スポンサーサイト



--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





夏場のインナーウェアについて考える



2014年07月21日 21:57

本日ようやく九州北部から近畿地方の梅雨明けが発表された。こちら関東ももう間も無く、明日か明後日には本格的な夏到来となる。

さてさて、その夏だが自転車ライフ…いや屋外スポーツ全般においては、適している季節とは言い難い。過去において夏場はまさに汗も尿も出なくなり、水分補給を禁じられ、肌もカサカサになるくらい外で走らされたものだが、気温が違い過ぎて現代では少し比較が難しい。今、それをやったらただでは済まないようにも思える。

で、夏場を乗り切るコツなのだが、補給については散々既出だと思うし、余分なほど水分と塩分を補給しろって言うのはアナウンスされている。毎年一度は補給に失敗して熱中症チックな症状が発生する、自分の経験からは塩分って言うか食事が重要で、暑くても食えっての理にかなっている。蕎麦とカレーが夏場の補給には適していると信じてやまない。

もう一つはインナーは必須、暑くてもウェアのアンダーがあると無いじゃ身体の温度コントロールに差が出る。もちろんただ一枚下着を追加したら、暑いだけなのだから、そこはいわゆる機能性インナーを。ただ冬場のソレとは違ってまだ発展途上であり、ユニクロのAIRismみたいなのはまだまだ不満が残る。汗を素早く発散させて、肌表面をサラサラに保つのだが、着た最初は涼しく感じるものの、午後くらいになるとむしろごわついて肌にへばりつくような不快感を感じる事がある。自分の汗の量が多いからだろうか?いや、他のブランドも似たようなもので、運動をするってのにはまだまだ追いついてないのかな…と思ってしまう。無いよりはマシだし、薄手のインナーは非常に重宝するのだが。





で、専用品を買い増してみた




色々と他者からも出ているが、ちょっとお高いもののアウトドアブランドから今年の夏は攻めてみる。コロンビア・オムニフリーズゼロ、汗で冷やすが売り言葉。画像に見えるサークルが冷却材になっていて、汗を素早く発散させて、気化熱を奪う。ちょっと期待出来そうじゃないか。かなり薄手なのでジャージのインナーウェアとして活用してみる。

まぁエアコンの中にいるような、そんな涼しさは期待出来る訳ではないので、期待半分くらいで。明日からのジテツウで使ってみるか。





関連記事


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン









コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://lifeisfreestyle2.blog79.fc2.com/tb.php/1459-6da8111f
    この記事へのトラックバック








    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。