スポンサーサイト



--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





SM-BBR60インストール完了



2015年09月26日 22:25

雨上がり。まだ路面はウェット、たぶん午後には青空が雲の間から見えるかなって言う土曜の朝。こんな日はまさにメンテナンス日和と言ったところだろうか。






ボトムブラケットの交換作業なんぞを





そもそもBBの寿命っていかがなもんなんだろうか?あんまりベンチマークもないように思えるし、情報としても参考になるものがない。自分のはホローテックⅡと言うタイプで、これを分解して整備するのは基本出来ないし、重要なパーツの割にはおサイフに優しいタイプのものなので、変かなと思ったらとっとと交換してしまうのが良いようだ。ちなみにデフォで付いてたのはtiagraグレードのSM-BB4600で2万5千キロで右側がゴリゴリになったのでお役ご免とした。雨での走行もかなりあったし、自分としては2万キロくらいで交換ってのが良いんじゃないかなと思ってる。





最近クランクを外す頻度が多いなー





BB外すのはもう慣れた。サードパーティー製だけど専用工具もあるし、力のかけ具合も何となく身体に染み込んでいる。クロスバイクのスクウェアテーパー式のBBは辛かったな。あの時の苦労が今にあると言っても過言ではない。力任せに締め上げられたBB、恐らくだけど大量生産型の自転車だと電動ツールなんかで締めてるんじゃないかなと推測でかる。やっぱり手で組まれたバイクだと外れない事はなく、やっぱり信頼出来るショップでロードバイクを買って良かったと思う。ちなみに所有するBBツールはこんな感じのやつ。



BIKE HAND(バイクハンド) YC-27BB ボトムブラケットレンチセット
by カエレバ



9000系、6800系(5800系)になってから、BBも規格が変わったので、従来のBBツールだけでは作業出来ない。ちょっとちゃちいけど、専用治具がBBには付いてくるのでBBツールに組み合わせて使用する。社外品だと上手く付かない場合もあるようで、自分のBIKE HANDはお決まりのように治具であるTL-FC25には嵌らなかった。まぁギリギリ噛む事が出来たからそのまんまグリっとしめこんだのはここだけの秘密と言う事で。






思った以上にしっかりと嵌る





艶光りする黒いボトムブラケットが悩ましい。外径が小さくなったのはベアリングが小さくなって回転抵抗が少なくなった証、ただ9000系はさらに小さいようだけど、その分耐久性が不評で60系は少しサイズを戻したらしい。規格がコロコロ変わるのはBBが進化している証拠と信じたいところだが、果たしてどうだろうか?取り急ぎ旧式よりもハンガーにぴったり合うサイズなのはSHIMANOがほくそ笑んでいるようで何とも言えない気持ちになったが、9000系みたいにポチっとあるよりは全然マシかな。

で、ちょっとだけ実走。うむ、はっきり言うとよくわからず。まぁ少しはゴリゴリのBBよりはいいんだろうけど、自分ごときでは分かるレベルではない。いや、そうではなくこの健気なパーツが何万回と回った時にきっと自分を助けてくれると信じて、今日のところはそっとそのまま作業を終える事にしよう。インプレはまた長い距離を走った時にでも。






チラッと見えるナンバーが良いね




SHIMANO(シマノ) SM-BBR60 BSA 付属/TL-FC25 SM-BBR60
by カエレバ



関連記事


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン









コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://lifeisfreestyle2.blog79.fc2.com/tb.php/1755-1a7b0f09
    この記事へのトラックバック








    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。