スポンサーサイト



--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





平均ケイデンスってどれくらい?



2015年10月24日 22:29

名残惜しいほどの自転車日和、たぶん今年最後の半袖半レーパンかな?たぶん、きっと、そんな雰囲気を醸し出す絶好のペダリング日和。今日は午前中しばりでフリーパスを貰ったから、懸案のペダリングを確かめに、ルーティーンコースな50キロコースを一回りしてトレーニングしてみた。





自分のマイコースはこちら





勝手知れた走り慣れたコース。概ねサイクリングロードを接続するように、川沿いから東京湾を目指すルーティーンなコース。江戸川からかさりん(葛西臨海公園)を経由して荒川からまた戻る。ほぼ平地なんだけど、信号は少ないし、走りやすくて、まるで庭みたいな場所かな。

で、今日のところは引き続き、ケイデンス重視なペダリング。サイクリングロードでは100-110rpmで平均ケイデンス目標を100rpmとした。平地だけどインナー多用、見えてくるものは多数あり、やはりハイケイデンスをマスター出来ればまた世界が変わってくるだろう。






コスモスも、もうすぐ終わり




で、結果から言えば平均ケイデンス100rpmってのはハードルが高い。サイクリングロードみたいな平地連続区間ならば達成出来るが、信号の多い市街地やアップダウンが少しあるだけで、容易に平均値は落ち込んでしまう。常用ケイデンスならば100rpmっぽいんだけど、平均値となるとまた別だ。今日のところは92rpm、まだまだなのか、それとも今はこんなもんなのか、ベンチマークとしては何とも言えない微妙な値。そもそも平均ケイデンスってどんなもんだろ?脚色にもよるんだろうけど、ライドを通して100rpm超はかなり回さないとダメだろうな。

そもそもケイデンスに拘るのは、結局のところトルクに頼って、結果的にはあんまり運動強度が上がらないから。何となく平地はアウターと言う変なバイアスから、どうもペダルを回す作業を怠る事が多いから、などなどつまりは回すテクニックを軽視していたのではないかと言う仮説。確かに常用ギア比で踏んで距離を稼げは、ポタリング気分にはちょうど良いんだけど、結果的にはどこかに負荷がかかって身体にダメージが残る。つまりは軽いギアでくるくる回すと言うスキルがまだまだ出来てないんじゃないかと。




20151024bryton.png
Bryton公式サイトから今日のライドのデータを





だがしかし、100rpmを超える高ケイデンスを維持するのはやはりきついもんだ。巡行ケイデンスが100-110rpmを維持していると心拍数がゆっくり上がってくるのが如実に分かる。たかだか50キロくらいなら高ケイデンスで頑張れるが、100キロ、200キロをハイケイデンスで走り続けるのはやはり今の自分では難しい。きっとまだペダリングにロスが多いからなのだろうか?それともこんなもん?それともまだトレーニングが足りないんだろうか?きっと全て当てはまるんじゃないかと自分では思う。






今日の空は随分と霞んでる





ただやはり、意識的に負荷をかけてみるのも楽しいもんだ。今まさに、心地良く筋肉が重苦しいのは、やはり普段使えてない部分を使った証拠。いつかはきっとハイケイデンスなペダリングを習得出来たらいいなと思うものの、技術的にもっと成長したいと言う想いがふつふつと。今年の秋冬はハイケイデンストレーニングを続けよう。心拍数高め、ケイデンス高め、そんな走りが理想的なのかな。

さて、明日はまだ秋が残っているはずだから、相方氏でも連れて名残惜しく秋を探しに行こうかな。ポタだからって自分は気を抜かず、ペダルだけは上手く回す事として、残り少ない自転車の季節をまた頑張る事にするかな。





関連記事


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン









コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://lifeisfreestyle2.blog79.fc2.com/tb.php/1777-7d7141bc
    この記事へのトラックバック








    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。