スポンサーサイト



--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





フロントフォークからの異音に苦しむ



2015年04月02日 20:25

春爛漫、しっかりと季節は前へ進む。この分じゃサクラもきっと早く散るだろうか?ぱっと咲いてぱっと散る、その散り際の儚さに想いを寄せるからこそ、サクラは日本人に愛される花なのだろう。まぁ、せめて日曜までは持って欲しいなと。






そろそろ、花びらが舞う季節






さて、先日から悩まされてる問題について書き留めておく。結論から言うと異音は収まったのだが、課題も見えた。原因はしょうもない事だっんだけどね。

フロントフォーク付近からガガガと振動するような異音あり、気付いたのはここ最近で特にダーティレーンを走ると発生する。唯一カーボン製のパーツはこのモデルの肝といっても過言ではない。最初はそんなに気にならなかったのだが、立て続けに走ったロングライドではさらに悪化してしまった。異音の特定は難しい、フロントフォークっぽいんだけど手で触っても振動しない。走ってる間しか鳴らないもんだから、じっくりと点検しようもない。


で、考えられる事を整理して、ある程度目星を付けながら原因精査。ヘッドパーツ?ハブ?ステム?過去にはシートクランプが緩んでいて、フロントハブ付近からカンカンカンと異音が発生した事もあった。今回はそんな雰囲気ではなく、明らかにフロントフォークの左側から。当初はヘッドパーツを疑った、なぜならば先日のプチオーバーホールで苦しんだパーツ。ちょいとトラウマにもなっているので、再度バラすのは避けたいところ。自分の確信的にはそうでなく、ホイールが怪しいと読んでおり、まずはホイールから攻めてみる事にした。






ボントレガーの鉄下駄をメンテする





まずホイールに確信が持てたのは、タイヤ側面をコツコツやるとどうにもいやな振動を感じたから。試しにLEXSAのフロントホイールと交換してみたら、そのいやらしいビビリ感は発生しない。どうもコツコツやってるとビビリ音が共鳴するところがあるらしく、その原因がチューブバルブである事に気付いた。現在使用しているのはwiggleで買ったチューブ10本セットの安物なのだが、バルブナットが取り付かないタイプで確かに手で動かすとグラグラしてる。これが原因?とりあえずチューブを新品に変えてみたら、そのビビリ音は消失した。だがしかし、万全を期すためにハブもオペレーション。どうもツールド東北の時もそうだったのだが、ガタが気になる。カップアンドコーンの玉当り調整はなかなか難儀で難しい。どうも自分はゴリゴリまで押し切れず、ユルユルにしている傾向があってガタが出てしまうようだ。今回はゴリくらいまで押し込んで調整する事にした。ガタが出てるって事はちょっと問題、とりあえず鉄球と受けを確認して虫食いが無いかどうか、ちょっと心配だったが大丈夫そうだ。うーん、やっぱり良いホイールが欲しいよね、メンテももう少し確実にできるやつでそれなりに軽いヤツ。あんまり高価じゃなくてもいいから、それなりに使い勝手の良いヤツが。





カップ内とボールはまだ大丈夫




これで異音が消えれば良いのだが、、、と先日はこんな事を朝からやってたからあんまり走れなかったのだが、ライドとメンテは表裏一体。走る時間が長くなるほどおろそかになる事もあるのだが、事故など起きたら一大事。自分だけならばだしも、人さまには迷惑をかけられない。

で、結果的には当初良かったように思えた異音も、長い距離を走ると再発する。やはりザザザとフロントフォークの左側から、ヘッドパーツにもう一度チャレンジするか?それともショップへ持ち込むか?様々な想いが交差する荒川土手でしばし悩むが、結果的にはしょうもない事だったと気付く。それはコレ。





携帯ポンプのフレームマウント、、、(苦笑)





先日、ツールケースを大型のものに切り替えた。その関係で携帯ポンプもツールケースに入ってしまったので、不要となっているフレームマウント。走りながら、それがどうもグラついている事に気付く。手で押さえると、、、異音消失(笑)。まぁだいたいこんな結末が待っていた事は幸か不幸か、とりいそぎ不要となったマウントを撤去して異音が消えた快適なライドを楽しむ事が出来た。

結果的にはしょうもない話なんだけど、それくらいで良かったと肩をなでおろしているのはここだけの秘密。とりあえず、不要なものはすぐに撤去する事と、ボルトの増締めは手を抜かないように、、、と言うことで。



関連記事


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン









コメント

  1. silver | URL | qx6UTKxA

    何ともなくてよかったデスね!
    ボルトの締め方、私はまだ関わってないですが(この先あるのか?という…)、先日のイベントで、栗村さんという方のレクチャーを少し聞きました。何でも、締め過ぎている場合が多いとか。目盛り?がついたレンチで締める方がイイとか。(宣伝か)
    そのレンチを試した男性は、いつも通りだと適正値の6倍。正しい数値だと「すごく心配。物足りない」と仰ってました。
    一つ一つ、結構繊細なんですね〜、ロードバイク。

  2. まるRR | URL | -

    >>silverさん

    メンテはド素人レベルからコツコツと覚えたんですよ。

    ショップの店員さんがやってるのを見よう見まねして。

    よくよくロードバイクは原寸大プラモデルって言われてます。自分で治したり、カスタムしたり、シビアに調整したりして。それもまた一つの楽しみなんだなーって思います。

    ただ痛い目によく合うのも事実で、こればっかりは失敗から学ぶ事も多いように思えますね。

    トルク管理はすごく重要です。ですが最近だと手ルクレンチって感じなってしまってますね(苦笑)



コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lifeisfreestyle2.blog79.fc2.com/tb.php/1647-b12c56a8
この記事へのトラックバック








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。