スポンサーサイト



--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





ヒートテックタイツは案外イケるかも。



2010年11月20日 00:49

 さて、もはや気分は冬気分。twitterで"この冬一番の冷え込みだねぇ"とツイートしたら、"この秋一番じゃない?"とつっこまれてしまった私。こういう時は絵文字で逃げる事を最近覚えた。

 朝の気温はそろそろ10℃を下回ったところ(今朝の気温は7℃だったらしい)江戸川CRはそろそろ強めの北風が吹いている。昨日の雨の影響か、今朝の空気はとても澄んでいたので、普段よりも眺めが良い。南西の方角にはスカイツリー、真西の方角にはMt富士、今日は北西に大きな山。赤城山だろうか、北東には筑波山。案外キレイに見えるもんだ。

スカイツリーと富士
見えるかな?左にスカイツリー、右に富士山

 富士山は先週に比べると、かなり雪が降ったようで、雪化粧をしているのがよくわかる。いやー寒くなったもんだね。もう少し季節が進むと寒さにも慣れるもんだが、この時期が一番寒さを感じるような気もする。


 寒さがもう一段進んだ本日、新たな防寒グッズを投入してみた。それはユニクロ製ヒートテックタイツ。とりあえず一足買ってみたので、本日お試し。少々気が早い気もするが、気温7℃で向かい風5メートルなら体感温度は2℃くらいなので、十分適応範囲であろう。問題はヒートテックタイツを履いたまま仕事をするかどうかである。
 ヒートテックタイツとは言うものの、これって"ももひき"じゃん?まぁ履き心地はサラサラで、案外邪魔にはないらないようだ。実際にジテツウ中は風を通すせいか、ヒンヤリする感触。ただし止まったりスピードを緩めれば発熱する。また通気性が良いせいか、蒸す事もない。これって案外いいかも。
 会社に到着して、白衣に着替え敢えてタイツはそのまま脱がずに一日を通して仕事を試みてみたが、流石に室内暖房の臨床土方なお仕事では、ちょっと無理。残念ながら昼休みで断念。まぁ耐えられないほどでは無かったけどね。

 結論的に、冬のジテツウにはヒートテックタイツはあり。もっと寒くなった場合は、防風対策を施したズボンの下に履けばさらにパワーアップしそうだ。ただしこの場合は蒸れが心配なので、今後検証してみよう。そして仕事中は脱いだ方がやはり無難。私は会社に着いたらユニホームに着替えるので問題ないが、履きっぱなしは案外キツイかもしれない。あと、ももひきチックなので、更衣室で着替える時にちょっと恥ずかしい気もするが、ヘルメットを被って出勤しているほうが、目立つのでまぁいいかなと自己完結してみた。あち、秘密兵器としてはヒートテック靴下、ヒートテック腹巻(女性もの)とアンダーウェアはヒートテックで今年の冬を乗りこえるつもりである。朝の気温が5℃をきったら次のステップに進む事にしよう。


ちょっとメモ。ヒートテックの原理など
1.保温:中が空洞の糸を65%使っており、空気層の断熱効果であたたかさを外に逃がさない。
2.ドライ:吸収した汗は、表面積の大きな繊維によって拡散し、すぐに乾くので体の冷えを抑える。
3.発熱:吸湿性に優れた特殊な綿が、体から蒸発する水分を吸収して熱エネルギーに変換し、素材自体が温かくなる。
 ポイントは"吸湿発熱"と中空糸、そしてドライ。発汗した汗が素材に吸収される時に発生するエネルギーを熱に変換する。通常の素材であれば、この水分吸収はすぐに飽和してしまうらしいが、中空糸ならば多くの水分をため込む事が出来るので、きっと発熱量が単純に多くなるんだろうな。ポイントは"吸収される時"に発熱する訳だから、この中空糸にたまった水分を速く乾かす事が出来れば、発熱エネルギーはさらに大きくなる。ヒートテックはこの吸収→発熱→速乾のバランスがすごく良い素材を使っているものと考えられる。このヒートテックの糸を作っているのは東レなので、そのあたりは信頼がおけるのではないかと思われる(同業の方々はよーく分かると思われる)。

 その他にも良いアンダーウェアは発売されているので、色々試してみたい気もするが、とりあえずコスパ最高なユニクロ・ヒートテックは日々のジテツウには最適であろう。寒さで心が折れる事が一番辛いしね。
 ただし、風対策をそろそろ準備せねばいかんかな。ヒートテックは発熱だが、強風の場合はやはり防風対策が必要となろう。もちろん、自転車専用のものを考えればいいのだが、あくまで普段着乗りにこだわってみようかな。



ブログトップ
ブログトップに使った元写真



関連記事


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン









コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://lifeisfreestyle2.blog79.fc2.com/tb.php/278-c9e04e89
    この記事へのトラックバック








    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。