スポンサーサイト



--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





今年も自分はヒートテックのお世話になる



2014年11月11日 23:17

朝から小雨舞う一日、久々に感じた冷たい風。さていよいよ冬到来、明日からもっと寒いらしい。





帰り道にヒートテック買ってきた




もちろんジテツウ用、今年も変わらずユニクロ信者。ヒートテックエクストラウォーム、通称極暖(ごくだん)。巷じゃ色々言われているが、自分はこれが一番暖かった。去年はモンベルのジオラインL.W.とかアンダーアーマーのコールドギアなんかを試してみたが、この極暖が一番だった。もっと高機能なものがあるけれど、雪山へ行くわけではないしやはりお値段的に厳しくて、まぁ身近で済ましている感じである。そんな中での気づきは、直接肌に触れるとこだから体感的に個人差が随分あるんだなと言う事。アンダーアーマーのコールドギアはスースーして自分には合わなかった。


ジオラインとアンダーアーマー



ヒートテックの暖かさは繊維の糸に秘密がある。中空糸状になった繊維の糸が汗を吸い上げ、その水分が蒸発する時の気化熱が暖かさの本質だ。極暖は糸をさらに多く編み込んで汗を多く吸い上げ、さらに細かい編み込みが適度なエアポケットを作り出す。そうそう、従来のヒートテックは汗の吸い上げが悪くて、ドライなシャツと重ね着したっけ。

ベースレイヤーとしてのヒートテックは不適合である、と言う話は散々既出だが、果たしてそうなんだろうか?自分の想定する使用環境としては関東南部のド平地で、朝晩の氷点下、向かい風が10メートル毎秒くらい吹き付ける、河川敷の自転車通勤…くらいだったらヒートテックを工夫すれば十分かなって。むしろ、真冬でも昼間は晴れた日ならこちらだと10℃くらいあるしね。

ってなわけで、今年もヒートテックを買い増しで。裏ワザ的にはヒートテックの欠点である発散を補うためにドライ系のシャツを重ね着するとさらに暖かい。



ヒートテックの裏ワザ



さて、今年は買い増しだけじゃなくて、極暖のタイツも買ってみた。少々厚手なのがまたちょうど良い。日々使うものだから、数はいっぱい無いと辛いから。まぁ今年の冬もがんばってみるかな。



関連記事


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン









コメント

  1. ソロ・ライダー | URL | -

    Re:今年も自分はヒートテックのお世話になる

    こんばんは。コメント失礼します。

    僕は去年ヒートテックでイマイチで、今年ジオラインを導入しました。

    まるRRさんとは正反対の流れです。

    肌触りやの好みもあるし、コスパに対する考え方、使用頻度等、人それぞれですので、非常に参考になります。

    これからの時期、寒さとの戦いになりますね。

    ウェア系のレビュー記事、楽しみに待っています。

  2. まるRR | URL | -

    >>ソロ・ライダーささ

    ジオラインもいいですよ。ただ暖かくはないけど。

    自分はEXPでも良かっかなーと思ってます。理想的にはレイヤードの数を減らしたいんですよね。

    ベースレイヤーとミドルレイヤーの中間くらいのやつ。寒さは結局末梢保護と、アウターの性能が重要ですから、なるべく手間かからないのが一番ですね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lifeisfreestyle2.blog79.fc2.com/tb.php/1542-d7c77f80
この記事へのトラックバック








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。