スポンサーサイト



--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





2016年の自転車ライフの目標を考えてみた



2016年01月01日 21:42

明けましておめでとうございます。2016年の始まりは脚休め、という名の寝正月。まぁ例年通り自転車ライフの始まりは明日のジテツウなんだけど、まずはじっくりと2016年の自転車ライフの目標を考えてみる。まずは12月のまとめから。





2015年12月の走行記録
12月走行記録はモデルデータになりうるか?



走行距離:869.070km

内訳)

・ジテツウ:539.5km (15回、62.0)

・東京湾一周ライド:182.57km (21.1%) 12/28 トワイチ 182.57km ~走行記録編~ 前編 / 後編

・その他ポタ:147.0km (4回, 16.9%)



なかなか12月は走れたようだが、何となく消化不良感が強い。なぜ?距離に拘るつもりは毛頭ないのだけど、やはり月間1000kmまで走れた月の達成感はかなりある。さりとて月間1000kmを達成出来たのはこれまで何度あったんだろう?自分のワークライフバランス的に、かなり距離を意識しないと達成する事は難しい。記録よりも記憶、無理をして頑張ってようやく達成出来る成果なのである。

そもそも、分析すれば自分の自転車ライフの6割くらいはジテツウで、それはある意味ルーティンみたいなものなんだけど、去年2015年はかなり出来ない日が多かった。ジテツウばかりで記録を埋めてもしょうがないのは分かっているが、ジテツウしないとそれ以外のライドも少なくなるのが良く分かった。モチベーションはジテツウから、ある意味少しでも雨のリスクがあるならば、回避の理由になっている今の状況だと、休みの日のライドを回避するハードルはもっと下がると言うもの。サイクリストは三日も休めば脚が元に戻ると聞く、やはりジテツウからもう一度見つめなおす必要があるだろうか。

さて、自分のジテツウは往復で30km弱、月に600kmくらいジテツウがあれば月間1000kmになるのだけれど、そのためには月に20回のジテツウが必要になる。それはある意味全ての通勤をジテツウにすると言う事であるが、それはちょっとハードルが高いなと思う反面、雨の日のジテツウをどうするかと言う永遠の課題がまた突きつけられる事になる。無理せず、と言う事もあるのだが、今までも絶対条件に雨天走行を排除していない自分がいるのも確かであり、エクストリームスポーツとしてのジテツウは全天候型が正しいと思う。今年の目標はこれかな?全天候型サイクリストを目指して。さすがに雪は厳しいが、やってみる価値はあると思う。きっとその先にまた見えてくるものがあると信じつつ、今年2016年の目標は全天候型サイクリストへの道。もちろん年間走行距離は1万キロを目指す事は堅持する事として、頑張ってみるかな。



[2015年度の走行記録]
total=8080.26km, ave=673.36kmkm/month, target=-1919.74km


関連記事


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン









コメント

  1. スターチャンネル | URL | -

    ジテツウで工夫

    ジテツウは往復で30kmですか。
    行きはまあ仕事も控えているからあれかも知れないので、15kmで抑えておくべきかどうか悩むところですね。

    でも帰りだったら、あと10㎞増やしてみても良いのでは?

    時速25で走り続けて、ぴったり1時間。

  2. まるRR | URL | -

    >>スタさん

    Ave25km/hで維持するのはなかなか難しいです。

    なんだかんだいっても一人旅だと結局のんびりペースになってしまうんですよね。

    なのでジテツウは割り切ってAve20km/hくらい、5kmで15分追加って感じの意識でやってます。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lifeisfreestyle2.blog79.fc2.com/tb.php/1818-694dfafa
この記事へのトラックバック








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。