スポンサーサイト



--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





ハンドサインを使いこなそう!



2010年09月10日 00:41


ハンドサインについて考えてみる。

 要は手信号の事だが、一般道を使う時などはかなり有効であると最近になってようやく気付いた。手信号って言うと幼少期に自転車講習などで右手を水平に伸ばして「右に曲がりまーす」とか、なんかカッコ悪いし、片手運転で転倒者続出なイメージしかなかったのだが、サイクリスト達の間ではそうのではなくレッキとしたサインが存在するのだ。以下に備忘碌的に記録しておく。

・ストップ
 腰の辺りで後方に向かって手の平をかざす、もしくはグーパーする。

・スピード落とせ
 腰の右側か左側で手のひらを下にして腕全体で軽く上下させる。

・先に行って下さい
 右手を下に下げて手のひらを前後にぴらぴらさせる。

・駐車車両などを避ける場合
 右の掌を斜め下に差し出す「ストップ、来るな」というサイン
 右の掌を前にして斜め上に差し出し前後に振る「先に行け」のサイン

 などなどが使えるハンドサインではないだろうか?上3つはサイクリングロードなどで、下は一般道で使用する事が多い。私の場合は周りの方々を見て、自然と身についてしまった。


では道交法上はどうなのだろうか?とちょっと調べてみた。第53条一項より抜粋。

 (合図)
第53条 車両(自転車以外の軽車両を除く。第3項において同じ。)の運転者は、左折し、右折し、転回し、徐行し、停止し、後退し、又は同一方向に進行しながら進路を変えるときは、手、方向指示器又は灯火により合図をし、かつ、これらの行為が終わるまで当該合図を継続しなければならない。
【令】第21条
2 前項の合図を行なう時期及び合図の方法について必要な事項は、政令で定める。
3 車両の運転者は、第1項に規定する行為を終わつたときは、当該合図をやめなければならないものとし、また、同項に規定する合図に係る行為をしないのにかかわらず、当該合図をしてはならない。
(罰則 第1項及び第3項については第120条第1項第8号、同条第2項)

 具体的な合図の仕方は既定されていないようだが、法的にも納得。これらのハンドサインのコツはタイミングなんだよね。特に駐車車両を避ける場合は、ドライバーとのアイコンタクトも重要なんだ。このハンドサインを使いこなせるようになる事がサイクリストとして重要らしい。まぁサイクリングロードなどで風除けに使われる時に「先に行ってくだい」ハンドサインを出す事が最も多いのだが、追い抜いてくれない事の方が多いんだけどね。

 参考までにハンドサインを記事にしてみました。もっとご存知なものがあったら教えて下さいね。




関連記事


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン









コメント

  1. オレサマ | URL | mQop/nM.

    Re:ハンドサインを使いこなそう!

    自分のブログで紹介させていただきました。
    http://www.cycle-gadget.com/blog/2014/04/post-a653.html

    rssでいつも読ませて頂いています^^

  2. まるRR | URL | -

    >>オレサマさん

    ありがとうございます。

    しがないおっさんがやっているブログですが、ご参考になれば、、と思います。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lifeisfreestyle2.blog79.fc2.com/tb.php/243-ca33fd57
この記事へのトラックバック








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。