スポンサーサイト



--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





ハブ玉当たり調整再考



2015年04月08日 07:14

今日も雨、流石に桜はこの雨で散り去るだろう。儚い想いを胸に、もう一度ホイールの件を考えてみる。










こうやってホイールを眺めていると、むしろ愛着が湧いてきたりして。デフォでついてたボントレガーのホイール、重量は2200gもあり、これまで2万キロを走破した。リムはまだまだ、スポークはそれなりに痛んでる、ハブは何度がグリスアップしたものの、玉当たり調整がややこしくて、どうしてもガタが出てきてしまう。


ボントレガーの謎ハブをグリスアップしてみた



まぁ、スペックもそうだが、次のステップに上がるためにはやはりホイールの換装が一つのヤマになる。確かにホイールも消耗品、デフォの鉄下駄とはそろそろオサラバしたいところだけど、方向性がまだ定まらない。次へのステップとしてどういったホイールが必要なのか?






雨なのでハブの調整を再度してみる





たぶん、自分の技術がまだ未熟なんだろうと思うけど、ハブの玉当たり調整がやはり難しい。ロックナットを解除して、玉押しをいい調子に押し込んで調整する。押し込み過ぎればゴリゴリと、緩ければガタガタと、ちょうど良い一点を見つけるのが難しい。


表現として難しいけど、感覚的にはこんな感じ?



ゴリゴリ→ゴリ→ゴリヌル→ヌル→ヌルヌル→ヌルガタ→ガタ→ガタガタ




こんな印象で玉押しを締めながら調整するのだが、ヌルヌルの一点が調整すべきポイントで、それ以外は認められない非常にシビアなスイートスポットを探す。どうしても、ゴリが取れればガタとなり、ガタが取れればゴリとなる。カップアンドコーンの宿命か?いや、このポイントの狭さも低グレード故のハードルなのか。どちらにせよ、自分はどうしてもゴリが怖くて、よりヌルに近い感じで調整してしまう傾向があるようだ。

で、ハブの玉当たり調整なんだけど、やはりガタが出るのは避けた方が良いのは分かってる。ただゴリゴリの調整はどうもせっかく調整したのに、回転が悪いんじゃハナシにならんって感じなんだけど、どちらがいいのか?ってのは議論が尽きない。ただガタはやはり緩さゆえにボールやらを傷付ける可能性がある訳だし、見解としてはやはりガタよりもゴリの方が精度的には高いのは間違いない。いや、ゴリゴリ過ぎるのはやはりダメージが怖いのだが、限りなくヌルに近いゴリが最適解なんだろう。





ダストブーツを外して、ロックナットを緩めた上で、クイックを締める





普段はハブの玉押しは指でくるくる回しながら、玉押しを調整して行くのだが、ネットで拾った方法だと、クイックを締めたままより実走に近い形が良いらしい。確かにフルクラムなんかだと玉押しを固定するナットは側面に付いていて、フレームに装着したまま玉当たりの調整が可能な構造があったりする。開放下だと確かに自重がかかる想定が出来ない事もあり、①今回はダストブーツを外して、②ロックナットを緩めた状態で、玉当たり調整をしてみた。こうする事によってクイックリリースの圧を想定する事だけでなく、ガタが取れるギリギリの調整が可能となる。玉押しをスパナで回しながら、もう片方の手でホイールを左右にカタカタと。ガタが出ないギリギリのポイントまで調整した後、ホイールを外してゴリゴリ過ぎない事を確認した後、ロックナットを締める。何度もホイールを付けたり、外したり、と厄介だけれども、確実にこの方法だとガタは取れる。






この状態で玉当たりを締め上げる





うむ、シビアな調整もこれだったら、ある程度の指標が見えてくるような気がした。ただ、こういった調整も低グレードたがらこそ、悩ましい出来事なんだろうか。まぁ、技術的にまだまだ自分が未熟だって事もあるのだが、やはりこういったメンテナンス性も、次のホイール選びの要因にはなるだろう。シールドベアリングでなくとも、カップアンドコーンで充分対応は可能、ただもう少し操作性が良いといいな、やっぱり。

さて、ホイール探しの旅は長く続きそうだ。ただ一つの指標としてメンテナンス性の良いカップアンドコーンと言う方向性は見えてきた。まぁ、今すぐホイールが必要な訳ではないから、まだ少し方向性を走りの面で見出したい。まだまたホイール探しの旅は続いてゆく…




関連記事


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン









コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://lifeisfreestyle2.blog79.fc2.com/tb.php/1651-6bae9ff1
    この記事へのトラックバック








    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。