スポンサーサイト



--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





交通ルールの遵守にはコンセンサスが必要。



2010年09月08日 23:39


こちら東京下町の自転車事情は相当に厳しいものがある。

 携帯片手に自転車乗るのは老若男女問わず見受けられるし、無灯火・二人乗り・右側通行は当たり前。さらには道路いっぱいに広がって並走している中・高校生は注意を受けても知らんぷり。さらにはシルバーカーを押しながら片側2車線の国道をゆっくり横断するご老人。たまーに自転車検問もやってはいるものの、注意のみで摘発する気はまったくなし。これでは交通マナーは向上しないと思われる。
 さらには無法者も多く、先日は狭い道でたむろっていた男子中学生と衝突して左足を負傷した。帰り路では国道を逆走するクロスバイク、渋滞を作りながらもお構いなしなピスト乗りの2人組が我が物顔で国道を並走していた。これでは毎朝ジテツウ中に、無意味に怒鳴られるのも理由が分かる気がする。


マナーの問題なのか?それとも???

 自転車はもちろん軽車輌なので、左側通行が事務付けられている。右折時には二段階右折。皆さんが歩行者として道を歩く場合、右側を歩きますか?それとも左側を歩きますか?答えは右側と答えるのが普通かと思われる。これは道路交通法上「「第10条①歩行者は、歩道又は歩行者の通行に十分な幅員を有する路側帯(次項及び次条において『歩道等』という。)と車道の区別のない道路においては、道路の右側帯によって通行しなければならない。ただし、道路の右側帯を通行することが危険であるときその他やむを得ないときは、道路の左側帯に寄って通行することができる。」とされており、右側通行が法的には正しいようだ。確かに自動車などと対面通行する事により、危険を察知しやすいと言うのが大きな理由であろう。しかしながら、人ごみの中を歩く場合はどうだろうか?実は無意識のうちに左側通行になっていないだろうか?
 実は「駅構内」は例外的に左側通行が認められている。人は危険を察知すると左側に身を寄せる傾向があるらしい。心臓の位置が左なので、寄り左へ進む傾向が強いようだ。陸上競技のトラックなども左回りが常識であり、より恐怖を感じるジェットコースターなどは右周りに設計されている。歩行者が右側を歩かなければいけないと決めた背景には、また違う理由があるようだ。実は江戸時代は左側通行と決められていた。これは武士の脇差は左側に収められており、右側通行だと脇差どうしがぶつかって切りあいになってしまうから、だそうだ。うむ。納得。たしかに対面通行の有用性は納得出来るが、車が通らない江戸時代では左側通行が当たり前だったんだね。


自転車のマナーにはディスカッションによるコンセンサスが必要。

 さきほど、歩行者の話をしたが、実はサイクリングロードでは歩行者やジョガーも左側通行がマナーとなっている。たとえば歩行者のみ左側通行の場合は、すれ違い時に"飛び出し事故"が起きる可能性が高い。遭遇したニアミス事故の一例を上げれば、私が自転車で左側通行、前方に歩行者が右側通行をしているとする。前方よりローディさんが走ってきており、対面通行となる訳だが、当然歩行者は左側にローディさんの道を確保するため、左車線に移動する。当然左車線は私の進行路であり、ブレーキが間に合わなければ衝突してしまう。歩行者は当然私の存在には気付かないのだ。よくよく見受けられるサイクリングロードの光景である。その際には私はベルではなく、声かけで対応するようにしている「すみませーん」と大声で。
 「歩行者も左側通行で」と注意喚起をうながす看板が江戸川サイクリングロードには立てられている。共存すべきならばこういうマナーも必要だ。しかしながら「知っていなければ守れない」のがルールであり、これには啓蒙・教育活動が必須であろう。


マナーを遵守して快適な自転車ライフを。

 特にスポーツバイク乗りは自転車乗りの鏡にならなくてはイカンと常日ごろから考えている私。だからと言って完璧かと言われれば自身は無いのだが、やはりルールを守ってこそ楽しめるものであろう。皆さんも今一度交通マナーについて考えていただければと思う。



関連記事


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン









コメント

  1. しずおかk | URL | -

    ドイツ旅行に行った際、歩道には緑色に塗られた自転車専用ゾーンがありました。
    この部分を歩いていた歩行者が自転車とぶつかって死亡しても、自転車側には責任が無いそうです。逆に歩行者用の歩道での事故の責任は、自転車側にあると法律で定められています。

    ちなみに、離婚の慰謝料も年収によって決められており、無駄な裁判が行なわれない仕組みです。

    もはや日本の社会もモラルに頼るのではなく、ドイツの様な合理的な法律が必要なのかもしれませんね!!

  2. maruRR | URL | -

    >>しずおかkさn

    合理化は日本人の特性にも合いそうですよね。

    すでに日本でもモラルに任せたルール作りなんて出来なくなってきているのかも知れませんね。なんか残念な気分になります。

    もう少しこう、お互いが話し合えるような場所があればいいのですけどね。

    日本の自転車専用道路はどうなんでしょうね?

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lifeisfreestyle2.blog79.fc2.com/tb.php/242-d964226c
この記事へのトラックバック








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。