スポンサーサイト



--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





全方位型ジテツウ用バックパックとは如何に?!



2016年03月28日 20:11

なるべくなライドの時に荷物は背負いたくないタイプ。自分の中では200kmまでのライドだったら、バックポケットを駆使して荷物を運ぶ。なぜならばロングライドに於いては、少しの負荷も後々の致命傷になりかねないから。とは言え、ジテツウの時にはそうはいかないのは致し方がない。





アイルランド製のアルパインバッグなんだって




基本はバックパックの一択。メッセンジャー型も試してみたが、どうも収まりが悪くて片側だけに負荷がかかるのはよろしくない。現行はVaudeのBikeBackPackで容量は14(+3)L、ちょっとくたびれてきたのと、容量をもう少し大きくしたくなってきたので、新たな自転車ライフに於けるバックパック探しの旅に出る事にした。

自転車乗りのバックパックって言えばドイターだけど、どうも自分にはしっくり来ない。確かに間違いはないんだろうけど、どうも画一的なのが気に入らない。防水なんて考えたらオーストリッチみたいなゴツいやつになってしまう。そんな理由で選んだVaudeは4年の間自分を毎日支えてくれた。ならVaudeでアップサイジングすれば良い?それも何か芸が少ないような気がして、新たな方向性を見いだすため都内にある小洒落たアパレルに乗り込んでみた。隅田川と神田川の合流点にあるショップ、都内にもいっぱい自転車乗りがいたな。






Tokyo Wheelsに行ってみた




実はどれにするかは決めていた。BACH(バッハと読む)と言う名のショップ一押しのブランド、BIKE 2Bが良いらしい。その名の通り、バイクライフに特化した機能を持ち、容量は30Lとかなり大きめ。バイクライフに特化した、と言うのはヘルメットが収納出来たり、フラッシュライトが付けられたり、素材が撥水だったらカバーが付いたり、などの事。実物を背負わせて貰ったけどやはり30Lはデカイね。


こんなヤツ↓↓↓

by カエレバ




自分が求めるバックパックへの要求は①防水機能、②背部の排熱機能、そして③フィッティングの順に続く。今回はそれに④容量が加わった。通常のライドだけなら、15L程度でも大きいくらい。予備の予備のチューブとか、スペアのスペアなインフレータ、さらに言えば財布に補給食にレインウェアに輪行袋まで必要だとしても。だがしかし、ジテツウだととたんに足りなくなるのは不思議なところ。二段重ねのお弁当とコーヒーを入れた耐熱ボトル、これにタブレットとお財布入れたらもう終わり。書類の束はヨレヨレになるし、着替えなんてもっての他。できればレインウェアも入れておきたいんだけど、それは無理で会社に置きっ放しにしてる。20Lくらいあると言い、そんな自分が見つけたのはBACHのSIELD22と言うタイプ。元々アルパイン向けのバックパックなんだけど、サイズも機能も自転車ライフ向けでちょうど良い。


選んだモデルはコチラ↓↓↓

by カエレバ







Vaude14Lと比べれば当たり前に大きい





何となくVaudeとかドイターとコンセプトも似ているが若干カッコよい。全方位型と銘うっているだけあって、非常によく考えられたギミックがちりばめられている。まず第一に①防水性能なんだけど、あくまで濡れる事は前提に素材やジッパーで勝負するんじゃなくて、バックパック下に専用カバーが収納されてる。バックパックカバーの有用性は実感していて、カバーを外せばそのまんま室内に持ち込めるのも優位性の一つ。





視認性の高い黄色と大きなロゴ




そして次は②背面の排熱機能なんだが、実はこの機能がBACH SIELD22に決めた理由。夏場の背面蒸れは確かに酷く、それがバックパックを敬遠する理由にもなるのだが、BACHの中でもBIKE 2Bにも無い機能。Vaudeのような接触させない、とまではいかないものの、ドイターのシステムに近いと思う。





このメッシュが今回の決め手





そして最後は④フィッティングだが、背面にはアーチを描くような立体クッションフォームで作られたシールドが装備されていて、背負って見るとかなり身体にフィットする。こちらはvaudeに近いかな、ただ調整は出来ないけどね。

メインコンパートメントは2気室あり、両方ともガバっと開く。必要かどうかは別として、メインの二つは内部のジッパーを開けば大きな1気室として使用する事が出来る。他にも上部とサイド、それにベルトにそれぞれ一つずつジッパー付きのポケットを有する。元々アルパイン仕様だからトレッキングポールやハイドレーションチューブなどを通すところもあるのだが、これは自分にはあまり必要ない。自転車ライフに有りがちなヘルメットを収納するギミックは装備されていないが、こちらも自分には必要ない。なぜならばVaudeでも極端に使う頻度は無かったもんな。






どうしても、ならばこんな感じで




前のコンパートメントはこんな感じでガバっと開く。開いた口がどうもピッタリだなと思って入れてみたら、その通りだった。公式見解じゃないけれど、本当はこう言う使い方だったんじゃないか?って疑いたくなるくらい。

そんな訳で、自転車ライフに於ける二代目バックパックにアップデート。普段使うものとして、鞄はやはりその人のスタイルを表すと言っても過言ではない。少々バックパックにしてはお高いものの、毎日使うものだからやはり自分で納得出来るものを使いたい。とりあえず、しばらくジテツウなんかで使ってからレビューする事にしようか。


関連記事


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン









コメント

  1. スターチャンネル | URL | -

    Re:全方位型ジテツウ用バックパックとは如何に?!

    こんなの見つけました。
    もう一つ、いかがですかぁ~?(笑)

    http://www.cyclowired.jp/lifenews/node/191782

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lifeisfreestyle2.blog79.fc2.com/tb.php/1871-641be105
この記事へのトラックバック








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。