スポンサーサイト



--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





左がダメなのは、もしかしたら右がダメだったのかも、と言う気づき



2014年08月03日 19:09

ペダル・システム変更から約1週間。iCLICにはんだん慣れてはきたものの、まだキャッチミスが多い印象。コツはだいぶ掴めてきたので練習あるのみって感じだろうか。




朝ポタで、クリート調整なんぞを




で、感触を得るためにクリート位置などはデフォルトの位置で走っていたのだが、やはり微調整が必要だろって訳で、今朝はじっくりと位置調整を行う事にした。iCLICは膝にやさしいって言われているけど、それはそれで調整がうまくいってる事が大前提な訳で、その辺り慎重にかつ大胆に調整を加える事にした。調整するにあたっては、これまでの経験も活かしつつ、自分の身体のクセをもう一度思い出してから実行する事にする。

ロードバイクに乗り換えたころ、ロングライドでどうしても膝が痛くなることが多く色々と考察を加えながら調整していった。実を言えば左の膝は若いころに痛めた古傷みたいなのがあって、やはり負担が増えると痛みが出る。それはそれとして、それ以上に深刻なのは身体の柔軟性、そして姿勢の悪さ。結果的にはどれが良かったのかは良く分からないのだけど、今では相当無理さえしなければ膝に痛みが出る事はなくなった。効果的だったのはカント調整かな?左側1.5mm×2枚、右側1.5mm×1枚のBIKE FIT ITSというシムを入れている。ペダルを回す時の膝のブレを抑える事で、快適な自転車ライフを送る事が出来るようになった。ペダル・システムを変えたとしてもカント調整は必要だと思うので、このまま再使用する事にした。


膝痛との戦い ~round-3 BIKE FIT ITS ウェッジ導入~


今回、ペダルを変えたらきっとまた身体の各部が痛くなるんじゃないかと言う不安もあったのだが、調整不足段階での100キロポタではまったくもって問題なし。まぁ酷暑で負担をかけられなかったから、まだまだ何とも言えないがスムーズにペダル・システムへの変更が出来る予感である。そもそもiCLIC(TIMEじゃなくて自分のはMAVICだけど)に変更したのは、膝にやさしいという触れ込みが一番であり、これこそ自分にはぴったりなんではないかと期待している。踏み込んだ時にぐにゃりという独特の感覚、左右に動いた後にセンターに戻る特徴的な動きをする。このフローティング機構はダメな人はダメらしいけど、自分にはすごく合っているようで、もう一つの関節を手に入れたような、、、それほどの衝撃である。




朝とは言え、暑さは半端ないし(苦笑)




さて、クリートであるが調整のポイントは①前後位置、②フローティング角度、③バネ調整、の3つ。最初はやはり懸案の左側だったのだが、こちらはすぐにポイントを見つける事が出来た。前へ目盛り読みで0.5ポイント、これだけで左脚からのダイレクト感が向上した。しかしながら右側が見つからない。前寄りのポイントではあるのだが、目盛りいっぱいまで動かしても見つからない。身体はシンメトリーではないにしても、左とこんな差があるもんなのか?ん?今までやってきたのはいったい何だったんだ?って感じ。前後位置では調整が困難だったため、フローティング角度を2.5°ほど内側へ向けて、少しポイントが見えてきた感じ。ただ左のダイレクト感にはほど遠いが。もしかしたら、左膝が痛むってのは右に問題があったのかも知れないと言う疑惑だけが残った調整であった。

取り急ぎ、この位置で乗ってみる。ローラー台とかあればこういった調整もトコトン出来るのかな?汗だくで、江戸川を行ったり来たりしているのはなかなか辛いものがある。





まぁ、夏を感じたから、良しとしよう




なんとなく、核心に迫れる気づきがあったかも。ポジション探しの旅はやはり奥が深い。見えてきた課題を整理しつつ、まだまだ続くポジション探しの旅の続きを再開する事にしようか。



関連記事


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン









コメント

  1. makoto♪ | URL | -

    Re:左がダメなのは、もしかしたら右がダメだったのかも、と言う気づき

    新しいペダルにすると調整がどれが正しいのか迷いますよね。

    自分はダンシングの状態でペダルを踏んだ時にパワーが逃げてないと思われる位置にしてますね。
    シッティングだとあまり変化が掴めないので・・・
    幸い膝の痛みとかはないのであくまでもダイレクト感重視ですね。

    ずっと問題として抱えてるのは利き足の足裏の痛みが出るのでシューズのインソール交換とかペダリング入力のしかたなどを試行錯誤してます。

    身体の柔軟性は自分も良くないのと特に右半身が硬い気もします。
    ストレッチやってますが硬いですね。

  2. まるRR | URL | -

    >>makoto♩さん


    足裏ですか?足底腱膜炎ってヤツですかね?

    サドルが高いとなりやすいらしいです。爪先立ちするような脚の姿勢だとなりやすいようですね。踵が上がり過ぎてないかどうか、チェックが必要です。

    一度、整体の先生に見てもらうのもアリなのかも知れませんね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lifeisfreestyle2.blog79.fc2.com/tb.php/1471-f6cb823f
この記事へのトラックバック








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。