スポンサーサイト



--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





行くぜ!ツールド東北2015! ~この地でペダルを回す意味〜



2015年09月14日 00:07

今年も無事完走して、なんとか日を跨がずに帰京する事ができた。去年は南三陸フォンド170キロ、今年は女川・雄勝フォンド60キロ。ルートはほぼ重複するのだが、コースを変えるこれほどまで変わるものなのかと言うくらい、新鮮な想いでペダルを回す事が出来た。この違いもまたツールド東北の魅力なんだろうと思う。






今年は相方氏が一緒に走ってくれた





170キロは累計標高も2000メートル近いし、足切りタイムもあるからそれなりに重圧があったりもするのだが、走りきった達成感は半端無かった。きっと最長の220キロは本当に追い込んだとしても自分には出来るかどうか。変わって60キロは脚を少しくらい削っても、走りきれる内容だから気持ちの負担は少ない。楽しみながらペダルを回して、ゆっくり景色を眺めたり、エイドで美味しいおふるまいを堪能したり、沿道の方々へ大きく手を振ったり、はたまたまったり足湯に浸かったり。そんなファンライド的要素が強い反面、むしろ本質的な、この地でサイクルイベントを続ける意味を問いかけてくる。

雄勝のエイドでホタテを二人でほうばっていたら、テレビのカメラマンが食べるシーンを撮りたいと言うので、調子に乗って撮ってもらった。肉厚のホタテを炭火で焼いて、雄勝秘伝のタレで味付けされたてて凄く美味しい。何気にお笑いのパンサーがホタテを配っていたりして、もうお祭りムード満載で。そんな雰囲気でカメラが回っていたのだが、東京から来たよって伝えたら色々と聞かれた。今あなたたちがツールド東北を走る意味は?って。





雄勝のホタテはこんな感じで振舞われる





エイドステーションの周りはほとんど何もない。高く盛られた土と、壊れた防潮堤から見える海。自分はまだツールド東北を走る本当の意味を見出せていない。被災地の道を勝手に盛り上がって走ってるだけ?

いや、そうでは無いと自分は思ってる。だってわざわざルートに大漁旗を棚引かせて、応援してくれてる方々がいたり、小さな子供たちも、仮設住宅の方々も、沿道であんなに応援してくれるのだから。きっと自分たちがココを毎年走る意味があるはずだ。前述のインタビュー的な何かはきっと自分のシドロモドロした回答でボツになったと思いたいが、何を答えたかと言えば、ツールド東北を通じてこの地が自転車王国になれば良い、なんて事を答えたと思う。こんな走りごたえのあるルートで、地域ごとに美味しいものがあって、そして絶景もある。自転車乗りには最高の街なんじゃないかなと。






こんな絶景を見ながら走れるシアワセと





さて、想いを探す旅はまだまだ続く。まずは今年のツールド東北の様子をまた綴っていく事にしよう。しばし皆さま、お付き合い下さいませ。





関連記事


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン









コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://lifeisfreestyle2.blog79.fc2.com/tb.php/1744-289e5cce
    この記事へのトラックバック








    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。