スポンサーサイト



--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





2つのCODEO ~骨伝導ヘッドホンを夫婦ポタリングで使ってみた~



2016年01月23日 10:25

また週末は雪予報。前回ほどは降らないようだが、積雪があると雪がしばらく道に残るから、やっぱりサイクリストには厄介なんだよな。 まぁ、季節の定めだから、それも致し方ない。





先日使ってみたCODEOの話なんぞを




昨年末に日本コンピュータ・ダイナミクスさまから、ご提供していただいた二台の骨伝導ワイヤレスヘッドホン。先日の相方氏とのポタリングに使ってみたのでレビューしてみる。あれから何気に自転車に乗る時はアイウェアと同じくらい身体の一部になっているくらい使っている。ヘッドホンのスピーカー位置を調整するのは少し時間がかかったが、ジャストな位置さえ見つけられれはま、かなり音質は良いと思う。まぁ音に関しては主観的判断だから、どのレベルを求めるかだが、こと骨伝導についてはジャストな位置を見つける調整が大事なんだと思う。CODEOの詳細は過去記事より。



骨伝導のはなし #CODEO 2015.12.22



で、二台のCODEOで何をするかと言えば、もちろんライド中の会話だ。それぞれiPhoneにトランシーバーアプリを仕込んで、CODEOがどれくらい使えるかをポタリングで試してみる事にした。普段のポタリングではもちろん自分が常時前でルートマネージメントから、荷物持ち、さらにはランチの場所を探したり、パンク修理をしたりとか、まるで召使いみたいな役割なのだが、とかく前だと正直言えば相方氏の様子は分からない。ハンドサインで合図をするが、それは実は一方向のコミュニケーションであり、千切れている事に気付かない事しばしば、ペースがアップする事しばしば。




使用したアプリはLINEのPopcorn Buzz




実際に使用するに当たっては、上記のアプリをインストールして使う。LINEのidが必須になるが、それ意外はグループ使ってログインすれば常時会話が可能となる。CODEO側も電源入れて装着すればそのまま会話する事が可能だ。ライドの前にアプリを立ち上げて、スマホはバックポケットにでも入れておけばハンズフリーで会話する事ができる。もちろんデータ通信での会話だから通話料はかからない。

さて、実際に二人で江戸川サイクリングロードへ。最初はなんだか少し面白いオモチャを手に入れた子供みたいに、不必要な会話ばかりしてみたりしたのはちと滑稽。だってトランシーバーとかって無駄に話したくなるじゃない?いやちょっと話しが逸れたが、まずファーストインプレッションとしては風切り音をかなり拾うと言う事。あれ?こんなもんか?いや、少しこれは厄介でなかなかライドに集中出来ない。音量上げても風切り音が大きくなるばかりで、肝心の声が聞こえない。うむ…少々悩んだが、結果的にはまだCODEOの位置調整をお互い見直す事で少し改善する事が出来た。音声を聞くためのヘッドホン位置だけでなく、自分の声をヘッドホンに上手く伝える位置調整もした方が良い。骨伝導全般に言えると思うが、ある程度強く押しつける事が重要。自分の場合は右の頬骨の方が出っ張っているようで、その辺りにジャストポイントが存在する事が分かった。ただし風切り音は完全には消えない、だってそれが骨伝導の利点でもある訳だから、それをご理解頂いた上での使用となる訳だ。と言う説明をして相方氏には納得してもらった。

使用に当たっては、どのシチュエーションで使用するかによってかなり目的が変わってくる。トレインを組むような接近している場面では向かないかも知れない。なぜならば、声が聞こえる範囲ではCODEO側にタイムラグが生じてしまう。例えば危険回避などはやはり発声やハンドサインの方が早い。つまりは指示を出す時はこれまで通りハンドサインがやはり便利だ。

変わって、そろそろ休憩する?とか、ごはんどこで食べる?とか、速度を少し上げるよ?などの応答を求める場面では、振り向いたり、止まったりしなくて便利だ。また自分はよくやらかすのだが、千切れてるのに気付かない時などはCODEOがあるとすぐに気づく。遠く離れてしまった時などに、今どの辺?って感じで会話しながら走るのは良いかも知れない。例えばツールド東北みたいに、山の中でだいぶ二人の距離が離れてしまった時なんかは、CODEOで会話しながら次のエイドステーションで待ち合わせ、なんてのが出来るかも知れないね。

そして、やっぱりスマホのバッテリはそれなりに食う事は致し方ない。なので朝から晩までずーっと使用するのではなく、一定区間だけ使用するのが良いかも知れないね。実証実験はしてないけれど、今回のポタリング約3時間でバッテリは半分くらい減った。これは自分の一例と言う事で。






こんなシーンでCODEOが活きると思う




2台のCODEO、これからの自転車ライフに於いては、きっと無くてはならないデバイスになりそうな予感がひしひしと。なぜならば、いつも先を急ぎすぎて、相方氏が千切れている事にすら気付かない、自分みたいな身勝手な人間には最適なアイテムだと思う。正直、もっと気が効けば良いのだが、なかなかそうはならないらしい。きっともっと使用出来るシーンがあると思うが、それはまた暖かくなってからいっぱい試すという事で。

関連記事


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン









コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://lifeisfreestyle2.blog79.fc2.com/tb.php/1836-85b58750
    この記事へのトラックバック








    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。