スポンサーサイト



--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





初めての100kmライド 後編 ~ロングライドはやっぱり工程管理が必要だ~



2016年03月23日 00:56

さて昨日の続き。改めて思えば自転車で100キロ走るって、冒険以外の何物でも無いような気がしてきた。自分にとってはすでにフラっとペダルを回すにはちょうど良い距離になってしまった感もあるが、振り返るとやはり100キロってのはエクストリーム。相方氏にとって、このライドは思い出に残ってくれたかな?






初めての100キロにふさわしい景色の元で





100キロ平地で走るなら、どのくらいの時間を見る?もちろんルートにもよるとは思うが、自分だとゆっくりまったり6時間。今回もそう言う設定とした。ガチ勢な方々には鼻で笑われそうだけど、グロス20km/hでさらに1時間のランチ休憩を見ておけば、だいたいのルートは走りきれる。この日の江戸川はまだマシな風が吹いていて、行きは追い風、帰りは向かい風と言うグッドコンディションだった。妙な追い風はむしろ脚を削ってしまうので、抑えたつもりだったけど、まだ甘かった。折り返ししてからの、60キロを過ぎたころから相方氏に異変あり。右の太腿前面に違和感が…

ちょっと踏み過ぎただろうか?まぁ自分も最初はペースを乱してよく膝が痛くなったもんだ。今でも90kmが自分のポイントでそこを過ぎると何らかの障害に悩まされる事が多い。自分はさておき、まずは相方氏のペダリングフォームをチェックすると、踵の落ちっぷりがひどい。クリートを少し踵側に下げる調整をしてみた。そう言えばビンディングシューズ投入から、あんまり調整らしいものをしてなかった。ポジションの問題であったとしても、一旦痛みが出るとライドの途中で改善させるのは難しいんだよね。






それと補給は大変重要なファクターだ





ポジションを修正したけど速度は回復せず。まぁ、スピードはともかく、無事に100キロを走りきれるように目標を修正。ランチだけでなく、途中の補給食もポイントごとに買いました。関宿城では落花生まんじゅう、道の駅さかいでも、まんじゅう的な何かを買い込んでサコッシュに隠し持たせた。

江戸川みたいなルートだと、補給のタイミングが難しい。さらに言えば休憩するためのベンチも上流にはあまりない。積極的に休憩する事もロングライドを成功させる秘訣なのである。正直言えば10キロに一度ペダルを外してストレッチするだけでも良い。江戸川サイクリングロードは信号なんて無いから、各自で休憩するポイントを読みとらねば。自分のペースに合わせると、相方氏にはちょっとキツかったかな。何か疲労とか補給などを測り知る客観的なベンチマークがあると良い。そうか、次は相方氏にも心拍計で評価した方が良いのかな。






終始、菜の花の隙間を通り抜ける感じで





帰り道は向かい風。必死になってペダルを回してはいるものの、ペースはすごくマイペース。自分なりに脚を残しているようで、とにかく100キロを走りきるというのが今日の目標。少しでも楽になればと思って前を引くけど、気づいたら遠く後ろに千切れていくのを何度も何度も繰り返えす。不思議と愚痴は出て来なかったのはある意味面白い。辛さの中にもきっと楽しさを感じてしまったのではないか?頑張って100キロを走りきるという楽しみを。





そしてゴール!





なんとか無事に100kmを走りきった。途中から100kmを目標に切りかえた。確かにルート的には家に直帰しても微妙に距離が足りないので、敢えてサイコンで100キロを表示させるために少し遠回りしながら。最終的には意識し過ぎてキャットアイのサイコンに有りがちな、積算距離をリセットしてしまうと言う洗礼を受けたものの、なんとか心折れずに走りきった。

100キロと言う数字に拘ったのは、数値がきっと成功体験に繋がると思うから。かかった時間は7時間半、工程的にはこの後お腹を空かせた子供たちに夕ごはんを作るミッションがあるけれど、ライド後の夕ごはんは自分が作る事になるのだが、それよりも本格的に自転車乗りになりつつある方が嬉しい気がする。

まぁ、とりあえず初の100キロお疲れさま。次はサクラが満開になったらまた江戸川を往復しよう、夕ごはんくらいは自分が作るからね。




関連記事


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン









コメント

  1. スターチャンネル | URL | -

    Re:初めての100kmライド 後編 ~ロングライドはやっぱり工程管理が必要だ~

    客観的かどうか分からないけど、私は他の人と走るときは、1時間に一度のペースでコンビニには行きます。たまたまコンビニがなくて1時間30分になる場合もあるけど。

    で、なにか食べる・飲む。
    気温が低いと飲んだら、トイレが近くなる。
    それで良いんです。こうしてまた休憩の理由が生まれるから。

    そして、以前から何度も言っていますが、トイレに行く【回数】を重視しておかないと、冬でも脱水症状ってありますよー。
    そうなってしまうと力が出ない。走れなくなる、ですから。

  2. まるRR | URL | -

    >>スタさん

    1時間ごとの休憩って理想的なんですよね。自分もそう考えてますが、なかなか補給のポイントが無い江戸川なんかの河川敷沿いだとよっぽど計算しないと、休憩場所を確保するのが難しくなってきます。今回も思えば、帰りの左岸でもう少し休憩すればなーと反省してます。

  3. silver | URL | /gBLyVR.

    すごい、すごい!

    ご無沙汰してます。
    奥さま、すごい!頑張りましたね〜
    先越されちゃった(笑)

    サイクルカフェが出来たんですね。
    なら、私も行ってみようかな、なんて。
    どうも江戸サイは、気が重いです…

  4. まるRR | URL | -

    >>silverさん

    向かい風ですよねー。あとやはり何にもないから頑張るモチベーションが上がらないとか。

    自分は毎日江戸川を走ってるんで、これがサイクリングって何も疑問に思わないんですが、やはり江戸川みたいな平地ロングライドにもコツがあります。

    ヒルクライムよりもペダルを回す数が多い(下りがないので延々とペダルを回す)から、身体のあちこちに不具合が出やすいのもポイントの一つです。あとはペース配分かな?軽めのギアでくるくる回して、速度なんて気にしなければ時間はかかるけど攻略できますよ。あと、信号もないんで休憩のペースを多めにとるとかで疲れず走れると思います。そしてやはり一人よりも大勢で走った方が良いですね。自転車はやっぱりメンタルスポーツなのです。

    サイクルカフェのプロデューサーさんと話しをしました。元競輪選手で今は色んなお店の面倒を見てるとか。江戸川、利根川、渡良瀬川をつないだサイクリングロードは全長300キロにもなりますんで、東の「しまなみ」を目指しているそうです。確かに、ロングライドコースとしては良いのですが、しまなみには敵わないんじゃないかと苦笑いしました。ぜひ、カフェを目指して頑張ってみてください。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lifeisfreestyle2.blog79.fc2.com/tb.php/1866-cbc9a7e4
この記事へのトラックバック








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。