スポンサーサイト



--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





プレスポにビンディングペダル PD-A530にペダル交換



2011年02月17日 23:39

プレスポにビンディングペダル、これはある一線を超える事になりそうな雰囲気。


PD-A530内容物
PD-A530の梱包物


 さて、さっそく到着したPD-A530の内容物を確認する。左右のペダル本体とシングルクリートであるSM-SH51が1セット付属している。そして取説一式。プレスポは黒パーツで固められているので、やはりPD-A530もブラックを選択した。



PD-A530フラペ側 PD-A530クリート側
向かって左がフラット側、左がクリート側



 箱から出すとなんとなくオイルでヌルヌル、それほど強い油ではない。クリートパーツは無くさぬように保管し、さっそく現在のプレスポに付いている純正ペダルの取り外しから作業を始めてみる。


 ペダルを外すに当たって当初考えた事は専用工具ではなく、ノーマルな工具で対応する事が出来ないか?という事。ペダルは15mmの薄型スパナがあれば回りそうだ。実際、100円ショップで売られている薄型スパナでペダル交換した強者もいるようだが、少々不安が残る(一応やってみたのだが、工具が歪んでうまくペダルを外す事が出来なかった)。ちなみに推奨締付トルクは35~55N・mとかなり強い力で締め付けられている。6mmアーレンキーで取り付ける事も可能だが、取説では十分な締付トルクが確保出来ず"不可"とされていた。

shimano PD-A530 取扱説明書 pdf

 

さて、ペダルの取り外し・取り付けを実施してみる。まずは準備と作業の確認。


●準備したもの

・PD-A530ペダル左右、左右は本体に刻印

・15mmペダルレンチ (グランジ ペダルレンチ)

・3mm、4mmアーレンキー

・パーツクリーナー

・グリス(Dura-Ace)

・ウェス

※3mmはペダルバネ力調整用、4mmはクリート固定用



●ペダル交換作業手順

・進行方向に向かって右脚側を右ペダル、左脚側を左ペダルと呼ぶ

・右ペダルは通常ネジ巻き、左ペダルは逆ネジ巻き

・まずは右ペダルの取り外し、左回り(時計とは逆)でペダルが外れる

・そして左ペダルの取り外し、右回り(時計方向)でペダルが外れる

・外した部位をパーツクリーナーを吹いて、ウェスできれいにしておく

・ペダルネジにグリスを塗布、これは固着を防ぐだけでなく締付トルクを十分かける意味もある

・取り付け、ネジの向きに注意

・最後に余分なグリスをウェスできれいにふき取る



作業手順はこれだけ、実際にペダル交換作業を実施してみる。


 まずはペダルのバネ力調整、初心者は最弱にしておく。クリート面のネジで調整出来るので、(-)側に3mmアーレンキーで回るだけ回しておく。そしてペダルネジにグリスを薄く塗っておく。たっぷり塗れと書いてあるblogも多いが、余分なグリスは必要ないらしい(近所のショップ店員さん談)。


調整ネジ グリス塗布
ネジは(-)へ4回転半くらいで回らない(左)、トルクを十分かけるためにグリスを塗布(右)



 そしてペダルの取り外し、固着したペダルの場合はCRCでも吹いてみるといいらしい。幸いながら私のプレスポは簡単にくるっと回った。さすが専用工具。しかし逆ネジは向きを考えるのが難しい。普段は"の"の字を描くとネジは締まる。
 ペダルを外す時はそれなりの力を要する。外すのはと逆側のクランクを手で固定しながらテコの原理でぐるっと回すと案外簡単に外れる。


右ペダル取り外し 左ペダル取り外し
右ペダルは左回り、左ペダルは右回りに回すとペダルが外れる



 ペダルの取り付け、その前にクランクタップ部分にパーツクリーナーを吹いて内部の清掃、ウェスでふき取って乾燥させてからペダルを装着。装着とは逆に右ペダルは左回り(時計とは逆)、左ペダルは右回りでペダルを取り付ける事が出来る。これも反対側にクランクを持ってぐっと力を入れればネジを絞めこむ事が出来る。ペダルを取り付けたら余分なグリスをウェスでふき取り、ケイデンス用のネオジム磁石をペダル軸に張りつけて完成。


PD-A530装着
ついにビンディングペダルをプレスポへ装着



 試走、その前にシューズへクリートを装着。位置については拇指球付近とされているが、走ってみなきゃ分からんので、とりあえず最前方中央付近に取り付け。位置を合わせて4mmアーレンキーで装着出来る。


シングルクリート 装着例
ようやくSPDペダルとシューズを装着する事が出来た



 そしてようやく試走。ビンディングペダルに慣れてない私がいきなり公道へ。いや、こればっかりはネジを増す絞めしなきゃならんのでしょうがない。シングルクルートは踵を横方向ズラすと外れるのだが、慣れないうちはまずキャッチ出来ない。ちょっと走って再度ネジを増す絞め。クリート側も。これで本当に完成。試走は自宅から夕暮れの水元公園を一周しながらビンディングペダルの感触を確かめた。



全体像
ペダル周りがだいぶスマートになった印象



 このまま10kmくらいポタって自宅へ帰る。サイコンを忘れたので記録はなし。もちろん公園内なので速度は出さない。何度も何度もクリートを外してはキャッチ、ガチャっとはまる感触が気持ちいい。雨の予報ではあるものの東の強風が吹き荒れて雲を吹き飛ばして夕陽がきれい。外すよりも正確にキャッチする事の方が難しい。クリートの位置もまだアバウト、この辺りはまだまだ調整が必要だが、初ビンディングペダルでポタリング完了。

 明日は雨っぽいので、チャンスは土曜。本格的なクリート位置調整や、ビンディング装着練習、そして立ちゴケ練習は土曜日のジテツウの時にしてみようかな。




by カエレバ



関連記事


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン









コメント

  1. ken | URL | -

    Re: プレスポにビンディングペダル PD-A530にペダル交換

    ぉぉ。早速交換したのですね(。・ω・。)
    クリートの位置出しが難しいみたいですね。

    タチゴケにご注意くださいね!

  2. たーちゃん | URL | mQop/nM.

    Re: プレスポにビンディングペダル PD-A530にペダル交換

    おはようございます。

     ビンディングシューズの有る無しは、自動車で言えばターボの有る無しのように違いを実感することができます。
     クリートを取り付けるとき、位置あわせのため、仮止めの状態にしてペダルに踏み込んだ際、クリートだけがペダルについた状態でシューズから外れてしまうことがありますが、そうなったら、ペダルを分解しなければならないので要注意です。

    それでは更新頑張ってくださいね☆ポチ

  3. moumou | URL | -

    Re: プレスポにビンディングペダル PD-A530にペダル交換

    やや、できましたね。分かりやすい解説ありがとうございます。これを参考に自分で交換される方が出てきますよきっと。
    私がこけたのは固定しているのを忘れたときなので慣れた時が危ないと言われています。

  4. Re: プレスポにビンディングペダル PD-A530にペダル交換

    遂にA530装着ですね。 僕もA530のブラックですよ。
    さて、僕がA530を装着したのは、去年の4月でしたが、初めて履いて乗ったときは、ビクビクしていて、ノロノロと走っては外し、外しては付け、とやっていたので、今日の記事を読ませて頂いて、当時のことを懐かしく思い出しました。

    最初は「ちゃんと外れるのか」とおっかなびっくりでしたが、外す方が先に慣れますよね。
    装着に慣れるには、そうですねぇ。。。100kmくらい、いや100回くらいですかね。
    1ヶ月もすればスッカリ慣れてしまい、立ちゴケの危険が。。。(^^ゞ

    慣れた頃が怖いので、気を付けて下さいね。

  5. くろすけ@準備中 | URL | VWFaYlLU

    Re: プレスポにビンディングペダル PD-A530にペダル交換

    人馬一体ですね。引き足マッチョになってセンチュリー頑張ってください(笑)
    だんだんクリート部分が錆びてくるので要注意です。専用工具ってあるとメンテするのに便利ですよね。あさひで工具セット買ってしまおうかな・・・。

  6. ツーキニストR51 | URL | NE/RE8Ms

    Re: プレスポにビンディングペダル PD-A530にペダル交換

    おめでとうございます。自分は両面SPD使ってます。両面の場合は探すことなくカチッです。自分はクリート調整のときはクリートを靴の小指側(ペダルにはまると内側に近い)の端につけてそこからずらして設定していきます。左右の足だとジャストの場所はけっこう違いました。

  7. maruRR | URL | -

    >>kenさん

    クリートの位置調整って難しいですね~。

     ちょっと長い距離を走ってみないと適切な位置がどうも分からんですね。これから調整に入ります!来るべき立ちゴケに対して色々とシミュレーションもぬかりありません。ケガは怖いですけどね。

  8. maruRR | URL | -

    >>たーちゃんさん

    こんばんわ~。

     "ターボ"ですね、まさに名言です。それまでになかった加速とかトルクフルなパワーを感じています。しばらくは操作に慣れるように練習が必要そうですが、やはり頭で考えるよりも慣れが必要ですね。

     位置調整はまだ良く分からんですね。そう言えばクリートがカタカタ言ってましたので、やはり固定をしっかりしないとヤバそうです。そういうとこも注意しないといけないですね。

  9. maruRR | URL | -

    >>moumouさん

    完成です。交換手順はそんなに難しいもんでもなかったですね。

     クリートの調整が難しいです。理論上の話だけでなく、実際に長い距離を乗ってみて、ヒザの痛みが出ない位置に合わせるようにロングをまたしないといけないですね。慣れ、、、まずはそこを目指すのですが、やはり慣れた時こそ注意が必要なんですね。

  10. maruRR | URL | -

    >>Muirwoodsさん

    100回ですか~。やはり長い距離で慣れるのが一番良さそうですね。

     確かに外す方は案外早く慣れそうです。バネを最弱にしてるのもあると思うんですが、イザとなればヨコ方向に力技で外れそうな感じです。ただ無理すると壊れそうでなんか怖いですね。キャッチするのは、、、なかなか目で見ないとまだしっかりとキャッチできないばかりかグリっとイヤな音がするので、壊しそうで怖いですね。

     ビンディング・ペダルに慣れるようにちょっとまた長めの距離を走ろうかとも考えてます。


  11. maruRR | URL | -

    >>くろすけ@準備中さん

    これでセンチュリーがんばりたいんですが、もう少し慣れないとダメですかね。

     引き足、ビンディングでどこまで変わるか楽しみです。ハムストリングをうまく使って、ムチムチというよりはしなやかな感じの脚を手に入れたいですね。

     専用工具、、、あるといいですね。ビギナー向けでいいから専用工具セットが私も欲しいところです。

  12. maruRR | URL | -

    >>ツーキニストR51さん

    ありがとうございます。

     両面SPDは私も悩みました。直観的にクリート面を探す事が本当に出来るのか、今となっては両面でもいいのかなとも思います。ただスニーカーで乗る事も原点ではありますので、片面でがんばってみようかと思います。

     なるほど、小指側から調整してゆくのは理にかなってますね。私もその方法でやってみようかと思います。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lifeisfreestyle2.blog79.fc2.com/tb.php/376-7501da60
この記事へのトラックバック








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。