スポンサーサイト



--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





健気なハイパワーライトのはなし



2014年12月21日 10:08

今日は雨予報なのでジドツウで。他にも大人の事情的なものもあるのだが、予定通り昼過ぎから雨がしとしと降り出す。マーメイド号用に入手したライトが秀逸なのでレビューしてみる。






GIZA CG-123Pを借りてみた





自分はメインにキャットアイのVOLT300とサブにGENTOS閃SG-355Bを使ってる。300+100lumenというスペックで、真夜中の江戸川サイクリングロードをジテツウしてる。ハイパワーライトは数知れずあるけど、自分のシチュエーションだとメインは300lumenあれば自分の場合は問題ないかなと総括している。それ以上ならむしろランタイムが長かったりだとか、乾電池が使えたりとかの方がいいかなって。







で、今回のGIZA CG-123Pだが、何が秀逸かって言うとUSB充電なんだけど、まずは公称1600cd(150lumen)よりも実感としてかなり明るく、VOLT300にもヒケを取らない。ショップでVOLT300と見比べてみたんだけど若干程度の差しかない印象を受けた。そして何よりもかなり小型でシンプルなデザインだからフォルムを崩さず装着もゴムバンド式なので場所を選ばない(パイプ径は19-32mmの対応)。それでいてこの価格はかなりコストパフォーマンスが良いのではないだろうかと判断した。公道を走るにはライトを付けないとダメなパーツだし、たぶんマーメイド号はナイトライドをしないので不意に帰りが遅くなってしまった時のいざって時用ライトとしては申し分ない位置づけなのだ。





サイズはかなり小さいね




パターンは3段階、高輝度モードで2時間、通常で9時間が公称ランタイムだ。USB充電ライトだから、若干不安はあるものの、ゴツくてハイパワーなライトは必要ない想定ならば問題ない。重量は52gとかなり軽量だ。

で、深夜の江戸川サイクリングロードでファーストインプレッション。VOLT300と並べて走ってみた。





CG-123Pはこんな感じ





こちらはVOLT300





どうでしょ?見た目は300lumenとあまり変わらないハイパワーな感じだ。VOLT300は丸みを帯びているし、上っ面を面取りしてある。今回のCG-123Pはスクエアな感じの採光だ。これは好みが分かれるところだけど、やはりVOLTの方が工夫されている印象。まぁ価格差がこういう所に出てくるのかも知れないね。





二つ同時に点灯してみた



小型、軽量のハイパワーライト。公称値よりもだいぶ明るく感じられた。自分の場合はいったい何個ライトを持ってるんだって話だけど、ライトの話となると引けない自分がそこに居たりする。ナイトランはしないけど、不意に帰りが遅くなってしまう方には機能的に十分なポジションのライト。特に今時期は日没がすごく早いから役に立つかも知れないね。



---VOLTシリーズはこちらから---















関連記事


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン









コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://lifeisfreestyle2.blog79.fc2.com/tb.php/1570-9703fab9
    この記事へのトラックバック








    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。