スポンサーサイト



--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





寒いので、足元の冷え対策なんぞを



2016年01月25日 21:09

西日本からも雪の便りが届くほどの寒波がやってきているようだが、こちら関東地方は晴天続き。もっとも先週降った雪がまだ裏路地には残っているのもそうだが、いよいよ寒さ本番の季節になったようだ。水沢腹堅(さわみず こおりつめる)。暦の上ではあと二つ、そこまで頑張れば春と言う季節が見えてくる。





禁断の…靴下カイロを投入




どんなに高性能なインナーや分厚いアウターを着たって、足元の寒さだけはどうしても耐えられない。そんな自分の最終ウェポンはこんな靴下に貼るタイプのカイロ。どうしても足元の冷えが改善出来ない方は、しのごの言わずにカイロを使うべし。
足元、特につま先の冷えは冬に走るサイクリストならば誰しもが越えなければならない壁みたいなもの。原因は様々、例えばキツめのシューズで足を圧迫していないか?シューズカバーの対応気温は?ソックスは速乾性の高いものを使用してるか?などなど。特に足元が冷えるからって分厚い靴下を無理に履いて足の血流を悪くしてる場合は本末転倒な話なのである。自分が考える足元対策は以下の通り。



①ビンディングシューズはどれも通気性ぐ高い。シューズカバーはなるべく防寒防風性の高いものが正義、ケチらず良いものを。さらに言えば大は小を兼ねるので、試着はした方が良い。


②ソックスはメリノウールが最適。足は思った以上に汗をかくので、発汗性が良く保温性が良いものを選ぶこと。登山用などは分厚い生地の場合が多いので、専用品が良い。


③それでもダメな場合は、迷わず靴下用カイロを投入する。シューズによってはタイトで装着出来ない場合もあるが、事前にシューズ選びの際は冬場のライドを想定してチョイスした方が良い。



自転車ライフを始めた最初の年は、このつま先の冷えにヤられて冬場のジテツウを控えた事もあるほど。大した経験じゃないけど、色々と試行錯誤して上記の対応に行きついた。ゴアテックス仕様のウィンターシューズもあるのだか、冬場だけのために導入するのは少々気がひける。まぁ、いつかは試してみたいけどね。

自分としては、足元の冷えの本質は足汗にあると睨んでる。人の足は寝ている間に200ccも汗をかくと言う。ライドの時はいったいどれくらいの量が出るんだろうか?それらがペダリングで冷やされて足をどんどん冷やしていく。足汗対策こそが本質、まだまだその辺りの対策までは到達していないのが現状だ。





今日は久々、プレスポで江戸サイ





寒さはいよいよ本番だが、それはあと少しで春って事を意味する。さて、そろそろ春が来るのを指折り数えながら、頑張る事にしようか。


関連記事


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン









コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://lifeisfreestyle2.blog79.fc2.com/tb.php/1837-c854baec
    この記事へのトラックバック








    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。