スポンサーサイト



--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





そして季節はまた進む 2014冬至



2014年12月22日 22:30

もうそんな時期か。街を彩るイルミネーション、冷えた身体を柚子湯で温めなおしてガボチャを食べた。今年の冬至は朔旦冬至(さくたんとうじ)とう言う19年ぶりに新月と重なる日で、まさに太陽の折り返しと合せて復活の日とされている。




冬至の朝陽は思いった以上に力強かった



冬至は昼と夜の時間が同じになる日とされているが、これは暦の上での話であり、地軸のずれだとかで日の出・日の入りは半月ほどズレる。日の出が最も遅くなるのが冬至の半月後で、日の入りが最も早くなるのは冬至の半月前くらいだそうだ。なので夜の帳はすでに遅くなってきており、また朝の寒さはこれからが本番といったところなのだ。確かに毎年この時期ジテツウしてると、最低気温を記録するのはお正月を過ぎたころ。寒さそのものは1月2月の強い北風が一番辛いのだが、まぁこれからが冬のジテツウの本番という事になる。

今朝は諸事情あっていつもよりも30分早く家を出た。確かに寒いがだんだん慣れてきたようで、今朝くらいならば寒さよりも防寒具で蒸されているような感じの方が強い。まぁ関東の冬なんぞは本当の冬とは言えないので、がっつり防寒はむしろ必要ないのかも知れないけどね。でも初めてジテツウした冬はこの寒さと向かい風に心が折れて1シーズン乗らなかった事もあった。今はむしろ晴れ間の多い冬の方が距離を伸ばせるように思うんだけどね。


冬至の期間の七十二候は以下のとおり。


初候

乃東生(なつかれくさ しょうず) : 夏枯草が芽を出す(日本)


次候

麋角解(さわしかの つの おちる) : 大鹿が角を落とす(日本)


末候

雪下出麦(ゆきわりて むぎ いずる) : 雪の下で麦が芽を出す(日本)


さて、これから冬本番。そんな時期だからこそ体調が悪くなる方々の多い事。こちらはインフルエンザ感染拡大中、去年?いや今年は酷い目にあったから2年連続は避けないと。くれぐれも皆さまは体調など崩さないように、ご自愛下さいませ。


関連記事


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン









コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://lifeisfreestyle2.blog79.fc2.com/tb.php/1571-875f0d0a
    この記事へのトラックバック








    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。