スポンサーサイト



--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





アサリ狩り?潮干狩り?



2010年06月02日 09:51

 まぁどちらでも良い。今の潮干狩りは商業施設化が一般的、アサリを予め漁協の方々が撒いているのでアサリしか獲れないからアサリ狩りの方が良いかも知れない。昔は干潮になればアサリだけでなくハマグリや蟹、さらにはマテガイなんかも獲れたもんだ。なので昔は潮干狩り、今の形態はアサリ狩りとなる訳だ。今日は話題を変えて先週末のアサリ狩りの話をしてみる。

IMG_0335.jpg
"オレの海"ふなばし三番瀬海浜公園 ん?なんか写ってるが、、、


 今回は気温低めとの事で、ホームセンターでマリーン用の長靴をgetして本格的な狩りの装いでアサリ狩りに参戦。熊手はもちろん"忍者熊手"を新調してみた。忍者熊手は100円均一でget可能である。ここ"ふなばし三番瀬海浜公園"は入場料420円(子供210円)、アサリは600円/kgで買い取りが基本となる。

IMG_0333.jpg IMG_0339.jpg

 
 アサリは浅蜊。だいたい10cmくらいのところにもぐっている。まずは忍者熊手でひとかきしてみて、ガリっとした間隔を得たら手を突っ込んで貝を探す。爪が傷つくので、女性は長めのゴム手袋をした方が良い。
 どこを掘るかと言うと"アサリの目"を探す事。穴が2つ並んでるところの下には必ずアサリがいるハズだ。裏ワザ的には朝一限定だけど、"誰かが掘り返した跡"に貝脈がある事が多い(理由は簡単でアサリを撒いた形跡だから)。長靴はいいねぇ。干潟でも身動きがとり易い。潮干狩り限定だけど重宝しそうだ。そんなこんなで小一時間掘るだけで、バケツいっぱいに獲れた。ちなみにバケツは洗車用の10Lタイプ。なかにカゴがついているので貝を洗う時に便利だ。


IMG_0343.jpg


 計量してみると、獲りも獲ったり5.3kg?全てお買い上げで3120円って安いのかな?そもそもこんなに食えるのかなぁ。。。家に持ち帰り、とりあえず砂抜き。たっぷりの水道水に塩を入れて(だいたい3.5%くらいの塩水が適切。10Lなら350gとやや多めの塩を準備する事)、周りを遮光しながら一晩寝かせる。外に出しておくとネコやカラスの被害もありそうなのでバケツはフタを付けられるものが良い。塩水に付けるのは砂を吐かせるだけでなく、より本来の生態環境に近づける事で代謝を活性化させ、おいしくなる理由もあるようだ。


IMG_0349.jpg
アサリと小松菜のバター炒め


 今年のアサリは少々こぶりだが、やわらかくておいしい。中腰で足腰が少々痛いが、アサリ狩りのクライマックスはおいしくいただく事。しばらくアサリ料理を堪能しよう。あまったアサリはジップロックで冷凍しておけばいつでも調理可能だ。今度はボンゴレ・ロッソを頂く事にしよう。





 

関連記事


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン









コメント

  1. Kaomi | URL | 3cXgguLU

    おはようございま^^
    実は昨日コメントを入れたのですが、その時に
    アクセスが多かったようで、投稿が出来たのか
    はっきりと確認出来ませんでした。
    でも入っていなかったんですね 笑)
    子供の頃の事を思い出しました。
    潮干狩りに行って、あさりに指を挟まれて、
    大嫌いになった時期がありました 笑)
    今は大好きですけどね~^^

  2. こちらもお返事遅れました。スミマセン。

    貝も咬むんですね。知りませんでした。ただ砂を掘る時に爪が傷だらけにならのが、ちょっと厳しいですね。

    まぁ、私の場合は食べる事が目的ですので、少々の事はがまんするようにしてますよ(笑)。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lifeisfreestyle2.blog79.fc2.com/tb.php/209-64d40f74
この記事へのトラックバック








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。