スポンサーサイト



--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





クリートカバーっていいね!



2014年10月24日 22:05

雨上がり、思ったよりも寒くない。一枚多くインナーを仕込んだけれど、それは杞憂に終わる朝。景色はいっそう秋深まり、少し寂しい彩りに変わる。





桜並木も寒さに備えて葉を落とす




雨の間に仕込んだもの、新しいクリートとクリートカバー(加工品)。ちょっとズレたクリートを少しづつ調整しながら、復活した本来の剛性に舌鼓を打つ。小気味よいキャッチ音、やはり新しいものはいいね。


iCLICのクリートってこんなにヤワなんだな

ちょっと加工してカフェクリートのカバーを作ってみた


それ以上に秀逸だったのがクリートカバー。カッターで加工しながら、きっと着脱を面倒がってすぐ飽きるんじゃないかって思ったが、カバーがあるとないとじゃ心の余裕が全然違う。決して歩きやすい訳ではないのだが、ふいにズリっと擦れる不安がないのは頼もしい。気付いたのは、自分は案外爪先で歩いてたんだって事。これじゃすぐにダメになるわな。






意外にも着脱が楽なのだ





そして懸案の着脱なのだが、これが意外と楽すぎて。片手で爪先側を引っ掛けて、パチンと嵌めれば固定される。外す時も踵側のベロを引っ張れば簡単に外れる。後はポッケに閉まっておけば問題なし。さすが世界のシマノだな(笑)。

ただ写真を撮る時だけは、その瞬間が大事な訳で、それはカバー無しを許容しないと。





後は乗車時に気を付けないと




クリートは大事に使えば長持ちするハズ。何とかとクリートは優しく扱えって言う諺もある。問題はライド中の扱いで、どうも自分は停止時に爪先で接地するクセがある。このままだと発車時には爪先で蹴っぱるようになり、クリートをさらに痛める事になる。この辺り、気を付けながら乗るのもテクニックなのかな。

さて色々と縛りも増えるが、せめて半年くらいはクリートが持つといいな。クリートケアを忘れずに。そんな本当は基本技術を心にとめて、明日は久々ポタリングに出掛ける事にしよう。



関連記事


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン









コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://lifeisfreestyle2.blog79.fc2.com/tb.php/1531-dbe5dc64
    この記事へのトラックバック








    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。