スポンサーサイト



--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





重大なミス・トラブルの報告



2015年09月19日 19:54

結果的にはツールド東北はアウター縛りだった。なぜならば、またもやインナーに上手くギアが落ちないと言うトラブルに悩まされたから。確かに普段のバイタルエリアは平地ばかりなのでインナーを使う事はほとんどない。だからこそ、事前に調整をしなければならないのだが、それが上手くいかなかった。いやしっかり調整はしたのだが、荷重をかけると発生する厄介なものだから、スタンド上ではシビアだけどそれなりに大丈夫だった。主訴としてはリアトップ側からインナーにシフトチェンジした際に、インナーとアウターの間にチェーンが挟まるような形で空転する。フロントディレーラの調整ってやっぱり難しいな…と思っていたのだが、結論から言えば自分の大きなミスが引き起こしたトラブルだった。






全ての原因はこの画像に写ってる





基本的にはメンテナンスは自己流、クロスバイクのころからそれも自転車ライフの楽しみの一つとして誰に教わる事なく、時に失敗しながら、さらにはブログやtwitterで皆さまに教えを請いながら、何とかプチオーバーホールまで実施した。恐らくは基本的な事柄をしっかり教わる事がないから、スタンダードな事がよく分からない。そんな自分もいつかは自分でバイクを組んでみたいなと思っている。だからこそ、恥を忍んで失敗した事もシェア。

インナーリングが逆に取り付けていた事が全てのトラブルの元、いったいいつからだろう?このトラブル、実は去年のツールド東北でも発生した。つまりは1年以上こんな状態で走ってた事になる。しっかりとショップに持ち込んで点検して貰えば良かったと思うが、実は1度このトラブルで飛び込みだったけど持ち込んだ事もあるが、ワイヤー交換とフロント調整で改善したように思えた。今回のツールド東北でもエイドでSHIMANOのテクニカルブースで見てもらったのだが、クランクアームの緩みを指摘されただけだった。もう少し上手く自分が伝えられれば良かったと思うが、なんにせよこんな下手なメンテナンスの尻拭いみたいなのは分からないかも知れない。






この三角の刻印が目印





調べてみると、チェーンリングには向きがあるし、位相もあるし、それはインナーだけでなくアウターもある。しっかりと変則させるための技術的工夫がなされてる。そもそもそれを知らなかった自分が情けないのだが、インナーリングが逆だと妙にハマってしまうデザインっていうところがポイントかな。いや、自分が悪い以外に反省点はない。で、まとめてみるとチェーンリング取り付け位置は以下がポイントとなる。


・インナーリングの刻印が裏側にくる事

・インナーリング三角の目印はクランクアームの裏側に位置する事

・アウターリングのピンがクランクアームの裏側に位置する事



で、さっそくやり直しして組み上げてみると、そりゃもうしっかりとスパスパっとインナーがシフトチェンジすること。全ての要因はこれ、若干のフロント調整は必要だったけど、まるで新車で納品された時みたいな心地良さを感じた。

お恥ずかしい限りではあるが、また一つ勉強になった事と、相当フロントの調整をやりまくったお陰で、シフトの調整のスキルは上がったように思える。まぁ、本当はしっかりとお願い出来るショップと出会える事も重要なんだけど、人見知りな自分には少しハードルが高い。






失敗もしたが、しっかり覚えた




セルフメンテナンスは自己責任だが、人さまに迷惑をかけなくて本当に良かったと思う限りである。これを機にしっかりショップにお願いするか、もっと勉強するか、なかなか悩ましい問題だけど、しっかりとメンテナンス出来る技術を身につけたいな。取り急ぎ、大きなミスの報告と言うことで。




関連記事


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン









コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://lifeisfreestyle2.blog79.fc2.com/tb.php/1750-d937df16
    この記事へのトラックバック








    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。