スポンサーサイト



--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





iPhone水没、、、そして奇跡の復活。



2010年09月30日 19:43


こんな事はあり得ない。

 魂のiPhoneを朝寝ぼけがてら水没させてしまった。状況的には胸ポケットに無造作しまいこんでいたiPhoneが下を向いたと同時に水たまりのような洗面台へダイブ、、、すぐにきれで水をぬぐい電源を入れると一応何事も無いかのようにオンされたが、「このアクセサリはこのiPhone用に最適化されていません」との表示が10秒に一回位表示される。やはり内部に水が浸入してしまったか?水を排出させようとiPhoneを降ってみるも変わらず。とりあえず付着した水をふき取り経過観察する事にした。

 水没が一瞬だったからまだ良かったのか、「このアクセサリはこのiPhone用に最適化されていません」の表示が多発する以外は問題なく操作できそうだが、やはり異常は異常である。修理費用は水没の場合は保証外のため¥22,800かかる模様。水没センサーなるものがdocコネクタ付近とイヤホンジャック、そしてマザーボード付近に2箇所あってアップルの水没基準はかなり厳しいようだ。なるねくなら、このまま何も無かったかのように出来ないだろうかと思い、ぐぐってみると水没させたiPhoneを復活させる方法があったので、試してみた。


水没したiPhoneを復活させる方法

1.水没させたiPhoneはすぐに電源を入れてはいけない。
 電源ユニット?がショートする危険があるようだ。私の場合はあせって電源を入れてしまったが、運が良かったとしか言いようがない。不安で確認したい気持ちも分かるが、水没させた場合は絶対に電源を入れない事。

2.水没させたiPhoneは振り回してはいけない。
 振る事によって、水分が飛び散り被害を拡大させる恐れがある。また「水没センサー」が反応して保障対象外となってしまう恐れもある。とにかくそのままの状態で乾燥させる事が重要だ。

3.水分をキレイにふき取る、もしくは吸収させる。
 特に水の浸入経路はdocコネクタとイヤホンジャックなので、乾いたティッシュなどでキレイにふき取る事。カバーはもちろん外して隅々までふき取る。イヤホンジャックは綿棒やこよりで水分を吸収する事。

4.厚手のビニール袋に乾燥剤ととも入れて暖める。
 ジップロックみたいな密閉性のある袋が良い、しかも2重にして密閉度を高める。乾燥剤は買ってきても良いが、お菓子などに入っている乾燥剤でも良い(脱酸素剤ではダメ、必ず乾燥剤を使用する事)。私はエージレスドライという乾燥剤がたまたま会社にあったので、それを使用してみた。発熱が抑制させる乾燥剤らしい。
 ドライヤーでは加熱力が強すぎるため、PCの上くらいの暖かさでゆっくり暖める。乾燥剤のシリカゲルは本体に直接接触させない事。乾燥剤が見当たらない場合は「米びつ」なんて手もあるようです。

5.しばらく経過を見る。
 電源投入はひたすらガマンする。4日間ぐらいとの説もある。私の場合は電源が切れなくなったので、そのまま放置して半日くらいでアラームが出現しなくなった。



 私の場合は、やってはいけない事をいっぱいしてしまっている。もし知識があれば「電源投入」や「本体を振り回す」事はなかっただろうが、これも後の祭りである。とりあえず電源の切れなくなったiPhoneをジップロックに入れ、エージレスドライを2個配置し、会社PCの上で加温してみた。見る見るうちに水蒸気みたいなもので結露したが、しばらくするとそれも消え、半日後には「このアクセサリはこのiPhone用に最適化されていません」の表示も出なくなった。数日後に影響が出てきた方々もいっぱいいるようなので、まだまだ余談を許さない状況であるが、一日半たった今、電源オフも可能になったようだ。データに問題もないし、カメラも使える。液晶はキレイにふき取ったせいもあるが、前にも増して見やすくなった。ただ、目視で確認できるdocコネクタ付近の水没シールはピンクに変色しているので、水没判定は免れないだろう。水没が一瞬だったからこの程度の被害で済んだのだが、もし修理が必要だとソフトバンク縛りは厳しいので、なくなく修理となる訳だが、これは痛すぎる。もっとiPhoneの扱いは慎重にしなければいけないかもね。

 まぁ復活してよかったので、一応備忘録程度にblogへ残しておく。この内容は全てではなく、私個人の見解なので、水没させてしまった時はアップルストアへ自己責任でお願いしますね。



関連記事


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン









コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://lifeisfreestyle2.blog79.fc2.com/tb.php/256-2172cd39
    この記事へのトラックバック








    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。