL | -

    >>くろすけ@準備中さん

     サドルはselle italiaのXO GENUIE GELを実店舗で購入です。ゲル入りなんで、めちゃくちゃ固いという印象はありません。まだまだ距離を走ってないので、何とも言えませんが、お尻はそんなに痛くないですね。

     最初っから18mmにしておけば良かったと後悔してます。まさに"ビシ"っとリムにしっかりとはまってくれますね。これならばリムテープのズレなどは起こりそうもありませんしね~。

     ドライでやはり十分ですよね。ウェットはそろそろ卒業してドライで行く事を検討します。

  16. maruRR | URL | -

    >>kenさん

    INNOTECH SIL105の売り文句が本当ならば買いじゃないでしょうか。

     手が最近汚れまくってしょうがないです。そしてズボンの裾もすべて右側だけ真っ黒になってしまうし、そのまま家に入ると床に点々と油汚れが付着するので、怒られっぱなしです。やはりドライ系に転向すべきな時期に来ているかも知れません。

  17. maruRR | URL | -

    >>moumouさん

    温かいお言葉ありがとうございます。

     おニューのサドルで一回りしてきましたが、今までとはまったく別の世界ですね。お尻は思ったほど痛くなく、座るというよりも支えると言った印象で、長い距離をこれで走れるかはちょっと不安なところです。

     チェーンはしょうがないんですよね、一か月待たずしてどろどろなんですよね。やはり拭きとりが甘いのかも知れません。今度ドライに変えて試してみようかと思ってます。走りに影響というよりは必然的に、、、って感じですね。

  18. maruRR | URL | -

    >>tour_de_4453さん

    失敗から学ぶ事って多いですね。

     私のようなロンリーライダーは、失敗しない限りは学ばないのかも知れません。blogなんぞをやってるお陰で、皆さまから色々と教えていただけるの分だけ幸せですけどね。かくゆう私もタイヤレバーは数え切れず、リムテープも切りましたし、出先でチューブの噛み込みですからね。経験値を上げてゆくしか無いんだと思ってます。

     10分って一つの目安ですね。私も練習含めてがんばってみます。

  19. maruRR | URL | -

    >>kanokaさん

    こんばんわ。ご訪問ありがとうございます。

     そうなんですよね、チェーンをこんなにも切ってばかりでいいのかな?と思っていた次第です。ミッシングリンクへの変更も考えた方が良さそうですね。近所のショップは安全性をタテに売ってないんですよね。

     サドルはもう少し乗ってみないと分からない印象です。これまでのものがかなりクッション性が高いサドルだったんで、ゲル入りとは言え固い印象を受けました。ポジションを調整すれば痛みは気にならなくなりますが。長い距離を乗る時には少々不安ですね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lifeisfreestyle2.blog79.fc2.com/tb.php/386-c0bc8bd1
この記事へのトラックバック








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。