スポンサーサイト



--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





サイクリストはサドルバックで語る



2011年02月09日 10:19

 サイクリングロードで追い抜いて行くローディさんたち。ペダリング技術やポジションなど参考になる事が沢山あるし、お尻や脚など見どころ満載(決して変な意味ではなく)。そんな中、やはりサドル周りってのはサイクリストにとって主張すべきところなのかなと最近思ってきた。年季の入ったサドルバッグはそれだけでサイクリストの戦暦を物語っている気がする。サイクリストは背中で語るのでなく、サドルバッグで語れ、、、とは誰も言っていないか。

 かたや、私のサドルバッグはまだまだ半人前なエントリーモデルの小さいヤツ。そんなサドルバッグも一年付けぱなしだと、やはり汚れが目立つし日焼けもしてきた。洗車したついでに装備品の点検も含めてサドルバッグのお手入れを久しぶりにする事にした。


私が使ってるサドルバッグはこんな感じ。

by カエレバ



 大きいのは好きではない。スッキリと自然にサドル下に収まる感じで容量が一番小さいものを選んだ(マイクロサイズ)。容量は0.41Lしかないのだが、最低限な装備はしっかりと収まる。中には小さいポケットが2つとフックホルダもついてるし、外装にはテールランプが引っかかるバンドがついているのが何とも嬉しい。私のサドルバッグの中身はこんな感じ。


サドルバッグの中身
私のサドルバッグの中身はこんな感じ



●主な装備は以下の通り


・予備チューブ(中古)

・マルチツール(トピークヘキサスⅡ)・取扱説明書

・単4電池*3本

・ボタン電池CR2032*1個

・英式→仏式変換アダプタ

・交通安全お守り

・テールランプはサドルバッグにキャットアイTL-LD130をCクリップという付属品で取り付け


 サドルバッグ自体の重さは公称85g、上記装備品をすべて入れると487gだった。まだバッグ自体には余裕がある。中身については予備チューブはパンク修理済みな昔使ってたヤツを緊急避難的に。パンク修理は出先でする事もないのでパッチとかは持たず。マルチツールはトピークのヘキサスⅡで十分過ぎるツールを装備、サイドカバーがタイヤレバーにもなる優れもの。説明書を見ないと複雑なツールは使えない事が多いので取説は常備している。予備電池はGENTOS導入のおかげで単4にすべて統一する事が出来た。CR2032はSUUNTO t1cのトランスミッター用。携帯ポンプはフレームにマウントしてあるけれど、非力なので変換アダプタも装備している。高圧でなくても変換アダプタは5気圧も入れれば外れる事が多いので、シールテープでしっかりカバーしておく。最後は交通安全お守りもサドル近付けでは無くす恐れがあるので、バッグ内のフックに付け収納する事にした。

 予備チューブは空気を入れ直して点検、電池類も同様に点検テスト。変換アダプタのシールテープを巻きなおして装備品の安全を確認。もう少し何か入れてみたい気もするが、まぁ私にとってはこれで十分かと。まだ出先でパンク修理などをした経験はない。転ばぬ先の杖的な装備である。


最後はドロドロなサドルバッグを水洗いして乾かす。


サドルバッグ洗濯
たまにはお洗濯をしてあげないと


 良く見ると、私のサドルバッグもずーっと付けっぱなしだったので、かなり日焼けで色があせてきた。こんな小さなバッグだけれど、何となく愛着もわいている。もっともっと走り込んで皆さまのように静かにサドルバッグで語れるようなサイクリストになりたいもんだね。

関連記事


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン









コメント

  1. Re: サイクリストはサドルバックで語る。

    関宿(渡良瀬)往復お疲れ様でした。
    向かい風のの中の単独走行は辛いものがあったでしょうが、走り慣れた江戸川なので、
    まあ余裕でクリアだったのかな?

    さて、僕も同じTOPEAKのサドルバッグ使ってます。
    Muirwoods号は「一番大きいやつ」、Cervelo号は「一番小さいやつ」を着けてます。
    Muirwoods号は車体自体が重いので、サドルバッグに入るだけモノを詰め込んでいたので、
    総重量が凄いことに(約16kg)なってました(^^ゞ

    Cervelo号に乗る場合、荷物はジャージのポケットやバックパックに分散させてます。

  2. makoto♪@rockbomb | URL | -

    Re: サイクリストはサドルバックで語る。

    僕も同じトピークのサドルバックですね^^
    一番小さくて安いので買いましたw

    中身は予備チューブ(新品)、タイヤレバー、携帯工具、携帯ポンプアダプターこれないと携帯ポンプがほとんど使い物になりません。

    電池はその時によって持ってたりなかったり(^_^;)
    詰め込もうと思えば切りがないので割りきってます。

    最近少し大きめのサドルバッグが欲しいなと
    ロングライドの際補給食もいれたいので

  3. maruRR | URL | -

    >>Muirwoodsさん

    はじめて"池"まで行ってきました。

     120km越えは自身初ですので、まったく余裕はなかったですよ。ただひたすらペダリングに集中するような走りでした。私のようなロンリーライダーでもtwitterでMuirwoodsさんに励まされたからこそ出来たんだと実感しております。本当にありがとう。

     結構このサイズのサドルバッグを使ってる方多いですね~。取り回しが楽なのが私的には気に行ってます。たぶん私のプレスポも重量的には同じくらいあるんじゃないでしょうか。ロードバイクなら軽量化を気にするんでしょうが、クロスの場合はあまり気にするようりも実用性を重視したりもします。

     バックポケットは便利ですよね。

  4. maruRR | URL | -

    >>makoto♪@rockbombさん

    同じヤツですか。案外小物が詰め込めるんですよね。

     補給食まで入れるとなると、相当な大きなになりますね。カロリーメイト的なものだったらそうでもないですが。補給食は私的には結構ホットな話題で、カロリーメイトくらいだと走りながら食べられるように、ポケットに忍ばせてます。

     どちらにせよ、やはりバックパックやなどがあった方がいいですよね。プレスポの重量がかさむだけですので、手持ちバッグがあった方がいいですよ~。

  5. moumou | URL | -

    Re: サイクリストはサドルバックで語る。

    サドルバックの中身が驚くほど私と同じなのでビックリしました。特にお守りが同じ色で。私のモンベルのバックも小さいので最低限しか入りませんけどね。

  6. maruRR | URL | -

    >>moumouさん

    だいたい似たようなラインナップになりますかね。

     お守りの色は自転車の色に合わせました。最低限のものでいいんですよね、後はバックパックに詰め込むのがいいような気がします。全部が入るサドルバッグだとかなりの大きさと重量になってしまいますもんね。

     ただ、もう少し詰め込みたいんですよね~。何かいいものはありますか?

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lifeisfreestyle2.blog79.fc2.com/tb.php/363-8fc81f6a
この記事へのトラックバック








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。